« お役所サイトの PDF 濫用 | トップページ | とんんでもない思い違い »

2004/07/30

文化庁こそ言葉の意味を取り違えてるぞ!

文化庁の 「国語に関する世論調査」 によると、「檄 (げき) を飛ばす」 や 「姑息 (こそく)」 などの言葉の意味を、7割前後の人が取り違えているという。

「姑息」 の意味を 「卑怯」 と間違えている人が圧倒的に多かったのは、世の中のお姑さんたちに気の毒かもしれない。

<国語世論調査>「姑息」7割が違う意味で理解

それにしても、この調査、なんだかちょっと誘導尋問ぽい気がするし、結論の出し方に違和感を覚えるところもある。

例えば、「檄を飛ばす」 の意味は、確かに 「自分の主張や考えを広く人々に知らせて、同意を求めること」 というのが正解だが、岩波書店の 「広辞苑」 では、1991年発行の 4版から 「刺激して活気づける」 の意味も加えられている (参照) というではないか。10年以上も前から広辞苑に載っている 「定着した解釈」 を 「誤用」 と決めつけるのは、なんだか 「エラそう」 である。

「姑息」 というのも、正解は確かに 「一時しのぎ」 である。しかし、「姑息な手段を弄する」 なんて使い方をすると、「ちまちました手段でこっそり場を取り繕う」 というやり口の連想から、「卑怯」 というイメージが喚起されるのも、不自然なことではない。

この二つの 「誤用」 は、実際の言葉の使用ケースを想定してみても、あまり不都合なことは起こらないだろう。それほど声高に言うほどのことかなぁと思うのだ。

しかし、まぁ、ここは 「言葉の 『本来の』 意味」 にこだわっているのだろうと、取り敢えず、矛を収めよう。しかし、「さわり」 という言葉に関しては、ちょっと見過ごせないのだ。

「さわり」 に関しては、「話などの要点」 という 「正解」 よりも、「話などの最初の部分」 という誤答が多かったと報告されている。

しかし、これは文化庁のチョンボだ。「さわり」 という言葉の意味の 「本当の正解」 は、 「話の要点」 ではなく、「話のクライマックス」 である。

元々は 「さわり」 というのは、・義太夫 (人形浄瑠璃の語り物) の一番の 「聞かせどころ」 のことを言うのであって、決して 「要点」 という意味ではない。 「さわりだけ聞かせてよ」 と言ったら、本来は 「時間がないから、前の方は端折って、一番グッとくる最高潮のところを演ってよ」 という意味合いである。

それを 「話の要点」 と言ってしまうと、「かいつまんだ要約ポイント」 というニュアンスが強い。「一番いいところ」 を演じてもらいたくて、「さわりだけ、お願い」 と言っているのに、「話の要点」 を淡々と聞かされたら、しらけ果ててしまう。

少なくとも、文化庁の姿勢には一貫性がない。一方では広辞苑に載ったほどの定着した意味合いを 「誤用」 としながら、他方では 「さわり」 の 「本来の意味」 を無視して 「話の要点」 などと言っている。これでは、調査のあり方のコンセプトからして、 「ブー」 である。

人間国宝まで輩出している文楽・義太夫の世界に申し訳がない。そういえば、人間国宝は当の文化庁の管轄だろうに。

「文化庁、お前こそ、言葉の意味を取り違えてるぞ !」 と、私は言いたいのである。それから、「マスコミも、このくらい気付けよ」 とも言いたい。

実は、文化庁はこの調査報告を毎年出しているのだが、そのたびにツッコミどころ満載である。(例: 「確信犯」 について

|

« お役所サイトの PDF 濫用 | トップページ | とんんでもない思い違い »

言葉」カテゴリの記事

コメント

自分でコメント付けちゃいますが、
「さわり」を「話の要点」といって違和感があるのは、
「さわり」というのは、要するに
「クローズアップ」であって、
「サマリー」じゃないからなんです。

投稿: tak | 2004/07/31 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1082869

この記事へのトラックバック一覧です: 文化庁こそ言葉の意味を取り違えてるぞ!:

» 文化庁の言葉の使い方こそチョンボだぞ! [tak'sOutpost]
文化庁の「国語に関する世論調査」は変だ。「さわり」という言葉の意味に関して、「話などの要点」という正解よりも、「話などの最初の部分」という誤答が多かったと報告さ... [続きを読む]

受信: 2004/07/30 01:09

» 言葉の言い換え [水沫日記(みなわにっき)その1]
国語に関する世論調査、そもそも「言い換え」で正解としている発想がおかしいという気もする。 [続きを読む]

受信: 2004/08/02 15:39

« お役所サイトの PDF 濫用 | トップページ | とんんでもない思い違い »