2015/01/26

馬鹿なことばかりしていたから、戦争に負けたのだ

慰安婦報道巡り、慰謝料求め朝日新聞社を提訴」 と、当の朝日新聞が報じている。朝日の慰安婦問題の報道で 「国民の名誉が傷つけられた」 として、8749人が、1人あたり 1万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求めている。原告の中心みたいな感じで名前が挙げられているのは、渡部昇一氏で、他にも研究者、評論家、衆院議員らが名を連ねている。

ちょっと前までは朝日的論調が日本の主流にあって、従軍慰安婦に関する当然の疑問を述べただけで 「右翼」 呼ばわりされた。ところが今はその力関係が変わってしまって、朝日的な 「行き過ぎたリベラル」 が、槍玉に挙げられてしまっている。

「従軍慰安婦」 に関しては、いろいろな資料を検討してみても 「強制的に徴用された」 というのは明らかに虚偽の言いがかりであり、どうしても日本を悪者に仕立て上げたい勢力が作り上げてしまったでたらめだという指摘に、私も賛成する。その意味で、朝日の犯した罪は重いと思う。

しかしかといって、戦時中の日本には恥ずべき点などなく、悪いイメージはすべて東京裁判において戦勝国側が押しつけたものであるといわんばかりの論調は、「そりゃ、悪のりし過ぎだろうよ」 と思う。いちびりにもほどがある。

戦後になってアジア諸国の独立が勝ち取られたのは、太平洋戦争初期において日本が欧州の植民地となっていた東南アジアに侵攻したおかげだとして、「あれは聖戦だったのだ」 という主張まであるが、私としてはそれはあくまで 「結果論」 だと思っている。まあ、このくらいのことがなければ、あまりにも救いがたいので、ありがたい結果論ではあるが。

太平洋戦争が崇高なものだったとしたら、多くの日本人が一時的な挫折感を超えた後はむしろ進んで敗戦を受け入れ、それまでの価値観をあっさりと捨て去り、開放感さえ覚えていたという事実を説明できない。やはり戦時中の状況は、当の日本人にさえも 「とんでもない無茶」 を強いるものであったのだ。

私の父は志願して予科練に入り、特攻隊に選出された。ところがその頃にはもう 「神風攻撃」 をしかける飛行機は残っておらず、上陸してきた敵に爆弾を背負って自爆攻撃をかける訓練ばかりしていたという。そのうちに終戦になって、父は死なずに済み、巡り巡って私がこの世に生を受けた。

予科練時代の集まりに行った父が、ある年 「海軍精神注入棒」 という記念品を持ち帰った。昔の海軍には、新兵の人間としての尊厳を打ち砕いてしまうために尻をぶん殴る固い樫の棒があり、それを 「海軍精神注入棒」 と称したらしい。その棒を卓上に飾るための小さなレプリカとして、記念に配られたのだそうだ。

予科練時代の思い出を時に懐かしく語る父だったが、その記念品はちっとも喜ばず、押し入れの奥に無造作に押し込めていた。実家の荷物の整理でそれを見つけた私が、「これは一体、何だ?」 と聞くと、父は 「そんな馬鹿なことばかりしていたから、戦争に負けたのだ」 と、苦々しく吐き捨てた。

太平洋戦争中の日本の軍隊は、決して誇れたものではなかったと、私は考えている。事実として、行く先々で様々な蛮行をしたのだ。それは、後から誇張に誇張を重ねて語り継がれた 「南京大虐殺」 というほどのものではなかったにしろ、立派な行為ばかりしてきたとは、とても言えない。それは生還した元兵士たち自身の口から生々しく語られている。

これまでの揺り戻しで、日本軍のしてきたことが美化されてしまいかねないのを、私は危惧している。私は自分を愛国者だと思ってはいるが、「そんな馬鹿なことばかりしていたから、戦争に負けたのだ」 という父の一言は、重く受け止めている。

ありもしなかったことを 「あった」 というのと同様に、あったことに目をつむるのも、やはり罪である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/25

還暦を 2年過ぎて、どうやらここまでは悟った

私は昔から、物事を達成するための努力はするが、無駄な 「あがき」 はしないというタイプの人である。別の言い方をすると、自分で何とかしようと努力して、その努力が報いられる可能性が少しでもあれば、真剣に努力するが、自分の力ではどうしようもないことであれば、あっさりと諦めて素直に受け入れるべきだと考えている。

「自分の力ではどうしようもないこと」 というのは、例えばこの世に生まれてきてしまった以上は、自分の両親と親類縁者の面子は変えようがないというようなことだ。端的に言えば、親兄弟を恨んでも仕方がないということである。親兄弟を恨むのは、典型的な 「無駄な努力」 だ。努力なしには、恨み続けることだってできない。だったら素直にありがたく売れ入れる方が手っ取り早い。

同様に、これまでの生い立ちや、自分の文化背景としてのナショナリティなども変えられない。周囲の自然環境も、これ以上悪化させないための努力はできるが、根本的なあり方までは変えられない。何しろ明日のお天気だって、お天道様次第なのである。

政治状況なども、自分の発言や活動の影響力なんて微々たるものだ。だから選挙の度に投票はするが、それによって社会が劇的に変わるなんて期待はしていない。期待していないどころか、ほとんど諦めているという方が近い。投票を棄権しないのは、客観的にみれば単なる 「悪あがき」 みたいなものである。

私は、人生なんて水たまりに散った木の葉のようなものだと思っている。木の葉が水たまりから脱出しようとしても、自分の力ではどうにもできない。悪あがきすればするほど疲れるだけである (もっとも木の葉は、悪あがきしたくてもできないのだけれどね)。

逆にただだまって諦めて、水たまりの中に浮いてさえいれば、いや、たとえ沈んでしまったとしても、さらに大雨が降ってくれれば水たまりが溢れて、外に流れ出ることもある。ただ、流れ出て行き着く先はわからない。行った先々でそれなりに対応して漂い続けるだけである。

あるいは、大雨なんて降らずに日照りが続き、水たまりが干上がってそのまま朽ち果ててしまうかもしれない。それならそれで、朽ち果ててダニに食われ、排泄物となって微生物によってさらに分解され、周囲の植物たちの養分になれれば幸いというものである。そのままミイラのごとく変化しないよりはずっといい。

要するに、努力は精一杯するが、自分の力なんてたかが知れていると思っているのであある。何かそれなりの成果の上がることを成し遂げるとすれば、それはほとんど自分の力によるものというわけじゃなく、周囲の力の方がずっと大きい。自分は周囲の流れにうまく乗っかることができたというだけのことである。

周囲の流れにうまく乗っかるには、周囲とかなりの部分で同化しなければならない。反発していては乗ることなんてできない。それなりに意味のあることを成し遂げようと思うなら、意味のある人たちや物事と、親和しなければならないのである。ということは、「意味のあること」 を見つけることさえできれば、幸せな人生のとっかかりはつかめたのである。あとはそのことに馴染んでしまえばいいだけだ。

馴染めなかったら、選択を間違えたか、自分がわがまますぎるかのどちらかである。要するに、周囲が悪いのではなく、自分がまずかったのだと思えば、腹も立たずにやり直せる。周囲が悪いと思っているうちは、何をどうやり直しても、ことはうまく運ばない。いつも自分で選んで悪い環境の中に飛び込んでしまうだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/24

「荷役」 の読みは 「にやく」 が正しいらしいんだが

漢字の読みをめぐる冒険」 という記事を書いたのは、もう 7年も前になる。この中で、「捏造」 は 「でつぞう」、「洗滌」 は 「せんでき」 と読むのが正しいなどという「意外な正しい読み方」 を紹介した。「依存」 が 「いそん」 で、「間髪を入れず」 が 「かんはつを〜」 だったりするのは、まだ序の口である。

私は収入のかなりの部分が 「原稿料」 という名目で入ってくるので、言葉に関しては一応プロである。その私としたことが、最近初めて知った 「漢字の正しい読み方」 というのがある。それは 「荷役」 という言葉で、正しい読みは 「にやく」 なんだそうだ。これまでずっと 「荷役作業」 を 「にえきさぎょう」 と読んでいたけど、間違いだったわけだ。

これに関して調べてみると、大修館書店の 「漢字Q&A」 というページに、次のような説明があった。ちょっと長めだが、引用する。

「やく」は呉音、「えき」は漢音というのが両者の違いで、中国語としての漢字にまでさかのぼった場合、意味的な違いではありません。しかし日本では、古くからこの2つの音読みを、意味によって使い分けてきました。

「えき」と読むのは、「働かせる」「戦争」などの意味の場合です。「使役」「戦役」などが、この例にあたります。これに対して「やく」と読むのは、「割り当て」「仕事」などの意味の場合で、「役割」「配役」「役人」などがこの例です。この使い分けは、日本独自のもので、漢字が本来持っていたものではありませんが、私たち日本人としては、これに従っておいた方がよいと思われます。

さて、そうしますと、「荷役」の「役」はどういう意味かを考えれば、その読み方が決められるということになります。この熟語は、主に船舶などで、荷物の上げ下ろしをする仕事のことを意味しています。この場合の「役」は、「働かされる」という意味だとも考えられますが、「仕事」という意味で捉えておく方が、素直ではないかと思います。「荷役」はやはり、「にやく」と読む方がよいようです。

ふぅむ、言われてみればもっともという気もするが、なんだかまだ腑に落ちない。例えば 「雑役」 は 『大辞林』 によれば 「種々雑多の仕事。雑用」 とある。上述の原則によれば、「仕事」 というのだから、「ざつやく」 と読むべきなのだろうが、「ざつえき」 と読まれている。「雑役夫」 も 「ざつえきふ」 であって、「ざつやくふ」 ではない。

また 「苦役」 も 「苦しい肉体労働」 のことだから、「仕事」 に他ならない。それなのに、「くやく」 ではなく 「くえき」 である。また、一般的な用語ではないが 「力役」 (りきえき) という言葉もあり、『大辞林』 では 「体力を使って仕事すること。力仕事」 とある。これも上述の原則に従えば 「りきやく」 と読むべきなのだろうが、そうなってはいない。

こうした感覚は、現代的な理解では 「やく」 と読むのは 「役割」 的な意味合いであり、英語で言えば "role" というニュアンスの強い場合が多いことによるのだと思う。「取締役」 「配役」 「上役」 「悪役」 などが、このニュアンスにぴったりだ。

一方、「えき」 と読むのは 「戦役」 という意味合いを別とすれば、今ではむしろこちらの方が 「仕事」 というニュアンスが強い。英語でいえば "task" である。上述の 「雑役」 も 「苦役」 も 「力役」 も、「仕事 = task」 である。

だから 「荷役」 も 「にえき」 と読む方がしっくりくるわけだ。しつこく例を挙げ続ければ、「現役」 という言葉も、「現に働かせる」 というよりは 「現時点でその仕事に就いている」 というニュアンスだから、「げんえき」 でしっくりくる。

大修館書店の説明にあるとおり、「日本独自のもので、漢字が本来持っていたものではありません」 というのだから、例外的というか、通り一遍では説明が付かない用例がうじゃうじゃあるのも当然である。

さらに漢和辞書を引いても、少なくとも私の手持ちの三省堂版 『携帯新漢和中辞典』 には 「荷役」 という言葉は見当たらない。ということは、元々の漢語ではなく、和製熟語である可能性が高い。そんなわけで、「荷役」 が 「にやく」 というのも、後付けの理屈で無理矢理に当てた読みということのようで、それもしっくり来ない要因ではあるのだろうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/01/23

違和感だらけの記者会見

イスラム国で日本人 2人が拘束され、殺害予告が出ているとのニュースに関しては、申し訳ないがあまり関心を持っていなかった。ところが今朝たまたま、人質の 1人、後藤健二氏の母親という石堂順子さんの記者会見の模様をラジオで聞き、あまりの違和感に、かえって少し興味が湧いてしまったのである。

そもそも、彼女の冒頭の発言、「日本国民、政府の方々、ここにお集まりの方々に、感謝とご迷惑をかけたことをお詫び申しあげます」 という、メチャクチャな日本語のコメントに、ちょっと驚いた。だが、「まあ、相当混乱してるんだろうから仕方ないか」 と眼をつむった。

ところがそこから急に、息子の安否を心配する母親ではなく、反原発運動家としてのコメントがあふれ出してきたことに、今度はちょっとどころでなく驚いた。新聞やテレビではきれいに編集されて、「健二はイスラム国の敵ではない、健二の命を救ってください」 と訴えたと報道されているが、実際の会見では反核の主張の方がメインという印象だった。

とくに  「私は今、こみ上げてくる涙を隠しておりますが、そのまま語っておりますが、それは先ほど申しました、原子力の問題です」 とのコメントには、正直言って最大限に困惑した。

ネット界隈では、この石堂さんへの率直な違和感の表明、違和感以上の嘲笑、そして 「息子の命が危険な状態で、普通の精神状態じゃないのだから、そこを思いやれ」 という、大きく分ければ 3つの立場のコメントが飛び交っている。

私も 「普通の精神状態じゃないのだから思いやれ」 とのコメントに関しては理解する。ただ、理解はするものの、「このオバサンの記者会見は、完全に逆効果だったな」 と、客観的に判断せざるを得ないのである。同情と客観的判断は別物だ。

まず、この記者会見をテレビやラジオで聞いていた人たちは、それまで 「できるだけの交渉努力をして救出してあげなければ」 と考えていたとしても、その気持ちはかなり萎えてしまっただろう。政府部内で実際の救出活動に関わっている人たちに関して言えば、一般の人たち以上に冷めてしまったに違いない。

そもそも、後藤健二氏とともに人質にされている湯川遙菜氏という人に関しては、当初からあまり同情されていなかった。民間軍事会社の代表を名乗っているらしいが、その会社の活動実績はほとんどなく、自身の軍事経験も訓練を受けた実績も皆無。英語もアラビア語も話せないという。何のためにふらふらと中東まで行ったのか、わけがわからない。

一方、そのわけのわからない人の 「救出」 のためにイスラム国入りしたという後藤健二氏の方は、「正義感あふれるジャーナリスト」 というイメージで、同情されてはいた。しかし今日マスコミに登場した母親がいらぬことを口走ったために、そのイメージはかなり崩れてしまった。

後藤氏が生後 2週間の子どもと妻を置いて行ってしまったことに関して、実の母親がつい最近までその事実を知らなかったと告白し、さらに 「怒りを感じた」 だの 「解せない」 だのというコメントを発してしまっている。これでは、はっきり言ってぶちこわしではないか。

彼女は、記者会見の前に近しい知人たちから会見を止めるように忠告されたというが、知人たちがそう忠告するのは、至極もっともだと思わざるを得ない。このオバサンが口を開いたらろくなことにならないということを、周囲の人たちは知っていたのだろう。

この記者会見に参加した外国人記者たちは、どんな記事を書けばいいのか、本当に困ってしまっただろう。「人質の母親が記者会見で地球環境保護を訴える」 と、そのまま書いてしまったら、単なるガキの使いになってしまうし。

最後に、エコ派で反原発の私ですら、「このオバサンと一緒に見られたくはないな」 と感じてしまったことを告白する。その意味でも明らかに逆効果だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/22

しばらく Safari と Chrome を使い分けてみよう

Internet Watch に "「Google Chrome 40」安定版公開、62件の脆弱性を修正" という記事が載った。バージョンは 「40.0.2214.89」 で、「Windows 版、Mac 版、Linux 版が提供され、既存ユーザーは自動的にアップデートされる」 とある。

「どれどれ」 と自分の Mac で Chrome を立ち上げ、バージョンナンバーを確認したら、「40.0.2214.91」 と表示された。おやおや、上述の記事は今日の、しかも日が暮れてから(2015/1/22 18:33) のものなのに、それから 4時間ほどの間に、既に 2回修正されているようだ。すごいものだね。

ところで、私は昨年 4月に Mac と Chrome は相性が悪いようだ」 という記事を書いている。私の MacBook Pro で長時間 Chrome を起動して作業していると、きまって OS がクラッシュしてレインボーカーセルが表示されっぱなしになり、強制終了に追い込まれる事態が頻発していたのだが、ブラウザを Safari にした途端に解決した。これでは Chrome との相性が悪いと判断するしかなかったのである。

ネットで検索してみると、MacBook Air 2012年版との相性が最悪とのレポートが散見されたが、実際は MacBook Pro との相性もかなり悪いみたいだったのである。ただ、長時間起動させなければクラッシュすることはないため、私は必要に応じてちょこちょこ Chrome を立ち上げて、用が済んだらすぐに終了させるということで、今日までやってきた。

本日公開された Google Chrome 40 は、わざわざ 「安定版」 とされているのだから、もしかしたら MacBook との相性が改善されているかもしれない。Interenet Watch の記事には 「Mac OS との相性問題解決」 というのはちっとも謳われていないが、これが放置されているということもなかろう。うん、きっと解決されているはずだと信じよう。

こう信じたいというのには、理由がないわけじゃない。Safari はなかなかいいブラウザで、使っていてもほとんどストレスがなく、しかも iPhone、iPad との同期もさくさく取ってくれるのでありがたいのだが、たった 2つ不満がある。それは、Safari には 「フレーム内再読込」 の機能がないことと、このココログの記事作成/編集画面の表示が、いまいちしっくりせず、ちょっとした不具合が頻発することだ。

それで今日のこの記事は、試しに Chrome を使って書いている。やはり、ココログの記事作成/編集画面に限っては、Chrome の方がずっとしっくりくる。これは、Safari の機能が悪いのか、それともココログの対応がまずいのか、判断できないが、要するにココログに関しては、 Chrome の方がずっと相性がいいようなのである。

このまま Chrome を起動しっぱなしにして何の問題も生じなければ、少なくともブログ更新作業の時は Chrome を使うことにしようと思う。それ以外では Safari の心地よさというのも確実にあるので、しばらくは 「使い分け」 でやってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/21

文書をプリントする場合、フォントをどう指定するか

今日は、いわば昨日の記事の続編である。英数字を半角で揃えることに関しては、まあ大方の納得は得られるだろうが、問題は Word などで文書を作成する場合のフォントをどうするかである。

結論的にいえば、私は Word のフォント設定は 「日本語: MS 明朝、英数文字: century」 をデフォルトとしている。Word をインストールした時の設定のままにしていると、英数文字が 「日本語用と同じフォント」 ということになったりしているので、プリントアウトした場合の体裁を考えると、変更しておく方がいい。

ブログ本文ではその違いは表現できないので、Word 文書の実例を画像で示すと、こんな具合になる。

Font

上段は同じ英文テキストを、MS 明朝と cenruty で表示したものだ。左側の、すべてMS 明朝体で表示した方はずいぶん頼りなく、また間延びして見えるのがわかる。

それもそのはず、明朝体というのはそもそも、日本語を表示するためのフォントであって、英数文字は専門外なのである。だからこれで英数文字を表示させると、日本人がカタカナ英語でしゃべっているのをそのまま文字にすると、こんなふうになるのではないかというような、どうにも  「こなれない」 イメージになってしまうのだ。

一方、右側の century で表示したものは、いかにも英語らしい、しっくりくるフォントと納得されるだろう。

一方、日本語と英数文字を混在させる場合は、好みが分かれるところかもしれない。画像下段の、左側は日本語も英文字も、すべて MS 明朝で入力したもので、右側は、日本語は MS 明朝、英数文字は century にして混在させている。

私は、日本語は日本語らしく、英数文字は英数文字らしく表示されている右側が好みだが、なかには左側のすべて日本語らしいイメージが好きという人もいる。右側だと、アメリカ人が日本語をしゃべっているような雰囲気と取られてしまうのかもしれない。まあ、そんな感覚もわからないではないけどね。

ただ、個人的には上述の通り、 「日本語: MS 明朝、英数文字: century」 をデフォルトとすることをオススメする。だって、どう見てもその方が、見た目がスマートじゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/01/20

英数字の入力、全角? 半角?

デジタル・データとしての書類を作る際に、私は英数文字はすべて半角に統一することにしている。ほんのたまに全角英数文字が混じることがあるのは、単に変換ミスであり、気付き次第すぐに半角に修正する。

半角にこだわるのは、全角だといかにも間延びして見えるためもあるが、根本的な理由は、デジタル・データとしての基本的なメリットを活かすためだ。デジタル・データにおいては、同じ 「100」 でも、全角で 「100」 と書かれたものとは明らかに区別される。ということは、半角と全角を混在させてしまうと、同じ 「100」 が同じ数として検索されなくなる。

せっかくのデジタル・データなのに、同じ数が同じ検索結果にかからなくなるのでは、あとからやりにくくてたまらない。それでどちらかに揃える必要があるのだが、同じ揃えるなら見た目のきれいな半角に揃えたくなるのは、人情というものだ。

全角を避けるもう一つの理由は、全角で数字を入力すると、行が分かれてしまうことがあるからだ。例えば、「200,425,843,021」 という長い数字を入力すると、半角なら ひとつながりの数字と認識されるので、途中で切れて 2行にわたることはないが、全角だと平気でそれをやられてしまう。

例えば、前述の数字をあえて全角文字で表記すると、 「200,425,843,021」 という感じだ。気持ち悪くてしょうがない。(この部分、ブラウザーによってはこちらの意図通りに 2行に渡って表示される実例にならないこともあるだろうが、ご容赦)

とまあ、大きくはこの 2つの理由で、私は 「英数字は半角で」 という原則を貫いているのだが、お役所の世界ではこれが通じないところがあるようなのだ。

法務省のサイトに 「電子証明書申請用磁気ディスクの作成に当たっての留意点」 というページがある。一般的な常識としては、「ディスクの作成」 をするわけじゃなく、「作成したデータをディスクに保存する」 のだが、まあ、お役所というのは、こうした時代錯誤的な言い方をするものである。

このページに、「商号又は名称,本店又は主たる事務所等,代表者等の資格,代表者等の氏名の入力」 という項目があり、そこには 「文字数等に制限があり,代表者等の氏名については126文字以内,それ以外の事項は各128文字以内で,いずれも全角で入力する必要があります」 とある。

つまり、会社の名前などは、それが英数文字であっても全角で入力しなければならないようなのである。ちなみにそれを規定したものだけに、上述の文章に登場する数字も、しっかりと全角文字になっている。

例えば 「株式会社 Global Office」 という会社があったとすると、お役所に提出する登記関連の書類では 「株式会社 Global Office」 という間延びした表記にしなければならないようなのである。まあ、そういう決まりらしいので、従わざるを得ないのだろうが、よくわからない決まりである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/01/19

我が家もついに Google Map のストリートビューにカバーされた

なんと驚いたことに、Google Map のストリートビューで、我が家がいつの間にかカバーされていた。

我が家はその昔、田園地帯の中の荒れ地だったところらしく、30数年前に整地して宅地化したところなので、郊外といえば聞こえが良すぎるほどの、要するに田舎である。だからストリートビューなんてものには当分縁がないと思っていた。

ところが昨日ふと思い立って調べてみたら、なんと昨年の夏前に撮影されていたらしく、我が家がちゃんとカバーされていたのである。油断も隙もありゃしない。洗濯物まで映っているじゃないか。まあ、白いカジュアルシャツだから、見られても恥ずかしいってわけじゃないけどね。

それでまたふと思い立ち、私の実家も調べてみたら、これもまたきちんと映っている。実家は市街地に隣接しているので、意外でもなんでもないが、Google さんは本当にマメに世界中を回って写真を撮りまくっているようなのである。こうなると、よっぽど辺鄙な所でもなければ、居ながらにしてその近くまで行ったような気になれる。

調子に乗って、上京して以来住んだところを片っ端からあたってみたところ、すべての地点で住んでいた当時の面影が消え失せている。この家に越してくるまで住んでいた杉並区西荻窪のアパートも、見慣れないマンションに変わっていた。そりゃそうだよね。この家に引っ越してきてから既に 33年経つのだから、変わるのも当然だ。

しかしここまでストリートビューでくまなくあちこちの様子を見ることができるようになると、初めて訪問する家や会社にしても、行く前にその佇まいを確認することができるってわけだ。

便利といえばかなり便利だが、それがどうしたといえばその通りでもあり、複雑なところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«お天気について、あれこれ