2014/10/25

日本人と砂糖

料理にこんなにも砂糖を使うのは、日本料理だけという話を聞いたことがある。西洋料理ではデザートにこってりと甘いケーキを食べるので、料理には砂糖をほとんど使わないという説もある。中華料理でも砂糖を使うが、日本料理ほどには使わないらしい。

確かに、日本語で書かれた料理のレシピ本や料理番組を見ると、多くの料理に砂糖を信じられないほどふんだんに注ぎ込む設定になっている。その通りのレシピで料理してしまうと、甘すぎて閉口してしまう。外食も多くの場合、私の口には甘すぎる。

外国のレストランで出される料理は口に合わないという日本人が案外多いが、私はどこに行っても、料理が口に合わないと思った経験がない。むしろ外国の方が 「甘くない料理」 が多いので、口に合ったりするほどだ。最後に出されるギトギトに甘ったるいデザートには閉口するが。

18歳で上京して自炊生活を始めた頃、一応砂糖というものも買い置きした。しかし料理本のレシピ通りに砂糖を使うと、かえってまずくなるし、コーヒーもブラックで飲むので、ほとんど減らない。最初に買った砂糖が、ほとんど手つかずに近い状態で戸棚の奥に 3年ぐらい残っていて、ついには捨ててしまったという記憶がある。

私の妻も、砂糖に関してはほとんど同じ考えをもっていて、現在、我が家にある砂糖といえば、来客用のコーヒーシュガーと、茶色っぽい粗糖である。粗糖はパン作りに使う天然酵母を育てるためと、たまに佃煮っぽい料理を作る時に使う。白砂糖よりも複雑な甘みがあっておいしいと思う。そばつゆにも、砂糖は使わない。

ところで、西洋料理では砂糖をまったく使わないのかといえば、決してそんなことはなく、フランス料理でも、ガストリック・ソースに砂糖を使うという。しかし、一般論としては料理にふんだんに砂糖を使うというのは、見たことも聞いたこともない。ましてや、肉料理に砂糖をぶち込んでまるで甘露煮みたいにするなんてことはない。

ただ日本にしても、砂糖がこんなにふんだんに庶民の手に入るようになったのは明治以後であり、江戸時代になるまでは貴重品扱いだった。だから、なんでもかんでも砂糖をどっさり入れるようになったのは、近代以後の話なのだと考えられる。

昔、業界新聞の記者をしていた頃、戦前生まれの編集長が、「小学校の頃、教師が 『君たち、この戦争に勝ったら、砂糖の土俵で相撲をとらしたる』 というのを聞いて、『こらぁ、頑張って是非とも戦争に勝たなあかん』 と思うたもんや」 というのを聞いた。私は思わず 「うわぁ、体べとべとになりますやん」 と反応してしまい、「そうか、君はそんな世代か」 と悲しませてしまったのを覚えている。

世代論的にいえば、日本人の砂糖消費は、1985年には 1人あたり年間 21.9kgだったものが、2010年には16.4kgにまで減ったとされている。なるほど、年配の人ほど甘い物好きで、コーヒーにも砂糖をどばどば入れたがるという印象がある。

ただ、日本人は料理には砂糖をたくさん入れたがるが、むちゃくちゃ甘いデザートをどっさり食べるという習慣はない。だから 1人あたりの砂糖消費量は、世界でも少ない方の部類に入るらしい。ブラジル人やオーストラリア人は、日本人の 3倍以上の砂糖を消費するという。

私は砂糖はあまり摂取したくないと思っているが、砂糖業界にいわせると、「砂糖が糖尿病の原因になるというのは誤りで、糖尿病は総体的なカロリーの摂りすぎによる。砂糖は即効的なエネルギーになるし、脳が活性化するので、積極的に摂るといい 」 ということらしい。

しかしそれは、「カロリーの摂りすぎはよくないが、砂糖で摂る分には、話が別」 という、ちょっと矛盾した言い方に聞こえるのだよね。この考えに沿って砂糖をどんどん摂ったら、実際にはその分だけ他の食べ物を制限しなければならない。砂糖以外においしいものがたくさんあるのだから、それはもったいないというのが私の考え方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/24

「グルジア」 を 「ジョージア」 ということについて

今日、カーラジオでニュースを聞いていると、やたらに 「グルジアがジョージアに国名変更」 とやっていた。それを聞いて私は、「グルジアって、別に国名変更なんかしなくても、元々ジョージアなのに、おかしなことを言うなあ」 と思っていた。

これに関しては、6年前に "「グルジア」 が 「ジョージア」 であること" という記事の中で論じている。つまり、「グルジア」 はロシア語の読み方であって、フツーの英語読みでは 「ジョージア」 なのである。日本はこれまで、「ジョージア」 なんて読んだら米国のジョージア州と区別が付かなくなると気を遣ったのか、ロシア語読みで言い習わしてきたのだ。

ところが当のグルジア、いや、もうジョージアと言ってしまおう、このジョージア国内では反ロシア意識の高まりによって、グルジアとロシア語読みされるのはたまらんということになっているようなのだ。そこで日本にも、「グルジアじゃなくて、ジョージアと呼んでね」 と言っているということのようなのである。

そして、今やこの国を 「グルジア」 と呼んでいるのは、ロシアと日本ぐらいしかないということになってしまっているらしい。つまり、決して 「国名変更」 なんかじゃなく、読み方の問題なのである。

ただ、日本ではアルファベットを使っていないので、「ごめん、今後は英語読みにするわ」 というほど簡単ではなく、カタカナ表記から改めるということになるわけだ。ああ、めんどうくさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/23

町田市 I shall 坂上交差点?

今日は。よくもまあ、こんなにくだらない話をブログに書くものだと、呆れられてしまいそうな話である。私としてもあまりくだらなすぎて、今日まで書くのをためらっていたほどだから、本当に掛け値なしにくだらない話である。

何かというと、「町田市には、I shall 坂上交差点、I shall 坂下交差点」 という交差点があるのだと、私はずっと信じていたというお話だ。日本の交差点の名前としてはあまりにも不思議すぎる命名だが、カーラジオを聞いていると、時々交通情報で登場する交差点である。

で、「珍しい名前の交差点」 というタイトルで、ブログに書いてみようかなと、ずっと思っていたのだが、なんだかそれもはばかられたのである。「いくら何でも、何かの間違い、聞き違いに違いない」 という気がしていたのだ。

で、今日、このことをふと思い出してしまって、インターネットで 「町田市 I shall 坂上交差点」 というキーワードでググってみたのだが、「残念なことに」 というか、いや、「やっぱり」 というべきか、こういう名前の交差点は見当たらなかったのである。そりゃ、そうだよね。あまりにも突飛すぎる。

で、「ほぼ、この交差点を聞き違えていたに違いない」 というのが特定できた。それは、「町田市 相原坂上交差点、相原坂下交差点」 である。町田市相原町にある交差点で、付近には JR 東日本横浜線の相原駅という駅もある。これに違いない。

どちらも国道 16号線上にある交差点で、少し北に進むと八王子バイパスの橋本インターチェンジがあり、いかにもしょっちゅう渋滞しそうなところである。これなら、交通情報に頻繁に登場してもおかしくない。

それにしても、我ながらどうして 「相原」 を 「アイシャル」 などと聞き違えてしまったのだろう。おかげで、こんなにくだらない記事を書いてしまうことになってしまったではないか。

ただ、あまりにもくだらなすぎるので、付け足しだが、少しはまともなことを書いておこう。それは 「くだらない」 の語源である。「下る」 には 「通じる」 との意味があり、「下らない」 というと、「筋が通らない」 というようなニュアンスで、それが転じて 「取るに足りない」 という意味合いに変化したとされている。

ちなみに京都の朝廷から江戸の将軍家に下賜されるものを 「下り物」 と言ったが、価値のない物は下賜されないので、「下らない」 というようになったという説もある。しかし 「下らぬ」 という言葉は江戸時代より前から使われているので、これはどうやら俗説のようである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/22

iOS 8.1 へのアップデートは、さっさとした方がいい

iOS 8.1 がリリースされたので、さっそく昨日の夜、手持ちの iPhone と iPad をアップデートした。OS アップデートには慎重派の私としては、珍しい速攻である。一昨日の午後に、 iPhone 6 の不具合に気付き、「早くバグ・フィックスしてくれないかなあ」 と思った矢先に、タイミングよく新バージョンがリリースされたからだ。

不具合というのは、せっかく登録したユーザー辞書を、iPhone 6 が読み込んでくれなかったのである。前に使っていた iPhone 5 を iOS 8 にアップデートした時も、初めは読み込んでくれなかったが、再起動させたらあっさりと解決した (参照)。ところが、iPhone 6 ではどうしてもうまくいかなかったのである。

さらに、テザリングがどうしてもできない。私は出先で iPad をインターネット接続するときは、iPhone のテザリング機能を使っているので、これができないと本当に困るのである。そして、この 2つのバグに気付いた翌日に、修正版がリリースされたので、「多分、これで解決するだろう」 と、期待を込めてアップデートしたのだ。

さっさと結果を報告しよう。不具合はあっさり解決された。OS のアップデートが終わって、ユーザー辞書を表示させてみたら、300以上ある登録単語が見事に表示された。そして、手持ちの Mac と iPad でテザリングさせてみたら、なんのことなくつながったのである。当たり前のことだが、実現してみるとうれしい。

というわけで、iOS 8 の不具合に悩んでいる人がいたら、さっさと 8.1 にアップデートすることをお薦めする。私の場合は、これで問題がほとんど解決した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/21

夫の立ち会い出産で、出生率低下?

先週の土曜日、いつものように TBS ラジオで 『土曜ワイド』 を聞いていたら、出産に夫が立ち会うことが増えた傾向について、永六輔さんが 「僕は立ち会いたくない」 とおっしゃる。私は 「なんと意外な!」 と驚いてしまった。

まあ、実際には永さんが今後、自分の子供の出産に立ち会うことになる可能性はほとんど 0 パーセントだろうから、別に大した発言じゃないかもしれないが、おすぎとピーコに 「男のおばさん」 と言われたことのある永六輔さんとしては、まことに 「らしくない」 印象である。

「出産に立ち会うのは、男には刺激が強すぎる」 というのである。これはどうみても前世紀までの感覚としか思われない。あの永さんにしてからが、この感覚から逃れ得ていないのを知って、ちょっとショックだった。

私は 3人の娘のうち、下の 2人の出産時に立ち会っている。次女の出産に立ち会った時には、「ああ、こんなものなら、医者も産婆もいなくても、いざとなったら俺が取り上げられるな」 と思ったほどだ。まあ、ウチの妻が安産だったこともあるのだろうが。

ところが永さんは、「夫の出産への立ち会いが、出生率低下につながっている可能性もある」 とおっしゃる。知り合いの医師が、そんなことを言っていたのだそうだ。一度出産に立ち会った夫が、怖じ気づいて 「二度とごめん」 と思ってしまい、2人目の妊娠を望まなくなる傾向があるというのである。

しかし尊敬する永六輔さんには恐縮だが、こればかりは、眉唾の話だと思う。私は 2人目の出産に立ち会って、3人目にも当然の如く立ち会った。これは決して私に限った特殊な話じゃないと思う。

試しに、夫の立ち会い出産についてインターネット検索してみたが、少なくとも上位 30番めあたりまでは、出生率低下に結びつくと指摘する情報は見当たらなかった。それどころか夫の立場で 「出産に立ち会って感動した」 という肯定的な意見の方がずっと多い。

百歩譲って、「二度と立ち会いたくない」 と思った夫が多いとしても、それが出生率低下に直接結びつく要因とは思われない。出産には立ち会いたくないけれど、2人目以後の子供が欲しいというなら、立ち会わなければいいというだけの話だ。別に夫が立ち会わなければ出産が不可能というわけじゃないのだから。

「立ち会い出産で出生率低下」 というのは、「男は出産に立ち会うべきじゃない」 「出産は女の仕事」 という古い価値観から出てくる偏見なのではないかと、私は思ってしまったのである。それとも立ち会い出産で出生率低下ということを裏付けるデータが確かにあるなら、教えていただきたい。

念のため申し述べておくが、私は 「夫も是非出産に立ち会うべきだ」 と主張しているわけではない。立ち会いたければ立ち会えばいいし、嫌だったら立ち会わなければいいだけの話だ。ただ、私個人としては、立ち会ってよかったと思っている。貴重な経験だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/20

Yosemite にアップグレードした

MacBook Pro の OS を Yosemite にアップグレードした。リリースされたのは米国時間の 10月 16日だったが、17日から出張を控えていたので、トラブルによる面倒を避けるために、満を持していたのである。今日おもむろにアップグレードしたところでは、トラブルは全然ないので、これだったら、さっさとやっとけばよかったという印象だ。

Marvericks から何が変わったかといって、印象としてはアイコンのデザインが例ののっぺりした 「フラットデザイン」 になっただけで、他の操作はほとんど変わらない。ただ、iCloud Drive が使えるようになったので、今後おいおい活用していこうと思っている。

とりあえず今のところ、不具合は発生していない。いつも使っているアプリケーションはさくさくと動くし、インターネットのつながり具合も問題ない。心なしかテキスト入力の反応がよくなっているような気もする。

Safari のタブをたくさん開いたとき、前のバージョンでは右端に近いタブが隠れてしまっていたのだが、新バージョンでは右から左に詰めて表示されるようになっていて、いちいち探さなくても済むようになっている。私のように一度にたくさんのタブを開くタイプにはありがたい。

それ以外では、特筆して報告するような違いは発見できていない。これはある意味、歓迎すべきことである。何が変わったんだかわからないが、そのうちじわじわと新機能が活用できるようになるというのが、一番いい。Windows 8 みたいにがらりと変わりすぎると、その後しばらく生産性が急激に下がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/19

「点線国道」 って知ってる?

山梨県への出張を終えて、無事に帰り着いた。帰り道はとくに急ぐ必要もなかつたため、中央高速道を通らず、一般道を通つてきた。しかも、甲州街道 (国道 20号線) を辿ると途中で都内を経由してしまうので、えいやとばかり、国道 140号線で秩父に抜け、埼玉県の山奥から関東に降りてくるというコースを辿つてみた。

国道 140号線で、山梨と埼玉の県境を越えるのは、ちょっと前まではほとんど無理だつた。ところが、平成 10年に山腹を貫く 「雁坂トンネル」 というのができて、車で通り抜けられるようになった。

全長 6625メートルで、一般道としては日本最長のトンネルだそうだ。ただ、「一般道」 を名乗ってはいるが通行料が取られる有料道路で、私も 730円支払って通り抜けた。

このトンネルができるまでは、地図上ではもっともらしく 140号線が奥秩父連峰の途中にある 「雁坂峠」 を越えていることになっていたのだが、実際に行つてみると、車が通れるのは山の麓までで、そこから先は登山道以下の獣道のような状態だつた。噂では、便所を通り抜ける小径もあるということだった。

私は 35年ぐらい前に、奥秩父を東京都の西端、 雲取山から甲武信岳まで縦走したことがある。途中の尾根道に確かに 「雁坂峠」 という案内標識があるのだが、尾根道と峠道が交わっているという気はほとんどせず、縦走路を外れたところはほとんど草に埋もれてしまっていた。とんでもない国道である。

それがトンネルの開通によって車で通り抜けられるようになったのだから、今回はその恩恵に蒙ったわけである。天気も良く、なかなか快適なドライブ日和だったが、一方で 「俺も年を取るはずだよ」 と思ってしまったことである。

ところで、日本にはまだまだ車の通れない国道があるらしい。専門用語では 「自動車交通不能区間」 というが、地図上では点線で表示されることが多いため、俗に 「点線国道」 とも言われると、今日初めて知った。(参照

有名なところでは、青森県竜飛岬で階段になってしまう国道 339号線があるが、多いのはやはり峠道だ。車が通れないというほどではないが、対向車が絶対にすれ違いないような、とんでもない山道の国道もある。私はそんな道をあちこちで経験しているが、なかなかのスリルである。

【10月 20日 追記】

国道 140号線は便所の中を通つているという噂は、本当だつた。「国道を旅する」 というサイトに、その写真があるので、ご覧いただきたい (参照)。私が 35年前に辿つた尾根道からそう遠くないところにあるようなので、当時見逃したのが残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/18

山梨県でペンションに沈没

出張で山梨県の山の中に来ている。当初の思惑では、午後 3時半頃に仕事が終わるかと思っていたのだが、かなりずれ込んでしまい、今日中に帰るのがしんどい時間になってしまった。

急遽ネットで近くのホテルを探したが、行楽シーズンの、しかも週末台風が続いた後の久しぶりの上天気の週末とあって、どこも満室だ。周りは観光地ばかりだし、そりゃ、そうだよな。

なんとか清里の外れのペンションを探し出してしけこんだ。無線 LAN でインターネット接続可能という触れ込みだが、電波がものすごく弱くて、まともにつながらない。3G 回線も弱くて、スピードがものすごくトロい。

更新は後回しにして、宿の近くの日帰り温泉に行ったら、露天風呂が気持ちよすぎてウトウトしてしまい、のぼ上せる一歩手前まで浸かってしまった。あぁ、疲れだ。

というわけで、申し訳ないが、今夜はまともな更新をする気になれないのであるのよ。和歌ログでおわかりのように、途中の景色は最高で、十分にハッピーだったんだけどね。

たまにはこんなこともあるさと、お許しいただきたい。お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ロンドンの霧と、肩こりと、いじめと、セクハラ