2014/10/21

夫の立ち会い出産で、出生率低下?

先週の土曜日、いつものように TBS ラジオで 『土曜ワイド』 を聞いていたら、出産に夫が立ち会うことが増えた傾向について、永六輔さんが 「僕は立ち会いたくない」 とおっしゃる。私は 「なんと意外な!」 と驚いてしまった。

まあ、実際には永さんが今後、自分の子供の出産に立ち会うことになる可能性はほとんど 0 パーセントだろうから、別に大した発言じゃないかもしれないが、おすぎとピーコに 「男のおばさん」 と言われたことのある永六輔さんとしては、まことに 「らしくない」 印象である。

「出産に立ち会うのは、男には刺激が強すぎる」 というのである。これはどうみても前世紀までの感覚としか思われない。あの永さんにしてからが、この感覚から逃れ得ていないのを知って、ちょっとショックだった。

私は 3人の娘のうち、下の 2人の出産時に立ち会っている。次女の出産に立ち会った時には、「ああ、こんなものなら、医者も産婆もいなくても、いざとなったら俺が取り上げられるな」 と思ったほどだ。まあ、ウチの妻が安産だったこともあるのだろうが。

ところが永さんは、「夫の出産への立ち会いが、出生率低下につながっている可能性もある」 とおっしゃる。知り合いの医師が、そんなことを言っていたのだそうだ。一度出産に立ち会った夫が、怖じ気づいて 「二度とごめん」 と思ってしまい、2人目の妊娠を望まなくなる傾向があるというのである。

しかし尊敬する永六輔さんには恐縮だが、こればかりは、眉唾の話だと思う。

試しに、夫の立ち会い出産についてインターネット検索してみたが、少なくとも上位 30番めあたりまでは、出生率低下に結びつくと指摘する情報は見当たらなかった。それどころか夫の立場で 「出産に立ち会って感動した」 という肯定的な意見の方がずっと多い。

百歩譲って、「二度と立ち会いたくない」 と思った夫が多いとしても、それが出生率低下に直接結びつく要因とは思われない。出産には立ち会いたくなけれど、2人目以後の子供が欲しいというなら、出産に立ち会わなければいいというだけの話だ。別に夫が立ち会わなければ出産が不可能というわけじゃないのだから。

「立ち会い出産で出生率低下」 というのは、「夫は出産に立ち会うべきじゃない」 「出産は女の仕事」 という古い価値観から出てくる偏見なのではないかと、私は思ってしまったのである。それとも立ち会い出産で出生率低下ということを裏付けるデータが確かにあるなら、教えていただきたい。

念のため申し述べておくが、私は 「夫も是非出産に立ち会うべきだ」 と主張しているわけではない。立ち会いたければ立ち会えばいいし、嫌だったら立ち会わなければいいだけの話だ。ただ、私個人としては、立ち会ってよかったと思っている。貴重な経験だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/20

Yosemite にアップグレードした

MacBook Pro の OS を Yosemite にアップグレードした。リリースされたのは米国時間の 10月 16日だったが、17日から出張を控えていたので、トラブルによる面倒を避けるために、満を持していたのである。今日おもむろにアップグレードしたところでは、トラブルは全然ないので、これだったら、さっさとやっとけばよかったという印象だ。

Marvericks から何が変わったかといって、印象としてはアイコンのデザインが例ののっぺりした 「フラットデザイン」 になっただけで、他の操作はほとんど変わらない。ただ、iCloud Drive が使えるようになったので、今後おいおい活用していこうと思っている。

とりあえず今のところ、不具合は発生していない。いつも使っているアプリケーションはさくさくと動くし、インターネットのつながり具合も問題ない。心なしかテキスト入力の反応がよくなっているような気もする。

Safari のタブをたくさん開いたとき、前のバージョンでは右端に近いタブが隠れてしまっていたのだが、新バージョンでは右から左に詰めて表示されるようになっていて、いちいち探さなくても済むようになっている。私のように一度にたくさんのタブを開くタイプにはありがたい。

それ以外では、特筆して報告するような違いは発見できていない。これはある意味、歓迎すべきことである。何が変わったんだかわからないが、そのうちじわじわと新機能が活用できるようになるというのが、一番いい。Windows 8 みたいにがらりと変わりすぎると、その後しばらく生産性が急激に下がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/19

「点線国道」 って知ってる?

山梨県への出張を終えて、無事に帰り着いた。帰り道はとくに急ぐ必要もなかつたため、中央高速道を通らず、一般道を通つてきた。しかも、甲州街道 (国道 20号線) を辿ると途中で都内を経由してしまうので、えいやとばかり、国道 140号線で秩父に抜け、埼玉県の山奥から関東に降りてくるというコースを辿つてみた。

国道 140号線で、山梨と埼玉の県境を越えるのは、ちょっと前まではほとんど無理だつた。ところが、平成 10年に山腹を貫く 「雁坂トンネル」 というのができて、車で通り抜けられるようになった。

全長 6625メートルで、一般道としては日本最長のトンネルだそうだ。ただ、「一般道」 を名乗ってはいるが通行料が取られる有料道路で、私も 730円支払って通り抜けた。

このトンネルができるまでは、地図上ではもっともらしく 140号線が奥秩父連峰の途中にある 「雁坂峠」 を越えていることになっていたのだが、実際に行つてみると、車が通れるのは山の麓までで、そこから先は登山道以下の獣道のような状態だつた。噂では、便所を通り抜ける小径もあるということだった。

私は 35年ぐらい前に、奥秩父を東京都の西端、 雲取山から甲武信岳まで縦走したことがある。途中の尾根道に確かに 「雁坂峠」 という案内標識があるのだが、尾根道と峠道が交わっているという気はほとんどせず、縦走路を外れたところはほとんど草に埋もれてしまっていた。とんでもない国道である。

それがトンネルの開通によって車で通り抜けられるようになったのだから、今回はその恩恵に蒙ったわけである。天気も良く、なかなか快適なドライブ日和だったが、一方で 「俺も年を取るはずだよ」 と思ってしまったことである。

ところで、日本にはまだまだ車の通れない国道があるらしい。専門用語では 「自動車交通不能区間」 というが、地図上では点線で表示されることが多いため、俗に 「点線国道」 とも言われると、今日初めて知った。(参照

有名なところでは、青森県竜飛岬で階段になってしまう国道 339号線があるが、多いのはやはり峠道だ。車が通れないというほどではないが、対向車が絶対にすれ違いないような、とんでもない山道の国道もある。私はそんな道をあちこちで経験しているが、なかなかのスリルである。

【10月 20日 追記】

国道 140号線は便所の中を通つているという噂は、本当だつた。「国道を旅する」 というサイトに、その写真があるので、ご覧いただきたい (参照)。私が 35年前に辿つた尾根道からそう遠くないところにあるようなので、当時見逃したのが残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/18

山梨県でペンションに沈没

出張で山梨県の山の中に来ている。当初の思惑では、午後 3時半頃に仕事が終わるかと思っていたのだが、かなりずれ込んでしまい、今日中に帰るのがしんどい時間になってしまった。

急遽ネットで近くのホテルを探したが、行楽シーズンの、しかも週末台風が続いた後の久しぶりの上天気の週末とあって、どこも満室だ。周りは観光地ばかりだし、そりゃ、そうだよな。

なんとか清里の外れのペンションを探し出してしけこんだ。無線 LAN でインターネット接続可能という触れ込みだが、電波がものすごく弱くて、まともにつながらない。3G 回線も弱くて、スピードがものすごくトロい。

更新は後回しにして、宿の近くの日帰り温泉に行ったら、露天風呂が気持ちよすぎてウトウトしてしまい、のぼ上せる一歩手前まで浸かってしまった。あぁ、疲れだ。

というわけで、申し訳ないが、今夜はまともな更新をする気になれないのであるのよ。和歌ログでおわかりのように、途中の景色は最高で、十分にハッピーだったんだけどね。

たまにはこんなこともあるさと、お許しいただきたい。お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/17

ロンドンの霧と、肩こりと、いじめと、セクハラ

産経新聞が 「小学校いじめ最多 暴力行為は1万件超す」 と伝えている。平成 25年度に全国の小・中・高校と特別支援学校で認知されたいじめの件数は前年度より 1万 2千件余り減少したが、小学校では約 1400件増加し過去最多を記録したというのである。

この記事では、テキストよりも添えられたグラフの画像が興味深い。こんな画像である。(産経新聞より転載)

Photo

昭和 60年度がやたら多い理由はよくわからないが、61年度以後、7年から 11年ぐらいの間隔をおいて一気に急増しては、しばらく減少し続けるという傾向を繰り返している。これは一見すると不思議な現象だ。

いじめがある年にどっと増えて、その後減少し続け、またしばらくすると急に増えるなんてことはありえない。このグラフは、「報告されたいじめ」 の背後に 「報告されないいじめ」 がかなりあるということを示しすものである。報告が時々急増するきっかけは、いじめを苦にしての自殺というニュースのようだ。

いじめによる自殺という事件があると、教育委員会や学校では本格的にいじめの調査に乗り出す。すると、それまで認知されていなかったいじめのケースが取り上げられて、どっと報告が増える。ところが翌年か翌々年になるとその熱が冷めて、また認知されなくなる。そして忘れた頃にまたいじめによる自殺のニュースが流れる。

いじめ対策が、いかに功を奏していないかを示すものといっていい。調べるだけ調べてみて、「これは大きな問題ですね!」 と警鐘を発し、その後しばらくは、その甲斐あっていじめは減っていたかのように見える。しかし何かのきっかけで、影に隠れていたいじめが再び暴き出される。

いじめを苦に自殺した子供は、自分の身を犠牲にしてでもいじめ対策を社会に呼びかけたという点で、尊い存在である。しかしこの尊い存在も、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」 式に、1〜2年経つと忘れ去られて元の木阿弥になってしまうのでは、申し訳がない。

どうも教育現場では (いや、教育現場に限らないが)、何か重大な事件が発生しないと根本的な対策が行われないという傾向があるみたいなのである。それまでは、「あっても見えず、聞こえず」 ということになる。

見えなくて聞こえないものは、「なかったこと」 にされてしまい、対策が執られないのである。なかったことにするために、敢えて 「見ず、聞かず」 という態度をとり続けるということだってあったようだ。

いつも問題にし続けないと、「なかったこと」 にされる。だから、たとえうっとうしがられても、大切なことは大きな声で言い続けなければならない。問題にしないと問題じゃなくなるのだ。

「ロンドンの霧は、詩人がそれを言葉にするまでは存在しなかった」 と言われている。人は、目の前に歴然として存在することでも、誰かがそれをしっかりと言葉にしてくれないと、まともに認識しないのだ。

「アメリカ人は肩が凝らない」 と言われるが、それは 「肩こり」 という日本語ほど端的に肩や首のこりを表現する言葉が英語にないので、たとえ肩が凝ってもそれをきちんと認識できないからだという説がある。その証拠に、「肩こりなんてしたことがない」 というアメリカ人の肩を揉んであげると、「ああ、気持ちがいい」 となって、初めて自分の肩も凝っていたことに気付くという。

「いじめ」 も同様で、いじめている子は 「いじめ」 と認識しておらず、ただ 「からかっているだけ」 とか 「付き合わないで無視してるだけ」 と思っている場合がある。それがとりもなおさず 「いじめ」 なのだという認識が薄いようなのだ。

やたら気軽に 「結婚したらどうだ」 と声をかけるのが、「セクハラ」 だと思っていないオッサンが存在するのと同じである。こうしたオッサンがやたらと無神経な発言を繰り返さないようにするには、「セクハラって、お前のやってるそれだよ!」 と思い知ってもらわなければならない。

同様に、学校の子供たちにも 「お前らが軽い気持ちでやってるそれが、実は 『いじめ』 なんだよ。やられる方の身にもなってみろ!」 と、何度も何度も繰り返して言わなければならない。そうでもしないと、よほどの暴力行為でもない限り、「自分はいじめなんてしたことがない」 と思ってしまう。「肩こりなんてしたことがない」 と思っているアメリカ人みたいに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/16

日本人の 「信心」

私は今月 6日付の "「宗教」 と 「信心」" という記事で、次のように書いた。

「日本人のいう無宗教」 は、国際的な常識としての 「無宗教」 とは違う。これを一緒にされると、日本人の利益にならない。日本人は、基本的にアニミズムのままで文明社会に生きているという意味で、世界でも希有な人たちなのかも知れない。

仏教では 「山川草木国土悉皆成仏」 という。山も川も草も木も、国土まで、つまり森羅万象が仏である。釈尊が最初に得た覚りが、こういうことだったというのである。そして日本人の多くが、このことにあまり抵抗感をいだかない。それどころか、「山川草木国土悉皆成仏」 を理解するという点では、日本人は世界でも有数のレベルに達しているかもしれない。

普通の神社は鳥居をくぐって進むと拝殿があり、その奥に本殿がある。拝殿と本殿は一緒ではないのが普通だ。キリスト教の教会などでは、チャペルの奥に十字架などがあり、そちらに向かってお祈りするのだが、日本の神社では拝殿と本殿とは別で、本殿は奥に隠されているのだ。

これは多分、ことさらに隠されているのではなく、元々の日本の神社では、拝殿さえあれば用が足りたのである。神は自然と一体なのだから、とくには本殿として設定する必要がない。本殿が登場したのは、ずっと時代が下ってからだ。

今年の夏、初めてお参りした奈良の大神神社 (三輪神社) は、そうした古い形をとどめた神社である。拝殿だけで、本殿がない。ご神体は三輪山だから、参拝する人は、拝殿を通してその背後にある三輪山を拝するのである。

それは私の住む茨城県の筑波神社でも同様で、拝殿を通してご神体である筑波山を拝む。筑波山には頂が 2つあり、男体山がイザナギノミコト、女体山がイザナミノミコトとされている。

西欧的な考えでは、山そのものを神とする考えは薄いらしい。キリスト教が伝わる前のアニミズムの世界では、自然崇拝があったと考えられるが、今では、「山は乗り越えるべき障害物」 としか考えられていないようだ。

とはいえ、太古の昔の記憶が心の底に残っているから、オーストラリア・アルプスのグロースクロックナーの頂上には、「カイザークロイツ」 という大きな十字架が立てられている。天気さえ良ければ麓からも見えるほどのもので、よくまああんな岩山のてっぺんまで、重い十字架を持ち上げたものだと感心する。

先日までサッカーのワールドカップが開かれていたブラジルには、コルコバードの丘というのがあり、そのてっぺんに巨大なキリスト像が建てられている。これもまた、下からみてもよく目立つ。

西欧的発想では、山そのものは神ではないが、そこに何か信仰の対象を作ってみたくなるという程度の、アニミズムの名残はあるようなのだ。別の言い方をすれば、そのくらいでっかく目立つものでないと、信仰には結びつかない。

日本の山岳信仰でも、頂上に神社があったりするが、下から見ても目立たないような造りで、山に溶け込んでいる。そのあたりが、西欧的な発想との大きな違いだ。下から見ても目立つようなでっかい人工物なんか造ってしまったら、日本ではちょっとお門違いということになる。

というわけで、日本人の 「信心」 は、あまりにも自然に溶け込んで、教義といってもウヤムヤなので、日本人自身が 「自分は無宗教」 と思ってしまうもののようなのだ。でも、諸外国ではその程度の 「信心」 でも、「自分は○○教徒」 と言うのだけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/15

再生エネルギーそのものが破綻したわけじゃない

"再生エネ買い取り 2年で破綻 「大規模太陽光認定を凍結」" という記事が話題である。原発推進派は 「それみたことか、太陽光発電なんて、現実的じゃない」  「お前の大好きな太陽光発電なんて、しょせんあだ花なんよ」 と言わんばかりである。

しかし過去に何度も書いているように  (参照 1参照 2参照 3)、私自身は再生エネルギー推進派だが、大規模太陽光発電、いわゆる 「メガソーラー」 には、両手を挙げて賛成しているわけじゃない。「そんなにやりたければ、環境を破壊しないようにどうぞ」 という程度のことで、反対はしないが、内心では 「いささか邪道かも」 とさえ思っている。

上述の 「参照 3」 でリンクしている "「メガソーラーに暗雲」 なんだそうだが" という記事では、次のように書いている。ちょっと長いが、自分の記事から引用する。

太陽光発電の本来の姿は、「自分のところで消費する電力は、できるだけ自分のところで作る」 という、分散型発電だと思っている。せっかく発電を分散できるのに、メガソーラーなんか作って集中型にしてしまったら、またぞろややこしい利権が発生する。

というわけで、メガソーラーもあってもいいが、基本は各家庭の屋根や事業所の屋上などに設置する小型の太陽光発電パネルが、津々浦々に普及することが大切なのだと思っている。

私は何も、太陽光発電だけで電力需要を賄えと言っているのではなく、日本各地に分散した多数の太陽光発電設備で需要の多くの部分を賄えば、電力会社が原発をもつ必要はなくなるだろうと言っているのである。太陽光発電は不安定で使い物にならないという人もいるが、それは技術的には蓄電技術で解決済みのことだ。

というわけで、個人的にはメガソーラーで発電した電力を、電力会社が買い取らないなんてことに関して、「それがどうした?」 程度にしか思っていないのだが、メガソーラーで一儲け企てた人にはショックかもしれない。

ただ、太陽光発電の電力買い取りについて、電力会社が渋っているのは、利権がらみの話としか、私には思われない。ある意味、電力会社の既得権確保と一儲け狙った申請ラッシュが相まって、当初の思惑のバランスが狂ってしまった結果なのかもしれない。

はっきり確認しなければならないのは、これは政治的なぐちゃぐちゃした話なのであって、再生エネルギーそのものの展望が破綻したわけじゃないということだ。それどころか、むしろ再生エネルギーに向かわなければ、世の中がまともに回らなくなる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/10/14

日本語だと 「マッシュルーム ⊂ きのこ」 ということらしい

私は市川団十郎論で修士号を取ったくらいなので、憚りながら日本の古典的な素養はある方だと思っている。欧米かぶれという意識はまったくないのだが、一時期外資系団体に勤務して、日常的に英語で仕事していたことがあるせいか、言語感覚だけは今どきの日本人とはちょっとだけズレているところがあるらしい。

私の日本語感覚は、古典的すぎる部分と英語直訳的すぎる部分が同居しているようなのだ。それで、フツーは当たり前と思われているらしいカタカナ言葉にびっくりしてしまうことが度々ある。

例えば、「マッシュルーム」 という言葉である。スーパーで買い物をする時、他のきのこは 「しめじ」 とか 「しいたけ」 とか 「榎茸」 とか、ちゃんと種類が明示してあるのに、なぜか 「マッシュルーム」 とだけ書いてあるのがある。

いうまでもなく 「マッシュルーム」 とは日本語に訳せば 「きのこ」 のことである。「マッシュルーム (きのこ) ってことぐらい見りゃわかるし、知りたいのはきのこの種類なのに、なんでわざわざ 『マッシュルーム』 とだけ書いて、これだけ種類を明示しないのだろう」 と、私はずっと思っていた。

しかも、「きのこ」 とちゃんとした日本語で書けばいいのに、何を気取ってかカタカナ言葉で 「マッシュルーム」 だなんて、ずいぶん鼻持ちならんやり方だと、内心むかついていたのである。

だから最近になって、日本語で言うところの 「マッシュルーム」 は決してきのこ全般のことではなく、きのこの中でもある特定の種類を指しているのだと知って、ひっくり返るほど驚いた。意表をつくにも程がある。Wikipedia には次のように説明してあった。

マッシュルームは、本来英語で 「きのこ」 一般を指す語であるが、今日の日本では、ヨーロッパから導入された食用栽培種である担子菌門ハラタケ科の Agaricus bisporus (J. Lange) Imbach(英: common mushroom, White mushroom、仏: champignon de Paris)のみを指している。和名ではツクリタケと呼ぶ。

「マッシュルームというきのこは......」 なんていう、訳のわからない言い方がある理由がやっとわかった。日本ではマッシュルームときのこは同じではなく、「マッシュルーム ⊂ きのこ」(マッシュルームはきのこに含まれる」 という関係のようなのである。

でも、まあ、上述の引用にあるように、英語で "common mushroom" (普通のきのこ)、フランス語では "champignon de Paris" (パリのきのこ) というぐらいだから、いかにもカタカナの似合うきのこの代表選手ってことで、単に 「マッシュルーム」 ということにしちゃったんだろうか。

これは例えて言えば、「ビルディング」 という言葉は、英語では建築一般を指し、フツーの木造建築も含まれるのに、日本語では高層建築のことだと思われているのと似ているかもしれない。

あるいは、「味噌汁」 は 「スープ」 じゃないと思われているのと、裏返しの関係とも言える。外国人には "miso soup" なんて説明していたけどね。いやはや、まったく、なかなか込み入ったお話である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«台風をやり過ごしている