2015/05/28

FIFA の汚職問題で考える

FIFA 幹部の汚職事件が大きな広がりをみせている。FIFA 内部の腐敗に関しては何年も前から指摘され、賄賂の横行については公然の秘密みたいなことになっていたから、こうなるのは時間の問題だったと思う。ただ、ちょっと興味を覚えるのは、この問題の捜査をリードしたのは米国の FBI だったということだ。

今、FIFA を主導しているのは、南米やアフリカの新興国である。なにしろ西ヨーロッパよりも圧倒的に国の数が多いのだから、会長選挙においてはすべての加盟国が平等に 1票を投じる権利をもつ FIFA においては、当然といえば当然だ。

現会長のゼップ・ブラッターも、国籍としてはスイス人らしいが、2010年ワールドカップの開催地をを南アフリカと決定する見返りに加え、さらに金をばらまいてアフリカ票を獲得して会長選挙に勝ったと、もっぱらの評判である。ちなみにこの人、一時は 「世界ガーターベルト友の会」 という団体を主宰、パンティストッキングの普及阻止活動を行っていたという、ちょっとわけのわからん人である。(参照

とにかくサッカーというのは、多分世界で一番盛んなメジャー・スポーツで、とくに開発途上国で最も盛んである。近代フットボールの発祥の地は英国とされていて、FIFA も最初は西ヨーロッパ諸国の主導で結成されたが、今では途上国の勢いの方が強い。ヨーロッパのサッカーリーグも、南米やアフリカ出身の選手がいなければ成立しないほどだ。

そうなると、少々乱暴な言い方だが、現在の FIFA で力をもっているのは、「賄賂はもらって当たり前じゃん」 という国々なのである。そうした国から来た理事が牛耳っていたら、組織が腐敗するのも当然だ。「賄賂は悪いこと」 という倫理が一応確立している欧米のサッカー団体としては、こうした状況には我慢ならなかったようだ。

腐敗が行き着くところまで行き着いたら、その反動が起きるに決まっている。一時は欧州のサッカー連盟は FIFA から脱退すべきだなどという議論までされていたらしいが、さすがにそこまでは行かずに、否応なしに内部浄化を促す手段が講じられた結果が、今回の事態なのだろう。

それを主導したのが、サッカーがそれほど盛んではない米国だったというのが、その間の言うに言われぬ事情を物語っている。米国では、ちょっとぶつかっただけで大げさに転倒してみせるサッカーは女子供のスポーツと思われているらしい。なるほど、米国女子サッカーは世界ナンバー 1 だが、男子はマチョなアメフトに流れてしまうわけだ。

FIFA で力をもっているのが途上国の理事たちでも、スポンサーなどはほとんど欧米先進国の大企業である。こうした大企業は、FIFA の腐敗に大きな不満を抱いていたようだ。さらにワールドカップの放映権の獲得でも、広告代理店やマスコミから 「いつまでもべらぼうな賄賂を使ってはいられない」 という圧力も働いていただろう。

というわけで、粛正が行われるのはかなり前から時間の問題となっていて、ついに 「いつやるの?」 「今でしょ!」 ということになったのだろう。奢れる者は久しからずである。

ちなみに同じフットボール系でも、ラグビーは今でも先進国の方がずっと盛んで、「紳士のスポーツ」 と言われている。そのためか、組織の腐敗ということもあまり聞かない。ラテン系の血気盛んな国でラグビーなんかやったら、団体の腐敗以前に、選手だけでなく観客まで命がいくつあっても足りないだろうなんて思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/27

フェミニズムとミサンドリー

Hatelabo の 「フェミニズムとミサンドリーの切り分けは可能か」という記事で、恥ずかしながら 「ミサンドリー」 という言葉を初めて知った。Wikipedia によると、この言葉は次のように説明されている。(参照

ミサンドリー  (英: misandry)  とは、男性や男らしさに対する憎しみや軽侮。平たく言うと男嫌い (おとこぎらい) である。対義語には、「男性や男らしさに対する崇敬」 を意味するフィランドリー (英:philandry) と、「女性や女らしさに対する軽侮」 を意味するミソジニー( 英:misogyny) という語の二つがある。

なるほど、少しはわかった。しかしこの説明にはちょっと不備があるようだ。というのは、「女性に対する崇拝」 は何というのかという説明が抜けているのである。しかしこれは 「ミソジニー」 という言葉を調べたらすぐにわかった。次のようにある。

対義語には、「男性や男らしさに対する憎しみや軽侮」を意味するミサンドリー(英:misandry)と、「女性や女らしさに対する愛しみや崇敬」を意味するフィロジニー(英:philogyny)の二つがある。

なるほど。女性に対する崇拝は 「フィロジニー」 というのか。これでマトリックスが完成する。こんな感じだ。

                                                                                          
崇拝
軽侮
男性に対する
フィランドリー
(philandry)
ミサンドリー
  (misandry)
女性に対する
フィロジニー
(philogyny)
ミソジニー
(misogyny)

ただしかし、これだけでは単なる記号でしかなくて、とくにカタカナで考えたらすぐに忘れてしまいそうだ。ちゃんとした知識として脳内に留めるためには、語源から理解しなければならない。ちょっと英語版の Wikipedia をあたってみよう。

語源にまで遡ると、男性に対する崇拝 "philandry" は、「〜を愛する」 という意味の接頭語 "philo" と、ギリシャ語で 「男性」 を意味する "andro" の合成語である (参照)。このページには、女性に対する崇拝は、同様の語源で "philogyny" であるとも記されている。ふむ、なるほど。そういえば、「両性具有」 は 「アンドロジナス」 (androgynous) だったね。

それではというわけで、 "misandry" を調べると、「憎む」 という意味のギリシャ語の "misos" と、男性を意味する "andro" を合わせたものだとわかった。あとは以下同文的な組み合わせの合成語である。

ミサンドリーでは、男性に対する暴力などがあり、これに関して、冒頭に紹介した 「フェミニズムとミサンドリーの切り分けは可能か」 という記事では、次のように述べられている。

フェミニストは、ミサンドリー自体は悪であると認識しているものの、我々はミサンドリーを産み出していない、我々が関知するものでもはない、我々に訴えるのはお門違いであるという立場をとるわけである。ここでミサンドリーの被害者は、訴える先を見失い、泣き寝入りすることになるのである。

(中略)

この人権問題は、ミサンドリーがフェミニストに擬態することによって、フェミニストという盾に守ってもらおうとするところに構造的な難解さがある。ミサンドリーは、フェミニストの影に隠れながら一方的に男性を殴るという無敵のポジションをつくり出したのである。一般人からフェミニストがミサンドリーを煽っているように見えるのはこのためである。

女性による男性への暴力という問題を解決するためには、フェミニズムとミサンドリーを明確に切り分けて区別しなければならないというわけだ。これは同様に、男性による女性への暴力 (家庭内暴力においては、こっちのケースの方がずっと多いだろう) という問題解決のためにも、マスキュリズムとミソジニー (女性に対する軽侮) を切り分けなければならないだろう。

こうした文脈からかどうか知らないが、最近は マスキュリズム (masculism) を 「男権主義」 という意味で捉えない傾向が主流になりつつあるようだ。Wikipedia では次のように説明されている。(参照

マスキュリズム(英:masculism)とは、男性に対する性差別(男性差別)の撤廃を目指す思想や運動である。直訳すると「男性主義」であり、かつての欧米では男尊女卑という意味で使われていた言葉だが、この思想の主唱者であるワレン・ファレルがフェミニズムの対置概念として提唱してからは現在の意味で使われるようになった。主に西ヨーロッパと北アメリカで普及しており、中東や極東でも萌芽が見られる。

「マチョイズム」 がどちらかというと男性優位主義を指す言葉として使われているが、それとはまったく別の意味合いをもつ言葉としてとらえる方がいいようなのである。ふむ、なるほど、なるほど。この問題はこれからも少しずつ掘り下げていくことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/26

カモガヤ花粉症だってさ

いつもはスギ花粉の時期が終わればケロリと楽になるのに、今年はちょっと一段落してすぐにまた似たような症状が出始めた。初めはヒノキ花粉かと思っていたが、どうも様子が違う。外出先では楽なのに、帰宅するとくしゃみと鼻水が止まらないのである。目も痒い。

念のため医者に行ったところ、「カモガヤの花粉症だろう」 と診断された。カモガヤとはイネ科の植物で、畦道や土手にフツーに生えている。どうやら今年は、カモガヤの花粉が多いらしいのだが、我が家は土手際にあるので、とくに症状が出やすいわけだ。

自宅にいるときだけ症状が強まるので、一時は 「我が家には有害なダニでも発生しているのだろうか?」 と疑ったが、そうでないとわかって、少しだけ安心した。ただ安心したとはいえ、根本的な解決になったわけではない。

カモガヤの花粉は来月になるまで飛散するらしい。これで私は 2月から 6月まで、ほぼ 5ヶ月間は花粉症に悩まされる人になってしまったわけだ。ただ、花粉の飛散量は年によって差があるので、あまり多く飛ばないように願うばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/25

久しぶりにヘビに遭遇

我が家の玄関先で、久しぶりにヘビに遭遇した。30年以上前にここに引っ越して来た頃には、少しも珍しくなかったのだが、近頃では姿をみかけることが滅多になくなっていた。だから、遭遇は 10年ぶりぐらいだったかもしれない。

Img_2617aは虫類に弱い人には恐縮だが、写真を載っけておく。模様がはっきりしていたため、初めは 「もしかしてマムシ?」 と思ったのだが、それにしては胴体が細長すぎる気がしたので、安心して何ショットか写真に収めた。これは先方も 「しつこい人間だなあ」 と辟易しつつも、必死に逃亡しようとしているところである。

写真に撮ってから安心してインターネット上の図鑑を調べてみると、これはどうやら、アオダイショウの幼蛇らしい。アオダイショウといえば、私の記憶では緑色の大きなヘビと思っていたのだが、成長する前はこんな模様があるというのだ。ニホンマムシへの擬態であると考えられているというが、こちらは騙されなかったわけね。

最近、家のすぐ裏の土手でキジを見かけたりしたこともあり、一時よりも少しは自然が戻ってきているような気がする。カエルの鳴き声も減り続けていたが、今年は盛んに鳴いているように思う。下水が普及して、あんなに濁りきっていた用水路や川の水が少しはきれいになったり、農薬の使用が少し抑えられたりしていることで、野生の動物が復活しているということなのだろう。

ただ、下水の普及という点が大きいので、一方ではカやハエは少なくなっている。本当の自然度が戻ってきたというわけではないので、ちょっと複雑な思いがないではない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/24

ドローンとインターネット

近頃 「ドローン」 というものが何かと話題というか、物議を醸している。福島の土を積んだまま首相官邸の屋上に落下したとか、三社祭にドローンを飛ばすような予告をした少年が逮捕されちゃったとか、もっぱらイメージの悪い事件がニュースになっているが、使いようによってはなかなか面白いものだと思うだけに、ちょっと残念な気もしている。

「ドローン」 (drone) という言葉自体は、元々の意味は 「ブーン」 という単調な連続音を指し、その音を出す蜂という意味もある。蜂は蜂でも、ミツバチの中で蜜を集める仕事をせずに女王蜂のお伽をする雄蜂を意味するんだそうだ。まあ元々の言葉の意味からして、そんなような感じの、ちょっと怪しいものという雰囲気が漂う。

いかにも怪しいものではあるが、うまく使えばかなりイケてるものになると思う。最近はどこにでもある監視カメラの、移動バージョンとして用いれば、かなり機動性に富んだものになるだろうし、小さなモノの配達なら人手を使わなくてもいける。もしかしたら、ピザの配達なんてドローンを使ってできちゃうかも知れない。

私はドローンはインターネットとよく似ているという気がしている。インターネットは形のない情報というものにおいて、素人でも世界に向けて手軽に発信することができるという、ある意味革命的な役割を果たしたが、ドローンは 「素人でも手軽に空中からの視点を得ることと、形と重さのある物体を空中に飛ばして移動させることを可能にしたこと」 という 2つの点で、かなり大きな意味をもつと思うのだ。

問題は、インターネットもかなりいろいろ 「負の機能」 をもつように、ドローンも反社会的な使い方がいろいろできてしまうということだ。インターネットが運ぶのは形のない情報というものだが、ドローンは物理的なモノを飛ばしてしまうことができるだけ、かなり直接的な影響がある。

例えば、インターネットはサリンの製造方法を伝えることができるが、サリンそのものは送ることができない。しかしドローンは、サリンそのものを積んで飛行し、狙った地点に落下させることができるのである。「直接的な影響」 というのは、そうした意味だ。

ドローンそのものは、「善いモノ」 でも 「悪いモノ」 でもない。使い方によって善くも悪くもなる。そうしたところも、インターネットとよく似ている。インターネットも 「怪しい情報満載」 といって一部では毛嫌いされていた時期があるが、ドローンも今、そんな状態にある。

インターネットは有効な使い道が大きいので、今では市民権を得た。ドローンは 「直接的な影響」 が大きいだけに、これから大きな社会的制約が設けられる方向に進むだろうが、有用な使い方さえも潰してしまうことにならないように望むものである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015/05/23

フランス人は10着しか服を持たない?

『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~』 という本が、一部で話題だ。著者はジェニファー・L・スコットという米国人女性。ネットの紹介ページにはこんなキャッチフレーズがついている。

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、
フランスの貴族の家にホームステイすることになる。 
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、 
毎日を“特別な日" のように生きること。

そのマダム・シックのワードローブには、服が 10着しかないのだそうだ。「上質なものを少しだけ持ち、大切に使う」 のが、彼女のポリシーであるらしい。ジェニファーはそうした生き方に感銘を受ける。

しかし、へそ曲がりの私には、ワードローブの中に 10着しか服がないなんてことは。いくら何でも信じられない。

スーツ (上下で 1着とカウントする)、夏用と冬用のジャケット各 1着、シャツ (あるいはブラウス)、スカート、パンツを持つだけで 6着になる。それにコートとドレス、セーターを足したら 9着だ。そして、シャツ (あるいはブラウス) は洗濯しなければならないから、最低限もう 1着は必要だろう。それで 10着になる。

つまり、季節が変わらなければほとんど毎日同じ上着を着て、せいぜいスカートとパンツを交互にコーディネートし、たまにたった 1着のドレスかスーツを着ることになる。しかもそのドレスとスーツは、夏も冬も同じものだ。

私のように、年がら年中シャツとジーンズに、冬はジャケットを羽織るという暮らしをしていても、カッターシャツ、ポロシャツ、Tシャツが 3着ずつ (洗濯や着替えが必要だからね) で、それだけで 9着になってしまう。ワードローブが 10着というのは、針小棒大にもほどがある。

もしそれが本当だったとしたら、フランスのファッション業界はここまで発展しなかっかっただろう。たくさん買う人がいるから、パリはモードの中心と言われるのだ。まあ、輸出比率が高いことは確かだけれど、内需なしには 「ファッション・センター」 たり得ない。

「いや、そうではなく、アウターウェア (つまりジャケット、スーツ、ドレスの類い) が 10着しかないのだ」 なんてことだとしたら、私のような者からみたら、それは取り立てて大したことじゃない。「ごくフツーじゃん。それだけあったら、十分すぎるじゃん」 ということになる。

ジェニファーは結局、「パリの貴族」 という 「ブランド」 を利用しているのではあるまいか。まあファッションの世界では、「パリの貴族」 は確立したイメージがあるから、アピールしやすいのだよね。日本だったら、さしずめ京都の老舗のおかみさんのライフスタイルとか。

ジェニファーがもし、未開の地の部族の家にホームステイし、その部族の女性が、彼らにとっての 「上質」 なものを少しだけ持って大切にし、毎日を 「特別な日」 として生きていたとして、ジェニファーはどんな印象を持つだろうか。

私だったら、そうしたライフスタイルの方に感動してしまうだろう。ジェニファーがもしそうした体験をしたとして、パリでの体験と同様に、本を書くほどに感動するとしたら、それは本物だと思うのだがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/22

しゃっちょこばらずに動作する

曹洞宗寺院の副住職さんのブログ 「つらつら日暮らし」 に 「禅宗の修行と動作システム」 という記事がある。本日付のこの記事は、「河本英夫先生 『損傷したシステムはいかに創発・再生するか―オートポイエーシスの第五領域』 新曜社・2014年、230~231頁」 からの引用から始まる。孫引きで引用させていただく。

動作の創発に意識はほとんど関与していない。この関与しないことに動作の自然性がある。手足を動かすさいに、いちいちそこに意識を向けていたのでは、とてもなめらかな動作はできない。動作の進行において、意識がそこから消えていくことに動作の自然性がある。この消えていく事態を意識の積極性と考えようと思う。そのため動作を現象学から考察していくためには、意識がそこから消えていく分だけ動作の自然性が出現し、動作がそれじたい作動するように意識が身を引く事象として成立する。こうした設定を行うことが必要である。またそれに応じた工夫が必要である。

卑近なことを言うが、慣れないことをさせられると、動作がぎこちなくなる。若い頃は、葬式の焼香をするのでさえ、しゃっちょこばっていた。前の人の手本を見て、その通りにしようとしてもまったく思いのままにならない。少しはまともにできるようになったのは 40歳を過ぎてからで、故人を追悼する気持ちでできるようになったのは、つい最近である。まあ、それだけ葬式が続いて、慣れちゃったということもあるが。

そういえば、昔習っていた合気道でもそうだった。合気道というのは徹底的に型稽古をする。型稽古しかしないのである。技の型を延々と繰り返すのだが、まともにできるようになるには結構な時間がかかる。

初めはやはりぎこちないもので、そのうちに少しはスムーズに動けるようになり、さらに進むと、ことさらに意識しなくても体が自然に動くようになる。というか、意識しているうちはぎこちない動きから抜け出せない。

武道では 「習うて、而してそれを忘れよ」 などと言う。何度も何度も型稽古を繰り返し、身につけたら、それを忘れてしまえというのだ。せっかく身につけたことを忘れてしまって、初めて本物になるというのである。「動作の創発に意識はほとんど関与していない」 というのは、それと通じると思う。

それは、「条件反射」 というのとも違う。条件反射では、一定の刺激に対して自動的に決まり切った反射的動作しか生じない。しかし 「意識の積極性」 として、動作の中から意識が消えた状態では、自動的な反射行動に留まらない無限のバリエーションが生じる。意識しないからこそそうなるのだというところが、ちょっとおもしろいところだ。

しかし、「意識しない動作」 がいくら 「自然」 だといっても、それでは 「自然の動作」 を行うにあたって、「自己表現」 という問題はどうなるのだという疑問が生じるだろう。「自己表現」 がなければ、それは単なる機械的動作に過ぎないのではないか。「自然」 には見えるかもしれないが、結局は 「決まり切ったつまらない手順」 なのではないか。

この疑問に対しては、まともに答えようとしてもしょうがない。仕方がないから、「自己表現」 しようにも、その表現すべき 「自己」 なんていうものは、実は存在しないんだから、しょうがないじゃないかとしか言いようがないだろう。

「自己」 があると思っている限りはしゃっちょこばってしまう。自己を滅しようとしても、滅しようとしている自己に囚われている。初めからないものを、表現しようとしたり滅しようとしたりしていたのが、そもそもの間違いの元だったのだ。

「動作」 をするというのは、その過程で 「自己」 はないものと少しずつ確認する修行なのかもしれない。恐ろしく手間のかかるプロセスだけれど、そうすることで、「仏性」 に気付くことができるかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/21

「釣り師」 が 「アングラー」 であることから

釣り師のことを英語で 「アングラー」 というらしい。"angler" である。iPhone にインストールしている Wisdom 英和辞典で "angle" を調べると、同音異義語として 「角度」 の意味と 「釣りをする」 の意味の 2つの単語がある。

ただ、こうした場合には語源は共通していることが多いので、さらに調べてみるとやはりそうだった。複数のサイトにあたった結果、どうやら信用してもよさそうだとなったのは、印欧祖語の "ank" を語源としているということだ。

英語の "ankle" (かかと)、"angle"(角度) は、この "ank" から発生しており、「釣りをする」 という意味の "angle" は、釣り針を使うことから来ているらしい。釣り針は曲がった形をしているから、そうなったようだ。

なるほど、同じ魚を捕るという意味でも、"fisherman" は釣り針よりも網を使うというイメージだから、「釣り師」 というより 「漁師」 ということになる。とはいえ、毛針釣りのことは "fly fishing" というし、"fisherman" はポリティカリー・コレクトじゃないから、おしなべて "angler" と言うべきだという話もあるようなので、このあたりはわけわからん。"fisher" でいいじゃんと思うがね。

釣り針そのものは英語では "hook" と言うのだが、"hooker" というと、釣り師じゃなく、ラグビーでスクラムの中からボールをひっかけて後方に出す役割の選手だ。さらにスラングで 「売春婦」 という意味があるらしい。要するに 「ひっかけちゃう人」 ってことね。

さらにおもしろいことがわかった。"England" の国名も、同じ語源からきているらしいのである。

「コトバ雑記」 というサイトの 「釣り針の国」 というページによると、ドイツの "Angeln" (アンゲルン)という地名は釣り針の形をした地形に由来するという。この地から 5世紀頃にブリテン島に移住したゲルマン民族が "Angles" であり、彼らの住んだ場所が "Angul Land" 、"Engla Land" を経て "England" になった。彼らは同じくドイツの "Sachsen" (ザクセン) から渡ったサクソン族と融合して "Anglo-Saxon" と呼ばれる。

25歳でパリに行った時に、あまりにもフランス語で苦労したので急遽コンパクトな仏英辞書を買った。その表紙には "Français-Anglais" と書いてあって、フランス語で英語のことは "Anglais" というと初めて知ったのだが、なるほど、そういう事情だったのだね。フランス人からすると、英語は 「曲がった言語」 なんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«オッサンは、平成の歌が歌えない