« ビューグルボーイ | トップページ | 同じネタを繰り返しちまった »

2004/09/05

困った時の再起動

PC の世界には 「困った時の再起動」 という金言がある。わけのわからない不具合の多くは、再起動すれば直るのだ。

とくに多いのが、メール送受信と、ホームページ作成ソフトのちょっとした不具合が生じた時で、あれこれつつき回すよりも、再起動一発で治ることが多い。

Windows も NT ベースで開発された Windows 2000 や XP になるとそれほどでもないが、以前使っていた Windows 95、98、Me といったバージョンでは、不具合が生じる前に再起動しておく必要があった。とにかく、使い続けるうちにシステム内部にゴミがたまり、使えるリソースがどんどん消耗していくのである。

だから、Windows 98 を使っていた頃は、まず朝の始業時に最初の起動をしたら、昼休みに再起動、3時のお茶で再起動しないと、いつフリーズしてしまってもおかしくなかった。残業するときなぞは、夕食前に再起動というのも必要だった。

Windows 2000、XP を使うようになって、そう度々再起動をしなくてもよくなった。最近では、その日の仕事を終えても、PCをシャットダウンすることはほとんどなくなった。私の PC は、スイッチを軽く押すと 「休止状態」 になるようにセットしてある。だから、スタートボタンからたどって、「電源を切る」 なんて操作をすることは、滅多にない。

それでも、3~4日に 1度は再起動しないと、やはりリソースが消耗してしまう。Windows って、やっぱりその程度の OS であるらしい。

なんだかよくわからない不具合というのは、取り敢えず再起動してやれば回復する場合が多いのだが、Windows 2000 でも XP でも、本当はこまめに再起動をしてやれば、その不具合自体が生じないで済むのかもしれない。しかし、近頃の OS は起動するまでに時間がかかるから、昔のように気軽に再起動する気にはなかなかなれないのだ。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ビューグルボーイ | トップページ | 同じネタを繰り返しちまった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1356811

この記事へのトラックバック一覧です: 困った時の再起動:

« ビューグルボーイ | トップページ | 同じネタを繰り返しちまった »