« エスカレーターのベルト | トップページ | レイ・チャールズの冥福を祈る »

2004/06/11

エスニックジョーク

当サイトの BBS で、エスニックジョーク系の話題で盛り上がってしまった。

エスニックジョークでは、典型的日本人は 「右へ倣え」 「指示待ち」 に終始する人種として描かれる。時には、自分で作ったわけでもない日本製工業製品の優秀さを、鼻持ちならないほど得意がる。

日本人を典型的に表現したエスニックジョークは、例の大型客船が沈没するときに、婦人と子どもを優先すると、どうしても救命ボートの数が足りないため、男の乗客に自発的に海に飛び込ませるために、船長はどう言ったかというヤツだ。

イギリス人に向かっては、「あなた達は紳士ですから、飛び込めますよね」
アメリカ人に向かっては、「あなた達こそ真のヒーローです」
ドイツ人に向かっては、「これはルールです」
そして、最後に日本人に、「皆さん、そうしてらっしゃいますから …… 」

こうしたエスニックジョークは西洋文化の産物であり、西洋人は自分で自分を皮肉って楽しんでいるのだから、まだ余裕というものがある。「俺たちって、確かにそういうところがなくもないけど、でも、それって、誇り高い民族性の裏返しだぜ」 ってなぐらいのものだ。

ところが、エスニックジョークのやり方で東洋人を皮肉ると、ちょっとキツイところがある。日本人の 「右へ倣え」 「指示待ち」 性向は、日本人が自分で自分を皮肉っているのではなく、西洋人から見た日本人の 「ちょっとイラつく姿」 なので、「笑える」 というよりは、ちょっと 「お恥ずかしい」 ところがある。

まぁ、それでも笑っちゃうのだから、日本人は大人というか、あるいは、エスニックジョーク好きの日本人は、典型的日本人とはちょっと距離をおいていると言えばいいのか、とにかくそんなところがある。

西洋では 「飲兵衛で田舎者」 の定番であるアイリッシュでさえ、エスニックジョークの中では、「アイリッシュばかりのところには行きたくないわ」 と言うスノビッシュな連中に、「そんなら地獄に行きな、そこにはアイリッシュはいないから」 と反撃している。

ところが、日本人が粋に反撃している日本発のエスニックジョークは、まだ聞いたことがない。この分野では、どうも、相手の土俵で相撲を取っているばかりのようである。

|

« エスカレーターのベルト | トップページ | レイ・チャールズの冥福を祈る »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エスニックジョーク:

« エスカレーターのベルト | トップページ | レイ・チャールズの冥福を祈る »