2017/11/20

私は 「がん家系」 には属していないみたいなので

"「がん家系」 に属するかどうか、判別する 3つのポイント" という記事がある。それによると、がんになる要因は 「老化により DNA に傷がつく加齢要因と、親から原因遺伝子の変異を受け継ぐ遺伝要因」 の 2つが主なものだという。

171120

私の父と父方の伯父・伯父は 4人のうち 3人が肺がん、1人が 舌がんで死んだし、母方の伯父 2人も胃がんで死んだ。 だから私は 「自分はがんになる遺伝子を受け継いでいる」 と信じて生きてきたのである。

ところが舌がんについては定かではないが、肺がんと胃がんは、肝がんとともに、遺伝リスクが小さいとされていて、喫煙とアルコールという生活習慣の要因が大きいんだそうだ。そういえば、父方の 3人はかなりタバコ好きで、母方の 2人は大酒飲みだったからなあ。

そうなると、私の 「がん家系」 のリスクは小さい。とくに私はこの 40年以上、タバコは 1本も吸ってないし、最近は酒もあまり飲まないから、肺がんにも胃がんにもなりにくいだろう。

私は今日の今日まで 「肺がんが胃がんで、あっさり死ねるだろう」 と思っていたのだが、どっこい、そうは問屋が卸してくれないようなのだ。別の死に方も想定しておかなければならない。ちなみに遺伝要因の強いのは、大腸がんなんだそうが、身内には大腸がんになった者は 1人もいない。

私は生きるのも死ぬのも苦にならない。死ぬならいつでも OK と思っている。面倒なのは、死に至るまでの闘病プロセスだ。だから病に伏せている期間はできるだけ短くして、あっさり死にたい。ところが、胃がんにも肺がんにもなりにくそうだとなると、その他の死に方があまり現実味を持って想定されないので困っている。

何しろ 65歳の前期高齢者になっても、ブログの更新を 13年以上 1日も休まずに済むほど丈夫で健康なので、この分だといつまで生きるか知れたものではないのである。生き続けるのは苦にはならないとはいうものの、ある程度のところまで行ってしまったら、きっと面倒くさくなるだろう。

そのあたりの折り合いをどう付けて行くかが、高齢者の仲間入りをした人間にとっての重要課題になるだろうという気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

茨城はイメージ最悪だが、案外住みやすい?

先月は 「茨城県が 5年連続で 「魅力度ワースト」 の指定席に」 というニュースを伝えたが、そうかと思うと、日経 BP 総研というところの調査によると、茨城県南にある守谷市 (ウチのすぐ隣の市) が 「住みよい街」 ランキングで 1位になったのだそうだ。(参照 写真は 「つくばエクスプレス」 の守谷駅)

1711192

さらに東洋経済による 「住みやすさランキング」 では、関東・東北ブロックで茨城県の守谷市、つくば市がそれぞれ、2位、3位に入っている (参照)。ちなみに 1位は千葉県の印西市というところだった。抽象的な 「魅力度」 では、茨城県は最悪だが、具体的な 「住みやすさ」 ということだと、かなり上位にランクされるもののようだ。

そりゃ、茨城県は、気候はいいし、雪はめったに降らないし、首都圏にそこそこ近いし、「住みやすさ」 という点ではポイントが高い。イメージは最悪だが、棲んでみれば悪くないというわけだ。

ただ、この 「住みやすさ」 の調査というものには、ちょっとしたカラクリがあって、駅の周辺にそこそこお洒落な公園があり、病院や医者がきちんと集積していて、学校や商業ビルもあるということだとポイントが高くなるらしい。その逆に、風俗店や小汚い横丁があったりすると、ポイントが下がる。

守谷市の街作りは、意図したものが、あるいはたまたまそうなったのか知らないが、こうした条件をうまく満たしている。要するに 「小洒落た街並み」 と 「安心感」 が両立しているというわけだ。茨城県南の新興都市は、つい最近まではスカスカの状態だったのを都市計画でうまくまとめたという歴史があるので、こうした 「住みやすさ」 といった調査には高得点を得やすいもののようなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/18

日馬富士の 「ビール瓶暴行事件」 のわけのわからなさ

横綱日馬富士の 「ビール瓶暴行事件」 というのは、つくづくわけのわからないニュースである。日馬富士はただただ謝るばかりだし、被害者の貴ノ岩という相撲取りも詳しいことはあまり語らない。その師匠の貴乃花は被害届を出したまま、何を考えているのかよくわからないし、周囲の証言はそれぞれ食い違うしで、付き合いきれない。

171118

新聞でもスポーツ面の相撲担当記者なんかは 「なにしろ相撲界のことだからなあ」 と妙にわかっちゃってるのだろうが、社会面担当の記者なんかは 「相撲界って、一体何なんだ?」 と呆れていることだろう。世間の常識があまり通用しない。

当初は日馬富士という力士の 「酒癖の悪さ」 が取り沙汰されていたが、時が経つにつれて、相撲協会という組織のわけのわからなさの方がそれ以上に際立ってきている。つくづく 「割り切れない業界」 と言うしかない。

当初のニュースでは 「ビール瓶で殴った」 とあり、そうかと思うと、同席していた白鵬は 「殴っていない、ビール瓶は手からすべり落ちた」 と言うし、「馬乗りになって 30発ぐらい殴った」 という証言もあれば、「それほど殴っていない」 という話もある。「両者はすぐに和解し、翌日には貴の岩も元気に巡業に参加していた」 という証言があるかと思うと、親方の貴乃花は被害届を出して 「徹底抗戦」 なんて言っているらしい。

そもそも、普通の酔っ払い同士の喧嘩なら、馬乗りになって 30発も殴る前に周囲が止めに入る。本当に 30発も殴ったというなら、周囲がおもしろがって眺めていたとしか思われない。よくよくヤバい状態になって、初めてマジにやめさせたんだろう。てことは、日馬富士という相撲取りは、よほどぶち切れていたものと見える。

まあ、殴られたとかぶち当たったとかいう場合の怪我は、翌日よりも 2日ぐらい経ってからの方が痛みが増す場合もあるとはいえ、この場合は当初の診断をした医師までもが 「そんなに休場するほどのことか?」 と首を捻っているというのだから、部外者としては、もはやあまり深く考えるのも馬鹿馬鹿しくなる。

元々わかりにくい相撲協会の体質だが、さらにここにきて、貴乃花というエキセントリックな異分子が、ますますわかりにくくしているという印象だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/17

飲食店の受動喫煙対策の大幅後退

飲食店の受動喫煙対策で、厚労省の原案が大幅に後退してしまうらしい。まったくもって、「厚生労働省」 という名の付くお役所のやることと思えない。

1711172

もっともこれは、自民党のオッサン議員の抵抗によるものらしい。自分たちが飲み屋や飲食店で好きなだけ煙草を吸いたいので、「規制強化は中小飲食店の存続に関わる」 なんて言って、完全禁煙に反対しているのだ。

オッサン連中は、店舗面積 150平方メートル以下なら喫煙を認める方向で持っていきたいらしい。それならそれでいい。こちらはそうした店には立ち入らないようにするだけだ。しかし問題は、地方都市での外食である。

私は出張で地方都市を訪れることが多いが、小さな街ほど受動喫煙対策を行っていない飲食店が多い。ドアを開けて店に入っただけで 「うっ!」 となるほど煙だらけのことが少なくないのだ。そんな店でメシなんか食いたくないので、コンビニ弁当を買って、ホテルの部屋で済ませることも度々である。

つまり喫煙対策をしっかりしていない飲食店は、スモーカーにはありがたいだろうが、今や人口のマジョリティとなった非喫煙者を閉め出していることになる。自ら 「機会損失」 をしているわけだ。私としては 「勝手に損してろ!」 と言うばかりである。

高校時代の同窓会に出席すると、今や完全少数となった喫煙者は、会場の外でちまちまと寄り集まって煙草を吸っている。ちょっと前までは会場の隅っこで細々と吸っていたが、今やそれもできない雰囲気になっているのだ。

ところがなぜか、自民党のオッサン議員連中だけは堂々と、そうした健全な流れに逆らっているようなのである。権力を持ってしまうというのは恐ろしいもので、我々はこんな連中に政治を任せているわけなのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/11/16

仕事用名刺から固定電話番号を外した

私はいつまでもぐだぐだとフリーランスとして仕事をしていて、一応自宅をオフィスとして使っているのだが、このほど自分の名刺から固定電話番号を削除して、住所の他はケータイ番号とメルアドだけにした。

171116

ちょっと前までは FAX 兼用電話を使っていて、名詞にも "TEL & FAX" としてその番号を表示していたのだが、最近 FAX を取り外して小さな固定電話だけにしたので、この表示自体が具合悪いものになっていることに気付いたのである。(参照

で、「& FAX」 の文字を削除するだけに留まらず、「いっそのこと、まるごと消しちゃえ!」 とばかりに、「電話はケータイに一本化」 ということにしたわけだ。電話で伝わりにくい面倒くさい話は、FAX ではなくメールでお願いすることになる。

「FAX がないと、不便だろう」 と言われることがまだあるが、そんなことはない。大抵のことはメールで事足りるから、事実この 2年以上 FAX なんて使ったことがない。今どき仕事上で 「FAX でないと困る」 なんて言い出すような相手は、とても安心して付き合えないし、インターネットの使えない個人相手だったらとくに急ぐこともないから郵送すればいい。

3年ぐらい前までは、両親の世代の親戚が固定電話にかけてきていたが、彼らのほとんどは既にあの世に行ってしまい、その子どもの世代は大抵ケータイで連絡を取り合っている。フリーランスの身としては、仕事上の通話もほぼ 100%ケータイだし、固定電話を使うことはほとんどない。

時々固定電話にかかってくるのは、99.9% がアヤシい営業電話か選挙の投票依頼なので、最近は出ないことにしている。大事な仕事の話なら、初めからケータイにかかってくるので、それで全然不都合はない。

じゃあどうして何時までも固定電話回線をもっているのかといえば、インターネット回線とセットで契約してしまってあるので、いつまでもそのままになっているだけだ。そのうち取り外してしまうことになるかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/11/15

七五三を巡る冒険

今日は七五三なんだそうだ。慣習では数え年の 3歳と 7歳で女の子、5歳で男の子のお祝いをするということになっているようだ。我が家は娘ばかり 3人で、数えてみると昭和 58年から平成 5年までの 11年間に、6回も七五三参りをしたわけだ。この間は平均 2年に 1度以上で、お宮参りにもすっかり慣れてしまった。

1711151

最近では男女平等という建前なのか、男の子も女の子も 3回祝うこともあるらしい。そんなことだと、我が家は 11年間で 9回もお宮参りをするところで、とくに昭和 60年からは 7年連続と、結構な負担になってしまうところだった。こればかりは男女平等でなくて本当によかった。

ところで私自身は七五三を祝ってもらった覚えがない。私の同窓生もほとんどそんな記憶がないという。この行事は比較的歴史が新しく、Wikipedia によると、「天和元年 11月 15日 (1681年 12月 24日)  に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第 5代将軍である徳川綱吉の長男) の健康を祈って始まったとされる説が有力である」 とある。奇しくも最初の七五三は、新暦ではクリスマス・イブだったのね。

そして 「現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった」 とある。昭和 20〜30年代初期という時代は、私の生まれた陸の孤島、山形県庄内地方までは伝わっていなかったものらしい。雑誌やラジオなどで 「七五三」 という行事があることを知ってはいたが、自分たちとは無関係のものと思っていた。

私が高校生になる頃には、庄内でも七五三がちらほら祝われるようになっていた記憶があるので、ということは、関東から伝わってくるまでに 280年以上のタイムラグがあったわけだ。日本も結構広いものである。ちなみに仙台出身の妻は七五三を祝ってもらったという。さすがに仙台は東北の東京である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/11/14

都道府県魅力度ランキングで、山形県は東北最低らしい

先月 11日付で "茨城県が 5年連続で 「魅力度ワースト」 の指定席に" という記事を書いたが、よく調べてみると、私の生まれた山形県は、東北 6県の中で魅力度最低なのだそうだ。産経新聞が今月 13日付の記事でしっかり伝えてくれている (参照)。

171114

例の 「都道府県魅力度ランキング」 というのは、東京の民間調査会社の 「ブランド総合研究所」 というところがまとめているものらしいのだが、この調査の結果は、東北では宮城県の 13位が最高で、以下は青森県 17位、秋田県 24位、岩手県、福島県がともに 34位。そして山形は 38位だったらしい。

要するに、私が現在居住する茨城県は魅力度が国内最低で、生まれ育った山形県は東北で最低なのだ。つくづくアピール度の低い地域に縁があるみたいなのである。

もっとも山形県といえども、ずっとこんなに評価が低かったわけでもないらしく、この調査が始まった 平成 21年には 24位で、岩手県や福島県よりは上位だったようだ。ところがこの 8年の間に徐々に低落傾向を示し、昨年は 37位、今年は 38位となってしまったという。

山形県以外の東北 5県は、それなりに観光誘致などのプロジェクトを強化しているが、山形県では吉村美栄子知事が 「このランキングを知らなかった」 というのだから、まあ、呑気なことである。「きてけろくん」 というゆるキャラを作って、少しはアピールしているつもりらしいが、ほとんど知られていない。

しかし、まあ、山形県出身の私としては、それでいいんじゃないかと思う。妙におかしなことをして観光客を呼び集めるより、自然体でのんびりやっていくのが、山形県らしい。こんな調査で上を狙うより、悠々と下位に甘んじている方が精神衛生にいいんじゃないかとまで思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

「地球温暖化」 というより 「極端化」 という印象

今月になってから、比較的いい天気が続いて、我が家の太陽光発電が順調に働いてくれている。先月に比べるとありがたい限りである。下の写真の左上が今月 12日までの推移、右下が先月の実績だ。これを見ると、先月は 11日以後の天気が思わしくなく、とくに 25日までの 2週間の発電実績は惨憺たるものだった。

 

171113

グラフのオレンジ色は発電量が消費量を上回っていることを示し、水色はその逆を示す。先月半ばは水色基調で、13〜16日と、21〜22日なんて、遅くやってきた台風 21号と 22号の影響で、ほとんどまともに発電していないことがわかる。その後も晴れが続いていない。天気が悪いと洗濯物を乾かすのに乾燥機を使うので、電力使用が増えてマイナスが拡大してしまう。

ところが月末の 30日から 11月にかけては一変して、晴れ基調が続いているのがわかる。こうして太陽光発電のモニターをチェックするだけで、近頃の天気はかなり極端な傾向に振れていると読み取れる。

10月から 11月にかけての季節は、ちょっと前までなら 1年で最も過ごしやすい季節だった。台風シーズンは過ぎて、暑くもなく寒くもなく、夏の疲れを取るのに絶好の季節だったのである。ところが最近は、9月末まで暑い夏が続き、10月の声を聞くと、夏と初冬が交互に繰り返されるので、かえって疲れる。

今年の 10月初めなんて、やたらと寒い日が続いて、「いきなり冬が来ちゃった気がするね」 なんて言っていたのに、急に思い出したように 2週続けて週末台風が荒れ狂い、南の暖かい空気をまき散らした。それが一段落すると、また寒気が吹き降ろしてきて、私は 11月初めは北海道に出張していたので、雪道の運転をする羽目になった。

関東も今週末には冬の寒さになるらしく、最近は心地良い秋の季節感を感じる日数が本当に減っている。「地球温暖化」 なんていうから紛らわしいが、実は 「極端化」 なんだという思いが、年ごとに強まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

バスの終点 1つ手前で乗客がいなくなっても……

毎日新聞が 「<岐阜バス> 終点手前で運行打ち切り 行政指導受ける」 というニュースを伝えている。私はこのニュースの前半部分を読んで、「終点の 1つ手前で乗客がいなくなった場合は、終点まで行かずにそこで運行を打ち切るように」 という行政指導を受けたのかと思ったが、何と、話は逆だった。

171112

ニュースによると、岐阜バスは、各務原市役所前から新那加駅北口へ向かう路線で、終点の一つ手前の新那加駅で乗客がいなくなったため、運転手が自主的判断で運行を打ち切ったのだそうだ。空のまま終点まで走っても、時間と燃料が無駄なだけで、さらに無駄な運行を打ち切れば CO2 排出減少にもつながるのだから、私としては 「グッジョブ!」 と言わせてもらいたいほどのことだ。

ところが、道路運送法では事前に届け出をすれば終点の一つ手前で乗客がいなくなった際に運行打ち切りを認められているが、岐阜バスはこの届け出をしていなかったために、問題視されてしまったのだという。

岐阜バスの総務部長は 「公共交通機関としてあってはならないことで、再発防止に努める」 と語ったというのだが、いやいや、「あってはならない」 なんてことでは、全然ないだろう。私としては、「このフレクシブルな対応の、どこがいけないの?」 と言いたいぐらいのものである。これで不利益を蒙る人が、どこにいるというのだ。

それに、「終点の 1つ手前での運行打ち切り」 という措置の 「事前届け出」 なんて、そんなの間に合うわけがないから、非現実的すぎる法律と言わざるを得ない。お役所、杓子定規すぎるだろう。私としては妙ちくりんな道路運送法の方を早急に改正することを強く求めたいと思う。

【11月 13日 追記】

ちょっと検索してみたところ、岐阜バスというのはかなりクレームの多いバス会社らしい (参照)。元々評判の悪いバス会社への 「見せしめ」 みたいなものかもしれないが、それとこれとは別と考えたいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/11

「留辺蘂 (るべしべ)」 という地名

今月 1日から 5日まで、北海道に出張していて、とくに 3日から 5日まではレンタカーを借りて網走、北見、置戸 (おけと) 方面を走り回った。北海道の地名というのはアイヌ語に漢字を当てはめたのが多いので、かなり読みにくかったりするが、中でも 「留辺蘂 (るべしべ)」 は、難読の上に書くのも大変そうな字として強烈に印象に残った。

1711112

留辺蘂はアジア最大の水銀鉱山のあった町として、知る人ぞ知る存在であるらしい。地名の由来は、Wikipedia によればアイヌ語の "ru·pes·pe, ru·bes·be" に由来し (参照)、北見市のサイトでは次のように解説されている。(参照

アイヌ語では、道のことを 「ルー」 越える道を 「ルペシュペ」 と称し、本町の場合は佐呂間別川へ越す道の意味で、ペをベにし、シュペをシベにして 「ルベシベ」 と訳し、さらに漢字の 「留辺蘂」 をあて、今日にいたっています。

なるほど、いわゆる 「峠」 のような地形になっているところを、アイヌ語では 「ルペシュペ」 と称したわけだね。そう言えば、アイヌ語を研究していた父に聞いた覚えがある。上述の Wikipedia ページによると、日高支庁静内町にも同じ 「るべしべ」 と読む 「碧蘂」 という地名があるらしい。これなんか同じような地形が語源なんだろうが、「留辺蘂」 に輪をかけた難読地名である。

「蘂」 という漢字は、音読みは 「ズイ」 で、訓読みは 「しべ」。一見ものすごく難しい漢字に見えるが、「芯」 の下にもう 2つ 「心」 を書いて、その下に 「木」 を書くと分析すれば、覚えやすい。JIS 第二水準漢字で、「るべしべ」 と入力すれば、呆気ないほどあっさりと 「留辺蘂」 に変換される。

ちなみに、「蘂」 という字の下の 「木」 という部分を取って、くさかんむりの下に 「心」 を 3つ書いた 「蕊」 というのが、「芯」 という字の旧字体なんじゃないかという気がしていたが、手持ちの漢和辞書 (三省堂 『携帯漢和中辞典』) を調べたところ 「蕊」 は 「蘂」 の異体字で、さらにくさかんむりの下に 「正」 の字を 3つ書く 「蕋」 という俗字もあるという。ATOK では 3つとも 「しべ」 と入力して簡単に変換できたのに驚いた。

国語辞書で 「蘂」 の意味を引けば 「花の生殖器官」 と出てくる。「おしべ/めしべ」 は、本来 「雄蘂/雌蘂」 と書くものらしい。迂闊なことながら、こんなのはこの年になって初めて知った。いやはや、辞書は調べてみるものである。

とはいえ、同じ辞書でも漢和辞書の方ははうんざりするほど調べるのが面倒なので、普段はできるだけ手を触れないようにしていて、今回久しぶりで開いてみた。中国の人は大変だろうなあ。といっても、中国人は漢和辞書なんて引かないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ジョナサンの 「ヘルシー日替わり和膳」 がありがたい