2019/07/17

ファンタスティック過ぎる英語教材

「短期間でラクに英語がペラペラになる」という通信教育というのは、「スピードラーニング」の昔から(あるいはそれ以前から)アヤシすぎるものと相場が決まっている【参照 1: "「聞き流すだけ」 というおとぎ話"、参照 2: "東京オリンピックと、英会話熱と、当たり前すぎるお話")が、「アヤシすぎる」どころか「ファンタスティックすぎる」広告を見て、一瞬啞然としてしまった。

190717

まあ、固有名詞を出してもいいと思うので書いちゃうが、"English for You" という名の教材で、これの運営会社、最近盛んにネット広告を打っている。「たった 2ヶ月で英語ペラペラに !?」というキャッチ・コピーで、最後の「!?」といのは、一体何の逃げ道なのかと思ってしまうところだ。

この広告に出てくる若い女の子は、海外旅行の入国手続きで "Have a nice day." と言われて「幅ないっすね」と聞こえ、何か悪口を言われたのかと悩んでしまうほど英語ができない。そして海外旅行を全然楽しむことができなかったために、一念発起して "English for You" という教材で勉強を始める。

1907172

ただこの広告ストーリー、"Have a nice day" すらまともに聞き取れない女の子が 1人で海外旅行するというシチュエーションに、ちょっと無理があるだろう。フツーはパッケージツァーに加わって添乗員やガイドさんに頼り切り、あまり悩むことなく楽しむと思うがなあ。

それにそもそも日帰り旅行じゃないだろうから、入国手続きのオニイサンも "Have a nice day" じゃなく "Have nice days." と複数形で言うか、「いいご旅行を」という日本語を生かすなら "Have a nice trip" なのだろうが、この英会話教材会社、そのあたりの細かいところは気にしない社風のようだ。大丈夫なのかなあと思うよね。

そしてストーリーは、寝る前に毎日何分間だか動画を見ただけで「英語がバッチリ聞き取れるし、話せるようになれたんです」ということになる。そして一番上に掲げた画像で得意気に堂々としゃべっているのが、次のフレーズだ。

"Even a train can go on a bus, but where do you go?"

先に浮かんだ「大丈夫なのかなあ」との思いは、ここで決定的になってしまう。今朝これをネタにして tweet したところ、英語翻訳のプロ、ふゆひー さんが「この英語、どう訳せばいいのか分りません(笑)」と返信してくれた(参照)。私なら仕方がないから、「列車さえもバスに乗って行けますが、あなたはどこに行きますか?」と直訳してしまうところだが、それ以上は責任がもてない。

この教材会社、自社広告のチェックをしなかったのか、しても「???」となることなくフツーに OK を出したのか、あるいは要するに、この広告全体が(出来の悪い)ジョークなのか。いずれにしても、この教材で勉強したらさぞかしファンタスティックな英語をしゃべるようになるだろうと思ってしまうのである。

 

| | コメント (2)

2019/07/16

7月の日照時間がやたら短い

関東は 7月に入ってからの日照時間がやたら短い。我が家の屋根の上の太陽光発電パネルも手持ち無沙汰なんじゃないかと思うほどだ。モニターを見ても 7月 1日から 15日までの半月で 1日の発電量が 12kw を越えたのは、13.30kw を発電した 10日(水)だけで、あとは軒並み 10kw にも達していない。

1907161

今月に入ってから発電量(オレンジ色の線)が消費量(水色の線)を上回ったのは、15日のうち辛うじて過半数の 8日だけだ。半月トータルでも、発電量が消費量をわずか 0.8kw 上回っているだけである。太陽光発電をしている甲斐がほんの僅かながらあるというのが救いといえば救いだ。

ちなみに 2、3日と 10、11日の天気が良かったのは、晴れ男の私がそれぞれ信州と関西に出張したからである。10、11日の関西は、関東ほどではなかったが、日中はなんとか天気がもった。13、15日も私の関係する野外行事があったので、日中はおおむね降らずに済んだ。私の晴れ男振りはなかなかしぶとい。

先月までは天気が順調で、5月と 6月のデータは下の画像の通り。5月なんて、発電量が消費量を下回ったのは 3日しかない。

1907162

6月に入り、7日に関東甲信の梅雨入りが発表されたが、3〜4日ぐずついただけで、あとは比較的順調だった。梅雨前線は南九州に停滞して大雨を降らせたが、関東までは北上してこなかったのである。ところが 28日を過ぎてから本格的にぐずつき始め、お天道様を拝める時間がやたら少なくなって今日に到っている。

1907163

予報会社のウエザーマップによれば、来週は「梅雨明けラッシュ」になるらしい(参照)。沖縄は既に梅雨明けしているが、九州南部から東北北部まで、東北南部を除いて 23日から 26日にかけて梅雨明けになるとの予想である。ちなみに東北南部も29日には梅雨明けになると予想されている。

関東甲信の梅雨明けは 23日との予想だ。ようやく月末近くになって、夏らしい発電量が期待されることになる。さらに 27日の土曜日はまたまた私の関係する野外行事(しかも信州の山)が予定されているので、ありがたい。

 

| | コメント (0)

2019/07/15

「ほうれい線」巡る冒険 その2

昨日は「ほうれい線」の語源が中国の面相学でいうところの「法令紋 - 法令線」からきているらしいというところまで書いた。「法令紋」というのは、これをキーワードにしてググって見ると、中国語のページがいくらでもヒットする。

190715

上の画像はその中の 1つで、「面相大全」というものだ。これを見ても、語源は「法令紋」なのだろうと無理なく納得できる。

ただしかし、今度は「面相学」とやらではどういうわけで「法令紋」なんていうのかが気になって眠れなくなってしまうので、いろいろググってみた。もしかして中国語のページではきちんとした説明があるのかもしれないが、こちらとしてはそれをちゃんと読めないのが痛恨である。

で、日本語のページでなんとか「それらしいかもしれん」とまでは思えたのが、「人力検索はてな」のページで、次のようにある(参照)。

東洋医学の元をつくった医師たちは、まっすぐに歩きにくい状態の人をみて、
法令線も、左右対照でないから、
【人間としての道を 真っ直ぐに生きる人 → 法令の線を歩ける】
左右の太さと長さが違う人は、骨盤が曲がって、真っ直ぐに歩けなくて、
【人間としての道も真っ直ぐ歩けない人 → 法令を守れない 】
・・と
お顔のシワを見て、骨盤の異常を見分けられたので、・・・こんな、
たとえ方をしたので、【法令線】という名前になりました。

まあ、これで完全に納得したわけではないが、「法令紋が左右対称でない人は骨盤も曲がっていることが多いので、人としての道を真っ直ぐにあるけず、従って法令を守りにくい」という話からきているという「説もある」ということである。ここから先へは今のところ一歩も進めないので、この辺りで一段落つけるしかない。

とにかく、「ほうれい線」の語源は中国面相学の「法令紋」であり、それを長寿の象徴としてご都合主義的に「豊麗線」とか「豊齢線」とかいう当て字で書き習わしてきたことまではよくわかった。一応それで納得しておこう。

ただ、「長寿の象徴」であった「豊麗線」や「豊齢線」のイメージが、長生きが当たり前になった現代に至って一転し、「年寄りくささの象徴」として忌み嫌われるようになったのは、まったくもって皮肉なことである。そして「厭うべきもの」になったとたんに、発音はそのままで表記だけ平仮名にしてしまったというのは、なんだかずいぶんあざといことのように思えてしまうなあ。

| | コメント (0)

2019/07/14

「ほうれい線」を巡る冒険

近頃、新聞や Web で「ほうれい線対策」の広告をよく目にするようになったが、「ほうれい線って、漢字でどう書くんだろう?」と気になりながら、忙しさに紛れてずっと調べていなかった。今朝になって急に思い立ってしまって手持ちの「大辞林」アプリで調べてみると、なんと「豊麗線」という表記の項目が見つかった。

190714

語義としては "鼻の横から口角にかけて「八の字」型に広がるシワのこと" とあり、「鼻唇溝(びしんこう)」という即物的な医学用語もあるという。さらにおもしろいことに、「豊齢線」「法令線」という表記もあるという。

いやはや、驚いた。ただ、この類いの広告で「豊麗線」なんて書いてしまったらあまり対策するモチベーションを喚起しないだろうから、敢えて「ほうれい線」とひらがな表記でぼかしているのだろうね。

ただ、「豊齢線」はまだ理解できるが、「法令線」とは一体どういうわけでそう表記するのだろうか。「ほうれい線」の表記の奇々怪々さに関する興味が俄然湧き上がってしまった。

ただこれついては、Wikipedia であっけなく解決してしまった。「語源は中国の面相学における『法令紋』に由来する」とある。あまりあっけなくて拍子抜けしてしまったので、念のため Wiki の記事の「脚注・出典」にある 「Goo 辞書」に飛んでみると、次のようにある。

ほうれい‐せん〔ハフレイ‐〕【法令線】
人相学(観相学)で鼻唇溝 (びしんこう) のこと。
[補説] 語源未詳。中国の面相学では法令紋という。また、長寿のしるしとして豊齢線、豊麗線とも書く。

へえ、「大辞林」なんかより「Goo 辞書」の方がずっとしっかりとした解説がしてあるじゃないか。つまり元々は中国の面相学からきた 「法令紋 ‐ 法令線」が正しくて、「豊麗線」や「豊齢線」はご都合主義の当て字のようなのだ。念のため「法令紋」でググってみると、中国語のページがいくらでも出てくるので、信用していいだろう。

と、本日はここまで。全体としてはちょっと長くなりそうなので、ここから先は明日付けにまわすことにしたい。

 

| | コメント (0)

2019/07/13

東京オリンピックの観戦チケットがそんなにまで欲しいのか

Newsphere が "「空前絶後の人気に」東京五輪でチケット争奪戦 国内外で高い需要" と伝えている。東京オリンピックの観戦チケットの需要が異常に高いのだそうだ。

190713

このニュースには、次のような記述がある。

首都圏に住む 3,500万人の人々が観戦チケットの入手を希望した。観戦チケットが無償で配布されたり、売れ残ったりしていた前回のリオデジャネイロオリンピックとはまったく対照的な状況である。

日本の首都圏人口は 3,800万人と言われているから、「3,500万人の人々が観戦チケットの入手を希望した」というのは何かの間違いとしか思われない。ただ、いずれにしても異常な状況だ。前のリオデジャネイロ・オリンピックでは無料チケットを配ってもさばききれなかったというのだから、国民性の違いはすごいものだ。

夏の一番暑い時期に汗水垂らして会場まで行き、長い行列に並んで会場に入り、終わればまた行列に揉まれて電車に乗って帰ってこなければならない。一体何がいいのだろうと思う。私なら、チケットが無償配布されたとしても行く気にはならない。

「テレビで観ればいいじゃないか」というのがまともな見解だと思うが、私はテレビでもリアルタイム観戦にはあまりそそられない。競技の結果はニュースで知ればいいし、注目すべきシーンは録画で繰り返し見せられる。リアルタイムで観るという必然性はほとんどないんじゃなかろうか。

あるいは自分の大好きな種目なら、ナマで観戦したいという気持ちもわからないではない。わからないのは、関心がなくてルールすら詳しく知らないような種目まで観戦チケット購入を申込み、当たったと言っては跳び上がって喜んでいる人たちの気持ちである。

とくに好きでもない種目の観戦チケットの購入申込みなんかしたら、本当に好きで観戦したい人のチャンスを奪うことにつながってしまう。それは申し訳ないことと感じるのがまともな感性なのではなかろうか。

あるいは当たって入手したチケットを転売して利益を得ようとしているヤツが多いのかも知れないとも思ったが、実際にはいろいろな規制があってそれは困難らしい。まあ、いくら困難でも規制の穴を突いて転売してしまうヤツもいるのだろうが、個人的にはそれも面倒としか思われない。

転売チケットを買う側にだって面倒とリスクは付きまとうだろうから、うっとうしさが先に立つ。まったくもってよくわからない世界である。そのよくわからない世界に、驚くほど多くの日本人が殺到しているというのだから、本当に啞然とするしかない。

 

| | コメント (4)

2019/07/12

古文書の「くずし字」を解読するシステム

"日本文化と今をつなぐ。Japaaan" というサイトに、”便利すぎるこれ! 古文書や浮世絵のくずし字を自動解読してくれる無料の「AI くずし字認識」が素晴らしい!" というページがある。古文書などのいわゆる「くずし字」(草書、変体仮名など)を現代の文字に変換してくれるツールが開発されているというのだ。

190712

文字解読はインターネット上で行われるので、読み取りたい文書はブラウザに画像として表示されなければならない。つまり手元にある紙ベースの古文書を読み取りたいと言っても、それは無理なのだ。

とはいえ読みたい古文書をその場で写真に撮り、その画像を自分の SNS などにアップしてしまえばブラウザに表示されるので、決して「使い物にならない」というわけじゃない。ただ解読は文字単位で行われるので、1文字ずつ解読操作を行わなければならないというのが、ちょっと手のかかるところだ。文単位ですらすらと解読されるというわけじゃないらしい。

上の画像を見ても、浮世絵師、歌川國芳の 「國」という文字らしき 1文字を解読して、ちゃんと「國」という文字であるという可能性が 55.4%であると示されている。さらに本文中には下のように、「ふ」らしき文字の解読を行って、「ふ」である確率が 83.8% であるということを示す画像もある。ただ、このくらいは別にこのシステムに頼らなくても結構読めちゃうよね。

Japaaanimage42

実際のところは、「ふ」の一文字を判読するよりも、この文字を含む文節をすらりと読めるということの方が重要で、役にも立つ。そしてそれをしようとすると、「ふ」の文字よりもその下の文字(下の画像の三文字目)の方がずっと厄介だ。

1907124

実はこの文字、「扁」の草書体に濁点が付いているので「べ」だ。だから 4文字で 「いふべし」、つまり「言うべし」と読めばいい。古文書を読む場合には、文字単位でチマチマ認識するよりも流れで読まないと一向に前に進まない。

ただ実際には、「この一文字、何と読むのかなあ」とやたら迷い、その一文字がわかりさえすれば文全体が一挙に解決するという場合もある。この認識システムはそうしたケースでこそ役に立つだろう。

これに頼って文字単位で読む進むのでは日が暮れてしまうから、古文書を読もうというなら、普段からある程度慣れておくことが必要だ。

【7月 16日 付記】

わざわざ言うまでもないことかもしれないが、「古文書」は「こぶんしょ」ではなく「こもんじょ」と読んでいただきたい。念のため。

 

| | コメント (0)

2019/07/11

二泊三日の関西出張で、関西文化に浸る

昨日の夕方、奈良から大阪に移り、今日は大阪で一仕事終えて新幹線で家路についている。二泊三日の関西道中だった。

190710_20190710183801

奈良から大阪なんばまでで近鉄線の急行で移動したのだが、後ろの席に座った大阪のオバチャン 2人がその間の 1時間ぐらいずぅっと他愛もない話題でしゃべり通しで、「さすが大阪!」と感嘆した。どういうわけか大阪のオバチャンというのは、いくらしゃべり続けてもなぜかうるさく感じない。

これが東京山の手のマダム同士のおしゃべりだったら、10分間聞かされただけで気に障って「少しは静かにしててくれんか!」と思ってしまうのだが、文化の違いというのは不思議なものだ。一節には、大阪のオバチャンのおしゃべりは「人の悪口を言わん」から気に障らないのだという。確かに大阪のオバチャンは自分のアホさ加減を笑い話にしても、人のことは悪く言わない。

というわけで、昨夜はなんばのビジネスホテルに泊まった。夕食を食うために外に出ると、かの有名な「なんばグランド花月」から千日前のアーケードにかけて、いかにも大阪の「みなみ」の雰囲気で、勤め帰りの混雑が始まっていた。

個人的印象だが、大阪人はとにかくよく肉を食う。焼き肉だのホルモンだの焼き鳥だのの店がずらりと並んでいるが、私は近頃肉を食わないと決めているので、入る店がない。しかたなく日本中でお馴染みの「丸亀製麺」でうどんを食った。そこでお目にかかったのが、「天ぷら用 だしソース」というもので、これ、関東や東北の人間にはとんと馴染みがない。

1907102

6年前に「ソースで天ぷらを食う文化」「ソースで天ぷらを食う人たちは、鉄板系コナモンも好き」という 2本の記事を書いているが、大阪とか広島とかに出張すると、そのことをしみじみと再認識する。日本文化の「多様さ」というのは、「小さな違いが大きな違い」的なものだと思っている。

 

| | コメント (2)

2019/07/10

2100年の夏は、とんでもない暑さになるらしい

温暖化対策が十分に取られない場合、81年後の 2100年の夏の東京は 43.3度の暑さになってしまうと予測するビデオを環境省が発表した。夏だけでなく、2月でも熱中症になるほどの気温が常態化するという。

190710

上の写真をクリックすると、環境省作成の ”「2100年未来の天気予報」(新作版)を公開しました” というページに飛ぶ。行った先で画面をやや下方向にスクロールすると(この一手間かかるのが、お役所のページの作り方のちょっとウザいところ)、ビデオ画面が左右に 2つ並んでいる。

左側が <2100年 未来の天気予報 『1.5℃ 目標』未達成・達成 夏> (10分18秒)で、右側が <2100年 未来の天気予報 『1.5℃ 目標』未達成・達成 冬>(8分30秒)というタイトルだ。いくらお天気キャスター役にアイドル(名前はビデオ中で自分で名乗ってたけど忘れた)を起用しても、このタイトルのまどろっこしさにはやっぱりお役所仕事を感じてしまうなあ。

要するにどちらのビデオも、産業革命以前からの気温上昇を 1.5℃ に抑える目標を達成できなかった場合と、できた場合の 2通りの 2100年頃の天気予報を紹介している。左がその「夏版」で、右が「冬版」というわけだ。

達成できなかった場合は、東京の夏の最高気温がごくフツーに 43.3℃ ぐらいの 「激暑」になってしまうという。風呂の湯温がそんなに高かったら、熱くて入れないレベルだ。

そして気温上昇を 1.5℃ に抑えることに成功した場合でも、夏の最高気温は日本各地で 40℃ 内外というのが常態化するという。まったくもって「即物的に生きづらい」時代になる。私や私の子どもたちの世代はそこまで生きていないが、だからと言って「後は野となれ山となれ」で済ませるわけにいかない。

実際問題として 2100年まで待たなくても、既に夏の猛暑はひどいレベルになっているし、雨の被害も甚大だ。温暖化対策は急務なのだが、安倍政権はこの問題に真剣に取り組んでいるように到底思えない。参院選での私の投票基準は、ここに置きたいと思っている。

ちなみに現時点で地球上の再生可能な森林面積は米国全体の広さぐらいあって、その面積の再生に成功すれば、過去 100年近くの CO2 排出量を相殺できるという論文があるらしい(参照)。ただ、森林再生には長い時間がかかるので、今の勢いで温暖化が続くと、再生可能な面積は 2050年までに 5分の 1 に減ってしまうというのだ。

このままだと、人類は「滅亡の道」を辿っているわけで、「それまでには、はかない命への未練を捨てちゃいましょうね」という話だ。個人的には「命への未練ぐらいなら捨ててもいいや、別に」なんて思っているが、未来世代全体にそのツケをまわすのはちょっと心苦しい。ということは、今、ぐずぐずしている隙はないのだね。

 

| | コメント (0)

2019/07/09

JASRAC を通さない「草の根音楽文化」を創りたいものだ

ふゆひー さんが で "JASRAC 音楽教室に「潜入」2年 主婦を名乗り" という朝日新聞の記事に関して "あくまでも感情的なコメントではあるが、少なくとも「音楽」を名乗ってほしくないな、この協会には" と tweet しておいでだ。私も同感である。

1907091

この記事は、JASRAC が職員を音楽教室に「生徒」として送り込んで、いわば「スパイ活動」をさせ、レッスンで練習曲として使われていた曲に関して著作権料を支払えと要求しているというものだ。あくまでも個人的な考えだが、音楽教室のレッスンに使った曲に著作権を主張するなんて、あこぎにもほどがあるだろうよ思う。

そんなことをしていたら、日本の音楽文化をスポイルしてしまうことにつながると思う。つまり JASRAC は自分で自分の首を緩やかに絞め続けているわけで、本当に付き合いきれない団体だ。

ちなみに上の図は、JASRAC 自身がウェブサイトで主張している著作権管理の方法である。左は作詞・作曲をした著作者自身が管理するケースで、右が JASRAC に管理を委託するケースだ。メジャーな音楽の場合は著作者自身では管理しきれないから、ほとんどは右側のケースとなり、JASRAC がしゃしゃり出てくることになる。

それだったら私としては、JASRAC を通さないケースを増やしていけばいいと、単純に思ってしまうのだよね。

多くの一般人が草の根音楽家となり、自分で音楽を作ればいいのだ。そして仲間内の作品を著作権フリーでシェアし合って演奏して楽しむのである。どうせ我々オッサンは同窓会の二次会でカラオケに行っても、平成以降の歌なんか歌えないんだから。もうこれ以上新しめの曲なんかいらないんだし。

こう言っちゃナンだが、私だって自作の曲は何十曲も持ってる。昔、シンガー・ソングライターをしていた頃はあちこちのライブハウスで歌ったものだが、JASRAC に登録なんかしていない。だから仲間内の誰かがどこかのライブハウスで歌ったりもしているようだが、著作権料をもらおうなんて、これっぽっちも思っていない。

そもそも音楽創作というのは、一握りの専門的作詞家、作曲家に独占されるようなものじゃない。ちょっと慣れれば誰でも歌を作れるのだ。多くの民謡、フォークソングは、元々そうしたものである。名も知らぬ誰かが作って歌い継がれるのが、民衆の歌の本来の姿なのだよ。

そうした曲を今の世に増やして、JASRAC とは別の世界でスタンダードを作って行くことも、決して不可能じゃないだろう。「何を夢物語のようなことを」と言われるかも知れないが、今はインターネットがあるから、曲の共有は難しいことじゃないからね。

「草の根音楽文化」を作って行くって、なかなか楽しいことじゃないかと思うがなあ。

 

| | コメント (0)

2019/07/08

再び言う。「丸山穂高をガス欠にするには、シカトし続ければいい」

マスコミや「文化人」みたいな人たちも最近ネタ不足なのか、またぞろ「丸山穂高批判ネタ」で盛り上がろうとしている(参照)。私が 5月 21日付の「丸山穂高をガス欠にするには、シカトし続ければいい」という記事で書いたように、本当は無視し続ける方がずっといいのだが。

190708

丸山穂高ネタは最近ちょっとほとぼりが冷めかけていたが、取り上げさえすれば確実に盛り上がるから、マスコミもつい思い出したように触れてしまう。ある意味「おいしいネタ」なので、今になって改めて批判するのはどちらかと言えばマスコミや批判する人間の側の都合が大きい。

その結果はご覧の通り、丸山穂高議員にわざわざガソリン補給して元気づけているだけだ。彼が「食えないヤツ」ってことはとっくに知れ渡ってるんだから、今さらのように通り一遍の批判をしたところで、とくに新鮮味はない。

それにしても彼の容貌は、まるでジャニーズ系気取りの Twitter のプロフィル写真に比べると、北方四島ビザなし訪問の時は少し酒太り(?)気味だった。それが最近はちょっとやつれ気味のように見えるから、案外ストレスが外見に現れやすいタイプなんだろうね。Twitter で強がりを言っても、カラダは正直だ。

ただ下手すると「"シカトし続ければいい" なんて言ってたくせに、お前自身もまたぞろ取り上げてるじゃないか」なんて言われかねないので一応断っておくが、私が「何だかなあ」と思っているのは、丸山議員本人についてではない。彼については私の中で既に処理済みで、「一丁上がり」である。むしろわかりきった丸山批判をして、わざわざ話題作りしてやっているマスコミや東国原氏などのお歴々の方がうんざりだ。

私は今さらのような丸山批判にはほとんど興味がない。ただ、「丸山穂高という男が、どうしてこんなヤツになってしまったのか」ということを探ったルポルタージュなら読んでみたい気がする。「あのキャラは、どんな生い立ちの結果なのか」というストーリーをつぶさにレポートしたら、もしかしたら逆説的教訓になるかもしれない。

しかしそれを書くには周囲の証言も含めて徹底取材しなければならないので、結構な時間と手間と経費がかかる。そんなわけでマスコミとしては、時々ありきたりの批判を繰り返して視聴率を稼ぐ方がずっと楽なのだろう。

この件であんまり長くなると、意に反して「ガソリン補給」につながりそうだから、今日はこの辺でおしまい。

 

| | コメント (0)

«永六輔さんの祥月命日が本日である理由