« 日中韓で ICタグの規格統一 | トップページ | 猛暑と 「知らぬが仏」 »

2004/07/20

デザインのし過ぎは、ろくなことにならない

私は、洋服でも車でも建築でも、デザインしすぎるとろくなモノにならないと信じている。これ見よがしなデザインほど使いにくいものはない。

幸いなことに、最近の工業製品のデザインは、適度にシンプルになり、ユーザビリティも多少は向上しつつある。

以前のように、冷蔵庫の扉や魔法瓶の横っ腹にド派手な薔薇の花が書いてあって、高島屋の包装紙状態になっていたりするなんてことは、ありがたいことに、消えて久しい。

ラジカセのトップにやたらと細かいボタンが密集していたり、何をするにも横ちょのカバーを開けて指を突っ込まなければならなかったり、ちょっと触ると、すぐに隣のボタンに触れてしまって、余計な動作が延々と続いたりなどということも、最近はかなり少なくなった。

こうしたことは、「デザイン」 ということの考え違いから生じていたのだが、さすがに、工業デザインの世界はこなれてきて、あまりバカなことはなくなった。

しかし、依然としてこなれていないのが、ウェブデザインの世界である。ユーザーインターフェイスに、やたらと余計な要素をぶち込みたがるデザイナーが、まだまだ大勢いる。

最近、某美術館のサイトに行ってみて驚いた。まず最初に、こけおどしの Flash がヒラヒラするのはお約束としても、そこから先にどうして入って行ったらいいのかわからない。それらしき画像にマウスポインタを合わせても、なんだか画像がピラピラ動き回るだけで、さっぱり要領を得ない。イライラするばかりである。

その美術館は、東京と群馬にあるのだが (あぁ、こんなことを言うと、もうわかる人にはわかってしまうではないか) 、そのうちの東京の展示内容を確認するために、私は 5分以上悩んでしまった。

たかだか、その美術館の最近の展示内容を確認するために、何でまた、アートっぽい雰囲気だけを押しつける迷路の中で、右往左往しなければならないのか。作った本人と関係スタッフにとっては、とても自己満足なのだろうが、ユーザーインターフェイスとしては最悪であると断言させていただく。

私のサイト (「知の海」 ) にしても、ナローバンドでアクセスすると重いなど、批判がないではないが、少なくとも、トップページで早くも迷子にさせるような作りはしていないつもりだ。

|

« 日中韓で ICタグの規格統一 | トップページ | 猛暑と 「知らぬが仏」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1008716

この記事へのトラックバック一覧です: デザインのし過ぎは、ろくなことにならない:

« 日中韓で ICタグの規格統一 | トップページ | 猛暑と 「知らぬが仏」 »