« 「和」 「邦」 「日」 「国」 の使い分け | トップページ | お役所サイトの PDF 濫用 »

2004/07/28

拝啓 敬具

高校 3年生の全国一斉学力テストで、手紙の書き出しの 「拝啓」 を正しく書けた生徒が 2割にとどまっていたため、国立教育政策研究所は 「社会人として必要な言語能力の育成」 が必要だと指摘している。

そんな指摘をしても、今さらのような気もするのだが。

テストの問題は 「敬具」で終わる手紙文を示し、書き出しの空欄を埋めることが求められたのだが、正解の 「拝啓、謹啓」などを書けたのは 22.4%だったという。平仮名で 「はいけい」 などとしたのが 10.1%、「拝けい」などの交ぜ書きが 2.4%だった。誤答では、「拝敬」 などの誤字が 31.1%、前略、冠省 (かんしょう) などが 6%あった。

こう言っては何だが、今時の高校生が 「拝啓」 を 「拝敬」 と間違えたところで、別に驚くに値しないと思う。だって、彼らの手紙文は、決して 「拝啓 - 敬具」 や 「前略 - 草々」 なんて言葉を使わないのだもの。知らなくても全然不都合がない。

漢字の表記は別として、3人に 2人が 「はいけい」 であると知っていただけマシだという気がする。逆に、間違いとはいえ 「冠省」 なんて言葉を知っていたという方が驚きだ。

「社会人として必要な言語能力」 と言うが、団塊の世代以後のほとんどの社会人だって、個人的な手紙では 「拝啓 - 敬具」 なんて使わないだろう。こんなのを使ったら、他人行儀で、かえって違和感がある。

今時、こんな言葉を使うのは、いわゆる 「ビジネス文書」 ぐらいのものではなかろうか。私だって、そんな文書は社会に出て初めて書いた。しかも、社会人になって何年か経ったらビジネス文書はワープロ打ちが当たり前になったので、ここ 20年ぐらいは 「拝啓」 と 「敬具」 なんて手書きしたことがない。

しかも、今時のワープロでは、「拝啓」 と入力したら、末尾は自動的に 「敬具」 になるようにできている。便利すぎて、手書きができなくなると嘆く人もいるだろうが、そもそも手書きではそんな言葉を使わないのだから、別に構わないような気もする。

「時代遅れになりつつある常識」 として、「いざとなればいつでも使えるよ」 という程度に知っておくぐらいでいいではないか。

私の妻は古くからの友人たちと、しょっちゅう手書きの手紙のやりとりをしているが、「拝啓」 で書き出すなんて、意識の外にあると断言してもいい。「拝啓」 で始まり 「敬具」 で終わる手紙なんて、一生に一度も書かないという人だって、そう珍しいことではないだろう。

現代の 「社会人として (本当に) 必要な言語能力」 というのは、そんな単純な決まり文句を覚えることより、もうちょっと別のところにあるのではなかろうか。

|

« 「和」 「邦」 「日」 「国」 の使い分け | トップページ | お役所サイトの PDF 濫用 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

拝啓 良い 勉強に なりました。 中略 勉強しないと えらくなると思って 勉強します。 猛勉強して ノ-ベル賞を 貰います。敬白。

投稿: 岡田健一 | 2014/09/04 07:32

岡田健一 さん:

ご苦労様です。健闘をお祈りします。

投稿: tak | 2014/09/04 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1067369

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 敬具:

« 「和」 「邦」 「日」 「国」 の使い分け | トップページ | お役所サイトの PDF 濫用 »