トップページ | 2004年7月 »

2004年6月に作成された投稿

2004/06/30

ムクドリの大群

私は常磐線取手駅を利用しているのだが、近頃、夕方過ぎに取手駅西口に降り立つと、駅前ロータリーの木にねぐらを作っているムクドリの大群に驚かされる。夜の 10時を過ぎても、何千羽というムクドリの 「キュルキュル」 という鳴き声が響き渡り、かまびすしい限りである。

野鳥の鳴き声というのは、決してうるさくなく、耳に心地よいものだと思いこんでいたが、このムクドリの大群の声はすさまじい。いくらなんでも、近所は大迷惑しているに違いない。うるさいだけでなく、多分、糞害もすごいだろう。

一体どうしてこんな大群が、取手駅周辺に襲来するものか。この駅は20年来利用しているが、これまでで一番の大群になっているような気がする。木の枝だけでなく、ステーションビルや周辺のビルの屋上にも、びっしりと止まっている。ヒッチコックの映画を思い出すほどだ。

インターネットで調べてみると、案外あちこちでムクドリの大群には悩まされているらしい。初めのうちは、天敵であるカラスの鳴き声をスピーカーから流すといなくなるらしいが、ムクドリは結構学習能力が高いようで、実際に危害が加えられないとわかると、すぐに戻って来るという。

取手駅ロータリーのムクドリは、今後一体どうなるものか、しばらくウォッチしてみたい。こういうのも、「バードウォッチング」 というのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/28

オジサンの手の洗い方

実は、ずっと以前から気に掛かっていたことがある。公衆トイレを利用した時の、オジサンたちの手の洗い方である。

「洗い方」 というより、まったく洗わずに行ってしまうオジサンだって少なくない。そして、たとえ洗ったとしても、あまりにもおざなりなやり方が多いのである。

オジサンたちが公衆トイレで用を足した時の、典型的な手の洗い方を、ここに描写してみよう。(女性はこの光景を目の当たりにする機会がないだろうから、読んでみて、ゲゲっとなるかもしれない)

まず前提として、オジサンたちは片手にカバンを提げていることを確認しておこう。そのカバンは、アタッシュケースだったり、ブリーフケースだったりするが、とにかく、片手はふさがっているのである。

彼らは公衆トイレに入ると、まず用を足す前に、用意周到にもズボンのポケットからハンカチを取り出し、口にくわえるのである。そして、そのままの姿で小用の便器に向かい、片手だけを使って器用に用を足す。

用を足し終えると、手洗いの水道の栓をちょいとひねり、たった今使ったばかりの片手の指先に、ほんの少しだけ申し訳程度に水をたらし、すぐに栓を閉める。それはそれは、素晴らしい早業である。

繰り返すが、水をたらす (そう、「かける」 というより 「たらす」 のである) のは、片手の指先だけだ。しかも、それは見たところ、親指と人差し指、中指だけのようなのである。3本の指先を蛇口の下でこすり合わせるのは、ほんのコンマ数秒間に過ぎない。

最後にその指先で、前もって口にくわえていたハンカチを取り、ポケットに収めてすべては完了する。そのポケットに収めるという動作の中に、ハンカチで指先をぬぐうという行為は、さりげなく含まれているようだ。

実験で確認したわけではないが、ほぼ確実に言えることは、手の清潔を保つためには、あの程度の洗い方ではまったく不十分であろうということである。もっと言えば、不十分どころではない。乾いた手にわざわざ少量の水分を与えて不十分に拭き取り、体温で暖めるのだから、雑菌の繁殖を助長しているようなものである。

つまり、逆効果なのである。あんな気休めをするぐらいなら、いっそ洗わない方がずっとマシなのではなかろうか。

私は、オジサンたちの公衆トイレでの手の洗い方を見るたびに、この国の 「気休め文化」 を嘆くのである。やるならちゃんとやればいいし、おざなりなことをするぐらいなら、いっそやらない方がずっとマシなのである。それなのになぜか、逆効果しか生まない気休めを、深くも考えず、ただひたすら律儀に繰り返すのである。

お役所の仕事とオジサンの手の洗い方は、十年一日のごとき手順と、弊害すら多いという意味において、とても共通するところがある。大切なのは、単に 「やった」 という形式的な 「実績」 であり、その内容と実際の効果は、元々問題外なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投票という制度

昨年12月から、選挙では 「期日前投票」 という制度が導入されたという。

従来は 「不在者投票」 として、投票用紙を署名した封筒に入れさせられたりして、「これじゃ、秘密投票じゃないじゃないか」 と腹が立っていたが、これからは、そのまま投票箱に入れればいいらしい。

自分が選挙権を得てからの投票を思い起こせば、3度に 2度は 「不在者投票」 で済ませてきたように思える。なぜか、投票日に予定が入ることが多いという巡り合わせがあり、とくに、ここ10年ほどは、決められた 「投票日」 に投票したことが 23度しかないような気がする。

「不在者投票」 は、自分の都合のいい日に投票に行けばいいのでありがたいが、投票用紙を、署名した封筒に入れて保管されるのが、とても不満だった。あれでは、私が誰に投票したかがバレバレになるではないか。

まぁ、私が誰に投票したかがわかったところで、実際には痛くもかゆくもないが、不愉快であることには変わりない。今回の制度改革で、直接投票箱に入れればいいということになったので、不愉快さが薄れることはありがたい。やればできるじゃないか。

しかし、だったら、これまでのあの制度は何だったのかということになる。意味のないことで有権者に面倒を強いて、妙ちくりんな封筒で紙を無駄に使っていたわけだ。

個人的には、早いことインターネットによる投票を実現して欲しいと思っているが、お役人たちは、セキュリティだのITへの信頼性だのと言って、消極的である。そんなことを言えば、従来の 「不在者投票」 ではセキュリティなんてないに等しかったし、「信頼性」 なんて言っても、従来方式だって、集計の間違いや集計漏れなど、細かい点で不明瞭なことがいくらでもあるではないか。

少なくとも、汚い文字や誤字だらけの手書き投票用紙の判読でもめたり、人力で集計したりする煩雑さを思えば、IT導入の方がずっと確実だと思うがなぁ。

「機械操作に慣れない人がいる」 なんて言っても、今は、「オレオレ詐欺」 に引っかかるようなボーっとした老人でも、ATM を使った自動送金なんていう複雑な手続きができてしまうのだから、投票ぐらいの単純なことは、できないことはないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/27

「公示」 と 「告示」

昨日、選挙の 「公示」 と 「告示」 の違いについて、ちょっと筆が滑って 「あまり意味がありそうにも思えない」 などと書いてしまったが、よく調べるてみると、ちゃんと 「根拠」 があるのだった。

しかし、その 「根拠」 そのものが、なんだかおかしいのである。

一般的には、「公示」 は衆議院総選挙と参議院の通常選挙だけで用い、地方選挙は 「告示」 ということになっているが、同じ国政選挙でも、補欠選挙の場合は 「公示」 ではなく 「告示」ということになっているようだ。

これに関して、「意味のないことで複雑な言い回しをしてるなぁ」 と思っていたのだが、よく調べたら、憲法に 「天皇の国事行為」 として次の規定がある。

第7条 国事行為 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
(1,2略)
3 衆議院を解散すること。
4 国会議員の総選挙の施行を公示すること。

つまり、総選挙の施行は、「天皇の国事行為」 として 「公示」 されるのだった。そのほかの地方選挙などは、選挙管理委員会が 「告示」 するのである。そして、同じ国政選挙でも、補欠選挙は 「総選挙」 ではないから、天皇の国事行為にはならず、従って 「告示」 なのだろう。

しかし、一般的には、「総選挙」 というのは衆議院選挙のことで、参議院選挙は含まれないのではないかという疑問がおこる。

朝日小学生新聞のサイトの 「ニュース DE ジャンケンポン」 という Q&A コーナーでは、

衆院議員は480人いるんだけど、全員をいっぺんにえらび直すから「総選挙」といっている。参議院は3年ごとに選挙があって、半数ずつ交代するから総選挙とはいわないんだ。

と、明確に参議院選挙は 「総選挙」 ではないと言っている。まてよ、そうしたら、参議院選挙のスタートは、天皇の国事行為である 「総選挙の施行を公示すること」 ではないから、「公示」 という根拠が消えてしまうのではないか?

そこで調べてみると、やはりその矛盾を指摘している人がいた。

(以下、http://www12.ocn.ne.jp/~s-k/tango/sousenkyo.html より引用)

相対的に広義の総選挙

 憲法7条4号の 「総選挙」

全国のすべての選挙区にわたって実施される選挙(「総」"区"「選挙」)

衆議院議員について、任期満了および衆議院の解散により実施される選挙、のみならず、
参議院議員について、
3年ごとに議員の半数について実施される選挙、をも含む。

相対的に狭義の総選挙

 公職選挙法の 「総選挙」

<一院を基準に>すべての議員について実施される選挙(「総」"員"「選挙」)
衆議院議員について、任期満了および衆議院の解散により実施される選挙、のみ。
参議院議員について、
3年ごとに議員の半数について実施される選挙、は、
すべてでなく半分の議員について実施されるにすぎないので含まない。

(理解しやすくするため、引用者が重要ポイントを赤字にした)

要するに、憲法と公職選挙法が矛盾するのである。選挙管理委員会は、長年にわたり憲法違反をしてきたことになる。参議院選挙は 「総選挙」 ではないというのなら、日本中の選挙管理委員会が連名で 「告示」 すればいいではないか。

そもそも、参議院選挙が 「総選挙」 ではないと言い張ることに、具体的メリットがあるわけでもなんでもないではないか。天皇陛下に 「公示」 していただいてるいるくせに、どうでもいいところで、わけがわからないことを言っている。

もう、本当にこの国は、自衛隊といい、総選挙といい、憲法の条文を曖昧に解釈したままのご都合主義的運用が基本になっていることがわかる。この 「ご都合主義」 が、社会全般に悪影響を与えている。このあたりからして、憲法見直しは急務だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/26

参院選公示はされたが

そう言えば、参議院選挙が公示されたのだった。のっけから申し訳ないが、今回も投票率の低下は止まらないだろう。

普段、ごまかしにごまかしを重ねたような政治運営をしておいて、選挙の時だけ、政治に関心を持てと呼びかけても、それは虫がよすぎるというものだ。

私自身は、今回もちゃんと投票をするつもりだが、個人的にもあまり盛り上がらない。なにしろ、茨城選挙区の場合は、改選数 2 に対し、自民党と民主党の現職 2人に共産党新人 1人の、合計 3人しか立候補していない。

茨城選挙区がさらに 2分されていて、それぞれが 1人を選ぶというのなら、まだ盛り上がるだろうが、これでは、結果は見え見えだ。参加意識を持てといっても、あまりに実感がない。

それに、最近は若年層ほど投票率が低い。彼らの政治に対する無関心を非難する前に、この国の政治が、これまで彼らの期待に添えるような運営をしてきたかを反省するがいい。のれんに腕押しのような政局に、参加意識を持てと言っても、それは無理だ。

この国の政治は、民主主義というよりは、とっくの昔から官僚主義政治だから、選挙の時だけ民主主義を取り繕っても、もうごまかしがきかないのである。民主主義の理念を崩さないためには、きちんとそれなりの運営をしなければならないというのは、当然の話なのだが、それができていないから、若者は政治に関心を抱かないのである。

実は、このコラムを書き始める時も、今回の参院選のスタートが 「告示」 だか 「公示」 だか、調べなければわからなかった。なんだか知らないが、この 2つの術語は、あまり意味がありそうにも思えないが、ちゃんと使い分けがあるらしいのだ。枝葉末節でそんなアホらしいことをしているから、付き合いきれないのである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年7月 »