« 「不味い」 という言葉 | トップページ | 庄内弁を話す »

2004/09/29

「かっぽれ」 と中秋の名月

今、日付が変わったばかり。窓から月を眺めながらこのコラムを更新している。28日は 「中秋の名月」 にあたり、満月。日付が変わっても、名月に変わりはなかろう。

天気予報では今夜は曇りだったので、半ば諦めていたが、10時過ぎから雲が切れた。また 「晴れ男」 してしまったようだ。

moon.jpg昨日、私のもう一つのサイト、「和歌ログ」 でも書いたのだが、上野公園で桜川ぴん助社中が「かっぽれ」 のデモンストレーションをしているのに遭遇した。

私は当代の桜川ぴん助師匠のサイン入り本を持っているが、師匠のかっぽれを生で見たことがなかった。それが思いがけなく見られたので、うれしくなってしまったのである。

kappore.jpgそれどころか、それまでどんよりと曇っていた空が、かっぽれとともに晴れてきた。この分なら、もしかしたら、満月が見られるかもしれないと期待したのだった。

その時に詠んだ歌は、こんなのである。

「かっぽれが上野の山の雲晴らす浮かれ出で来よ今宵の月も」

言霊というのは本当にあるのだと思いたくなってしまう。「今夜は曇り」 の予報を覆して、本当に月が浮かれ出てきてしまったのである。

「風渡る秋の夜長を行く雲の久しく切れて冴ゆる名月」

 

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「不味い」 という言葉 | トップページ | 庄内弁を話す »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1546370

この記事へのトラックバック一覧です: 「かっぽれ」 と中秋の名月:

« 「不味い」 という言葉 | トップページ | 庄内弁を話す »