« 殺人事件と治安 | トップページ | 中国はお好き? »

2004/10/11

「ナイーブ」 であることの価値観

「あの人は、とてもナイーブだから・・・」 などと言うのを聞くと、思考回路が錯綜して、メモリーをちょっと余計に消費する。「誉めてるのかな? けなしてるのかな?」

日本語の会話では、90%以上 「純粋無垢」 という意味で誉めている場合が多いのだが、たまにそうでない場合もある。

帰国子女やアメリカ暮らしの長かった人などは、「あんなナイーブな人とは、とても一緒に暮らせないと思ったわ」 なんて使い方をする。日本人は 「ナイーブな人」 には好印象を抱きがちだが、どうも価値観が逆のようなのである。

長い米国暮らしから帰国して、日本人の男を愛し、自然に一緒に暮らし始めた。すると、その男は自分の下着の在処もわからず、風呂上がりには新しい下着を用意しておくことを彼女に要求した。出張や旅行の際には、トラベルバッグに詰める洗面用具、衣類の用意まで自分ではできず、頼り切りだ。

「自分のことを自分でできないほど、ナイーブな人とは思わなかった」 というのである。

英語の "naive" の語源はフランス語で 「生まれたままの」 というような意味だという。しかし、実際に使用される場合のニュアンスは、「子どもっぽい」 とか 「うぶな」 とか 「物を知らない」 とか、とにかくあまりいい意味ではないことが圧倒的に多いと思う。

日本語と化した 「ナイーブ」 は 「赤子の如き汚れなさ」 といった、かなり良い意味である。英語とはずいぶんニュアンスが違う。しかし、「周囲のものが保護してあげなければならないような "あぶなっかしさ" をもつ存在」 という意味では、本質的な違いはそれほど大きくはない。

違いは 「ナイーブな存在そのもの」 にあるのではなく、周囲の受け取り方にある。端的に言えば、「ナイーブな人」 を暖かく見守りたがるのが日本であり、「付き合いきれないわ」 と思うのが米国の価値観である。

「ナイーブな肌」 を、「きめの細かいきれいな肌」 と取るか、「ちょっとした刺激で荒れやすい手のかかる肌」 と取るかの違いみたいなものといえば、わかりやすい。

ちなみに、私自身はとくに米国かぶれしているわけではないのだが、人をほめる時に 「ナイーブ」 という言葉を使うことには抵抗がある。単に、両極端のニュアンスのある 「危ない言葉」 は避けたいという意味で。

最後に付け加えよう。この違いは、赤子に 「神」 をみるか、赤子は教育して初めて 「神」 を理解できるようになる半人前の存在とみるか、この文化的違いかも知れないと思う。

 

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 殺人事件と治安 | トップページ | 中国はお好き? »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1641472

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイーブ」 であることの価値観:

« 殺人事件と治安 | トップページ | 中国はお好き? »