2015/03/03

大塚家具の騒動を外野から眺めて

大塚家具という会社が創業者の身内同士でゴチャゴチャしているというニュースが、やたら流れている。私はこの会社にちっとも興味がないので、個人的にはどうでもいいことなのだが、改めてニュースを読むと、トラブルの元となっている経営方針というか、マーケティング方針の違いというのは、結構多くの企業にも当てはまる問題なんじゃないかと思った。

職人気質の創業社長が昔ながらの 「いいものさえ作ったら売れる!」 というコンセプトに固執し、高度成長期とバブルの時期にそれが実際の身の丈以上に売れすぎた結果、きちんとマーケティングしなければもたないぐらいの企業規模となる。バブル崩壊以後は企業規模が中途半端に大きすぎて、ドラスティックな改革も小回りを利かせた経営もできず、その結果、創業社長と二代目 (あるいは三代目) 社長の間で確執が生じる。

結構多くの企業で、いや企業だけではなく、農家などでも親父と息子が農業経営の方針で対立して口も利かなくなるなんていうのは、よく聞く話だ。大抵は大塚家具の場合と共通したパターンである。

私は大塚家具に関しては、新橋から有明方面に向かう 「ゆりかもめ」 の車内にあった吊り広告で見て、"IDC" というやたら大規模なショールーム兼ショップを運営している会社という認識しかなかった。今となっては古典的な販売システムである。コストがかかって大変だろうと思っていた。

そもそも "IDC" というのは、家具屋さんなんだから "Interior Design Center" かなんかの略かと思っていたが、当の大塚家具によると "International Design Center" なんだそうだ。なんだかなあ。

この会社の経営方針の対立というのは、創業社長が従来の会員制システム (といっても厳密なメンバーシップってわけじゃないらしいが) による 「まとめ買い」 主体の需要に対応しようとしているのに対し、娘がもっとオープンな単品買いにも対応したマーケティングに転換しようとしたのが発端らしい。

これ、外部からみてもなかなか難しい問題である。中間所得層がちょっとがんばれば見た目の麗しい 「中の上」 か 「上の下」 クラスの家具をまとめ買いできた時代は終わってしまい、市場は 「ステイタス・シンボル」 を求めるお金持ちと、「安くてそこそこの品物」 で満足するフツーの貧乏人とに二極化している。大塚家具のプライス・ゾーンは、このどっちでもない中途半端なところなのだろう。

高度成長期とその後しばらくは、日本において最も成長していたセクターは、この 「中途半端なところ」 の品物を供給する企業だった。安くもないけど、メチャクチャ高くもなく、デザイン面ではちょっとダサさも感じさせるが、ディテールに関してはヨーロッパの高級品に迫る技術で作られているというのが、多くの日本製品の売り物だったのである。

大塚家具の商品も、多分そうしたものなのだろう。つまり、「そこそこの値段の、無難で良質な家具」 というコンセプトが売り物というイメージが強い。だが、今やそのレンジの商品の市場規模は、見る影もなく縮小してしまった。

私としても、家具なんてニトリかイケアで買えば十分と思っている。その中にほんの何点か、ちょっとこだわりの 「いいもの」 を混ぜておけば、十分満足だ。すべて大塚家具で取り揃えて、自分の家の中をよくある 「ちょっとした小金持ち」 のインテリアにしてしまおうとは、絶対に思わない。

そもそも、「一生モノの家具、代々伝えられる家具」なんてものを高い金を出して買ったとしても、子孫がそれを喜んで受け継いでくれるとも限らない。豪勢な嫁入り道具を持たされたが、マンションの部屋に入りきれなくて (というより、本当のところは新婚夫婦の趣味に合わなくて)、実家に送り返して蔵に眠らせているなんて話をあちこちで聞くにつけても、トゥーマッチなモノを所有するのはリスクである。それが国宝級のお宝とでもいうなら、別のリスクのお話になるが。

大塚家具という会社は、高度成長期の日本に最適化して伸びてしまったから、今になって体質改善に苦労しているという典型的な例なんだろう。従来手法を維持するにしても、新しいマーケティングを採用するにしても、多分どちらの道も多くは望めないだろうと思う。いっそ高級ゾーンと普及ゾーンの 2つのマーケットに対応するために、分社してしまえばいいのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/02

遺伝子治療について思うこと

最近 「遺伝子治療」 というのがやたら話題になっている。遺伝子的欠陥を、人工的に修復・修正する治療法だという。例えば、DNA の異常な部分に正常な DNA を組み込んでやって、問題を解決してしまうというような手法らしい。これを応用すれば、患者の幹細胞を取り出して修復を重ねることで、不老不死になることも可能と言われている。

こんなようなニュースが流れる度に、大方の反応は好意的であるように思われる。病気が治り、長生きできるようになるのは、ほとんど無条件に 「いいこと」 と思われているようなのだ。そしてこのような分野の研究で成果を出すのは、人類に 「貢献」 していると見なされるようなのである。

しかし私はこんなような話を聞く度に、「みんな、どうしてそんなにしてまで長生きしたいかなあ」 と不思議に思う。遺伝子治療なんて、かなり高額な治療になってしまうだろうに、べらぼうなコストをかけてまで長生きしたくなるほど、自分の人生に価値があるとでも思っているのだろうか。

前にも書いたことがあるが、人間に限らずすべての生物の遺伝子というのは、基本的には 「生まれて生きて、子孫を残して死ぬ」 ようにプログラムされているのだ。この部分まで立ち入って 「生まれて生きて、子孫はどうでもよくて、自分はいつまでも死なない」 というように変えてしまったら、ハードウェアとしての肉体は部品交換しながら永続できても、ソフトウェアとしての 「心」 の方が絶えきれないだろうと思う。

肉体の永続性に、無理矢理にでも心を追従させようとするなら、究極的に 「どんくさい心」 にしなければ無理だろう。というのは、心というのはどんなに楽しい刺激に対しても、そのうち飽きて退屈するようになってしまうからだ。退屈を避けるために常に新しい刺激を追い求め続ける人生というのも、相当にしんどいだろう。それだけで、生きていくのが辛くなりそうだ。

辛くならないためには、究極的にどんくさくならなければならない。しかし単に生き続けるためにどんくさくなるのは、私なら真っ平ごめんである。ただひたすら無感動にメシ食ってウンコして寝るだけの人生を、誰が求めるだろうか。

私は外部的に遺伝子治療をするよりも、もっとずっと安上がりで楽しい方法を採用したいと思う。その方法というのは、最近一部で話題になっている 「遺伝子のスイッチをオン・オフする」 ということだ。

どうやら遺伝子、つまり DNA というのはスイッチをもっているらしい。人間の遺伝子はすべて都合がいいものというわけでもなく、中には都合の悪い遺伝子もある。悪い遺伝子を全然持っていないという人はいないらしい。しかし悪い遺伝子をもっていても、そのスイッチをオフにし、いい遺伝子をオンにすることで、健康な人生を送ることができるらしい。

そんなことを言うと、まるでノー天気な夢物語のように聞こえるかもしれないが、現代の生命科学はどうもそれが正しいと証明する方向に進んでいるようなのだ。「遺伝子/スイッチ/オン/オフ」 というキーワードでググってみると、まんざらおとぎ話でもない話がどんどん検索される。

筑波大学名誉教授の村上和雄氏によると、人間のいい遺伝子のスイッチは、喜び、感謝、笑いなど、プラスの想念によって 「オン」 になるという。彼が糖尿病の患者に漫才を聞かせて実験したところ、さんざん笑った後には血糖値が下がっていたという。今では 「笑いは健康にいい」 というのが医学的にも常識になりつつある。

喜んで、感謝して、笑っていれば健康でいられる確率が高いというのは、福音である。この他にも、「他のために尽くす」 という行為も健康にいいらしい。そうした人生を送ってさえいれば、別に遺伝子を組み換えたりしなくても、まあまあ健康でいられるらしい。体が健康であるだけでなく、心も楽しいのだから、こんないいことはない。

そしていかに喜び、感謝し、笑っていても、肉体の耐用年数には限界があるだろうから、その時が来たらあっさりと死ねばいいのである。それでも死にたくないなんて思うから、ストレスになる。「死ぬ時はあっさり死のう」 と覚悟を決めれば、人生の悩みの大方は解決する。

私なんぞも還暦を過ぎちゃったから、「大体あと 20年ぐらいの人生かな」 なんて思っている。そのくらい生きさえすれば、満足もいいところだ。もっと短くても別に構わないが、この健康さでは急に死ぬようなこともなさそうだ。下手するとあと 40年ぐらい生きてしまう可能性だってなくはない。そうなったらそうなったで、何とか楽しく生きてみようと思うばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/01

微妙な色の 「ボディコン」 ドレス

"このドレス、何色に見えますか?「青と黒」「白と金」人によって違う不思議!" というページが、やたらと話題になっている。このページにあるドレスの写真だが、そのボーダーストライプが人によって 「青と黒」 に見えたり、「白と金」に見えたりするのだそうだ。

お昼にクルマを運転しながら聞いていたラジオ番組で紹介されていたのだが、なにしろラジオなので実際には見えない。目的地に着いてから iPhone で検索して表示させてみると、なるほど、微妙な色合いのドレスが表示された。これ、ラジオでは 「青と黒」 に見える人と 「白と金」 に見える人 がほぼ半々に分かれると言われていたが、私としては藤色とスモーキーブラウンの組み合わせに見える。へそ曲がりでごめん。

ただ、インターネット上で表示される色というのはなかなかくせ者で、オリジナルの色とは似ても似つかない色に見えたりする。プロジェクターを使ったプレゼンで、「この緑の部分が……」 と言うと、「緑なんてありません」 なんて指摘されることがある。スクリーンを振り返ると、手元の PC では確かに緑になっている部分が、青く映っていたりする。ましてやインターネットになってしまったら、ますます色の誤差が大きくなっているだろう。

このドレス、実は 「青に黒のレース」 というのが正解なんだそうだ。Amazon の物販ページにある "Roman Women's Lace Detail Bodycon Dress Royal Blue" という商品の色は確かに、青と黒に見える。ただ、このページを見ても、青のことは "Royal Blue" と明確に記されているが、レースの部分の色についての具体的言及はない。ただ黒く見えるというだけである。

だったら、どうして先に紹介したページの画像は 「白と金」 に見えたりするのかというと、思うに、逆光の画像なので、人間の目が実際に見えた色よりずっと明るい色に翻訳しなおしているのではなかろうか。私は藤色とスモーキーブラウン程度に翻訳しちゃったわけである。しかし実は、この写真に関しては、翻訳しなおすほどには、逆光の影響は強くないということのようなのだ。

しかしそんなことよりも私が 「へえ〜!」 と驚いてしまったのは、本場の英語でも、この類いのデザインのドレスを  "Bodycon Dress" というということだ。「ボディコン」 というのは、"body-conscious" を縮めた和製英語だとばかり思っていたが、英国でもそういうのだと知って、まさに 「目からウロコ」 である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/02/28

「同窓会のお知らせ」 というスパムメール

最近、「同窓会のお知らせ」 というスパムメールが頻繁に来る。文面はいつもこんなものだ。

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

同窓会の幹事代行を行っております吉井と申します。

今回、田中様よりご依頼を頂き、同窓会を企画しております。

土曜日、日曜日を軸に日程調整を行っておりますが、ご予定はいかがでしょうか?

大変恐縮ではございますが、ご都合の悪い土曜日、日曜日をお教え頂ければ幸いにございます。

ご連絡をお待ちしております。 敬具

一体どこの学校の時の同窓会か書かれていないし「田中様よりご依頼」 と言われても、田中という名前の知り合いはいくらでもいるから、特定しようがない。さらに、「土曜日、日曜日を軸に日程調整」 といきなり言われても、いつ頃の土日だかわからない。

一度に不特定多数に発送するスパムメールの典型的なやり口で、うっかり者は信じてしまうが、フツーはすぐに削除してしまう類いのものだ。

ただ、よくあるスパムメールは、訳の分からないリンク先が書いてあって、それをクリックすると、多分出会いサイトかなにかに誘導されるか、いきなり 「6万円お支払いください」 みたいな架空請求されることになるのだろうが、このメールにはリンク先がない。単に都合の悪い日を知らせろというだけである。

返信先のメルアドをみると、"dousoukai-kannji.com-yoshii@vljqcend.link" となっている。ややこしいのは、幹事代行を業務とする会社がちゃんと存在していて、このメルアドの初めの方だけみると、その類いの会社なのかと誤解しかねないことだ。実際のアドレスは "vljqcend.link" というドメインである。

で、この "vljqcend.link" というのを PC でググってみると、長野県の諏訪の近くにある会社ということになっている。いかにもテキトーなドメイン名なので、まともな会社とも思われず、URL も明示されているが、行ってみる気にもなれない。

このスパムメール、一体何が目的なのだろう。うっかり返信する者がいたら、そのメルアドは 「かなり信じやすい純朴な人」 の実効アドレスということになるから、もしかしたらフィッシング詐欺の 「おいしいターゲット」 のリストを作るのに役立つのかもしれない。あるいは返信してから、いよいよ怪しいメールがどんどん来るというのも考えられる。

その先の展開がどうなるのか、興味がないわけではないが、実際にやってみるほど暇ではないので、どなたか分け入ってみた人がいたら、レポートしていただきたいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/02/27

『自転車の安全鉄則』 を読んで

5日前の 「自転車乗りになって 3か月」 という記事へのコメントで山辺響さんが薦めてくださった『自転車の安全鉄則』 (疋田智著・朝日新書) という本を、さっそく Amazon で注文して読んだ。まんまと Amazon の策略に乗って同時に注文した 『自転車が街を変える』 (秋山岳志著・数映写新書) の方は、これから読むので、とりあえず 『自転車の安全鉄則』 の方について書く。

Img_1484

帯にある 「左側通行さえ護れば、年間 400人の命を救える!」 というコピーは、驚きでもなんでもなく、「まさに!」 と納得する。内容としては、日本は世界第 3位の自転車王国でありながら、自転車に関する社会的インフラ整備などがものすごく遅れているという現状指摘から始まり、自転車は車道を走るという原則論と、それを徹底する際の日本における矛盾についても述べている。

そしてヨーロッパ、とくに自転車先進国といわれるオランダの例を紹介しながら、こうすれば、安全でエコで都市生活においては最も効率的な移動手段である自転車が普及し、活用されるに違いないという結論に導かれる。この内容については、いちいちもっともなことと納得する。特別画期的なことではなく、既に知っていることの方が多いが、まとめて確認すると 「なるほどね」 ということになる。

ただ、疋田氏が自ら 「理想論」 と、やや斜に構えて指摘せざるを得ないほど、日本においては矛盾のフォーカス・ポイントとなっている 「自転車の車道走行」 ということに関しては、私は 「それはまさにその通りなのだけれど、実際には田舎の道では歩道通行の方がいい場合もあるんだよね」 と言わざるを得ない。

それに関しては、"「自転車は車道」 の原則は、地方都市ではまったくの愚策" という 4年ちょっと前の記事で書いたとおりである。誤解のないようにこの記事の中のセンテンスを以下に引用しておく。

歩道上で歩行者と自転車がぶつかりやすいのは、歩行者がぞろぞろ歩く中をぬって自転車が走る都会に限ったお話で、地方都市では限られた繁華街以外では、歩道なんて誰も歩いておらず、ガラガラなのである。どうせガラガラなら、それを無駄にせず、自転車に使わせてやる方がいいというのは、誰が考えてもわかる。

さらに、自転車が歩道通行すると、クルマから自転車の存在を確認しにくく、その結果自動車との事故も増えるということに関しても、地方の県道なんかでは車道と歩道とは一列の縁石で区切られているだけということが多く、車道のクルマから歩道の自転車が確認しにくいなんてことはない。

都会では自転車は歩道を通行すべきではないというのは、私としても両手を挙げて賛成である。しかし、地方では様相がかなり違っている。車道は大型トラックなどは常にセンターラインを右側のタイヤで踏みながら走らなければならないほど狭い。そして歩行者なんて 1時間に 2〜3人いるかどうかという程度なので、歩道は常にガラガラである。だったら、そのガラガラで、しかも車道から丸見えの歩道を、自転車に解放してやる方がずっといい。

とはいいながら、私自身のことをいえば、原則として車道を走っている。常に時速20キロ以上 (平坦路なら多分 25キロ以上) で走っている身としては、歩道を走ると、トロトロと (2列並んで走る中高生も多い) 行くママチャリを常に追い越さなければならないので、かえって危険である。車道の方がまだ安全だ。

車道を走るクルマの側からも、スポーツタイプの自転車でヘルメットをかぶり、ぐいぐい走っている私をみれば、ヨロヨロと蛇行するママチャリとは違うとすぐに認識して、邪魔者扱いにされることもない。しかしながら、大型トラックがビュンビュン走っている細い県道では、私としても仕方なく歩道を通ることもある。

トラックだって自転車をはね飛ばしたくはないから、慎重に避けて追い越してくれるのだが、何しろ道路の幅が狭いので、本当にすれすれの間合いですり抜けるのである。そんな時はさすがにゾクゾクするほど恐ろしいが、とくにトラックのマナーが悪いわけではなく、物理的にそんな追い越し方しかできないのである。そんな時は、ガラガラの歩道に避難したくなるのも人情というものと、理解していただきたいのである。

こうなると、日本の道路インフラの問題に帰せざるを得ない。車道に自転車が安心して通れるほどのレーンがありさえすれば、問題ないのである。そうなってくれることを、私は切に望む。

しかし、自転車用レーンがありさえすれば全ての問題が解決するかというと、そうではない。あとは自転車に乗る側の問題だ。昨年 7月に書いた 「無法自転車について、さらに論じてみる」 という記事で指摘したように、「自転車は左側通行」 という当たり前のルールを知らない自転車乗りが多すぎるというか、多分ほとんど知られていないのである。私の居住する地域では、ママチャリは 100%近く右側通行している。

何度も書いていることだが、私は 「当たり前の情報がすべての人に行きわたることなんて、期待できない」 と思っている。振り込め詐欺や、闇夜に無灯火で右側通行する自転車や、正月にもちをワシワシ食って窒息死する老人が後を絶たないという事実をみるだけで、当たり前の情報を絶対に受け取らない人がかなり多いということは否定できない。

だからこの問題に関しては、私はかなり悲観的な思いを抱いている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/02/26

明日の東北・北海道は荒れそうだ

昨日の夕方過ぎに鹿児島から帰ってきた時は、関東も九州に負けないほど春っぽい陽気だったのに、今朝目が覚めたら一気に季節が逆戻りしたような寒さだった。おかげで花粉症の症状もぐっと軽くなった。

2 春先の天気はこれだから油断がならない。明日の午前 9時の予想天気図を見ると、青森県の辺りに低気圧が 3つも横並びになっていて、等圧線がやたらに密に立て込んでいる。右端 (いや、東端) の低気圧からは、寒冷前線が長く延びている。

登山をやっていた若い頃、天気図の見方で 「二つ玉低気圧には気をつけろ」 というのがあった。これは 2つの低気圧が日本列島を挟むように、日本海と太平洋の沿岸を発達しながら進むもので、強風や雷雨になりやすい。ところが明日の朝の天気図は、二つ玉どころか三つ玉である。

東北と北海道の日本海側は、猛吹雪になりそうだ。私の生まれ故郷の酒田の天気も荒れ模様で、吹雪か横殴りの雨になると予想されている。真冬の間とくらべてなまじ気温が上がっているから、大雨だとずぶ濡れになるだろう。山は雪崩に気をつけなければならない。

「一雨ごとの暖かさ」 なんていうが、春になりきっていない時の嵐はなかなか厄介である。吹雪なら、家に入る前に体についた雪を払い落とせばいいが、雨でずぶ濡れになると体が冷え切ってしまう。関東も寒暖の差が激しいから、風邪を引かないように気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/25

花粉症が一気に進行

昨年花粉症デビューしたばかりの末娘が、先月末あたりからしきりに鼻水が出て目が痒いとこぼしていて、私も 「そろそろ来てるな」 とは思っていた。ただ、思ってはいたものの、まだそれほど深刻ではなかったのである。

ところが、出張で出かけた鹿児島は、さすがに季節の進行が早かった。昨日の昼過ぎに空港に降り立った途端に、鼻がムズムズし、目が痒くなった。妙な水っ鼻が流れて、ティッシュペーパーの出番が増える。時々くしゃみが連発される。

やばい。完全に本格的花粉症モードに突入してしまった。ああ、また 4月上旬まではこのうっとうしさに耐えなければならないのか。

私は花粉症対策としては、ひどい時にはマスクをすることもあるが、とくに薬を処方してもらうわけでもなく、鼻の粘膜をレーサーで焼くだのといった乱暴なことをする気もない。まあ、その程度の症状で、死ぬほどイライラするわけでもないから、なんとか耐えられるのだろう。

それに今回の症状悪化は、季節の進んだ鹿児島に来たから急に顕れただけであって、関東に帰れば和らぐだろうと、タカをくくっていた。まだまだ大丈夫だろうと楽観視していたのである。

ところが、今日の午後 7時前に羽田空港に降り、空港モノレールに乗ったところで気付いた。「やばい、東京も十分に暖かくなってる!」

浜松町で山手線に乗り換える時、ホームを歩いているだけでくしゃみが止まらない。目が痒い。鼻がグシュグシュする。1日遅れで、関東も九州に追いついてしまったようなのである。

こればかりはしょうがない。薬を使う気はないが、症状を軽減するコツは長年の経験でわかっている。酒を控え、体を温め、よく眠り、運動してストレスを溜めないようにすればいいのだ。

ただ、最近は酒もほとんど飲まないし、自転車を始めたから運動もしている。風呂もしっかりと入って体を冷やさないようにしているし、あとはよく眠るしかない。

これが難しいんだよなあ。いろいろな仕事が重なって、寝るのがつい夜中過ぎになってしまう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/02/24

身に付いていた、不自然なスピード感覚

3ヶ月前に自転車に乗り始めてから、自分のスピード感覚に異変が生じている。30年以上クルマに馴染んで身に付いたスピード感覚が、自転車では役に立たないどころか邪魔になっているためだ。

例えばクルマを運転していて前方の信号が青信号の時、このままのスピードで行ってそのまま通過できるか、あるいは交差点に差し掛かる前に赤信号に変わってしまうか、大体は予想がつく。もし、ギリギリで赤信号になってしまいそうな時は、ややスピードアップして通過できるようにコントロールする。

どう見ても青信号のうちに通過できそうにないタイミングだったら、あえてスピードを落として、次の青信号で交差点を通過できるようにする。このようにして燃費を節約しながら、ストレスも軽くする。

ところが自転車で走っていると、クルマで鍛えた感覚が全く役に立たないのだ。目の前の青信号に、十分に間に合うと思っていても、交差点の直前で、無情にも黄色になり、赤信号になる。自転車のスピードは、クルマのスピードとは比較にならないほどトロいのだ。

いや、実はそうではない。クルマの方が速過ぎるのだ。クルマのスピードは不自然で、自転車の方がノーマルなのだ。軽くアクセルを踏むだけで、あっという間に時速 60キロを超えてしまうのは、ガソリンを燃やし二酸化炭素を撒き散らすことで得られる不自然なまでの現象なのだ。自転車のスピードの方が、ずっと 「身の丈」 に合っているのだ。

近頃、ようやくそう思えるようになった。そして、クルマに乗っても今までよりずっと安全運転になった。これはきっと、いいことに違いないのである。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

«今の時代に、紙を使う量で文化度を計る人