« 派手な名前と地味なイメージ | トップページ | 鉄道唱歌を極める »

2004/10/19

米国での単位感覚

米国に旅行して戸惑うのが、単位の違い。長さの 1フィート (正確には単数の場合はフットだが) は大体 1尺と思えばいいので、まだ感覚的に馴染みやすい。

ところが、重さのポンド (発音は 「パウンド」 に近いが) はちょっとわかりづらいし、温度の華氏に至ってはお手上げだ。

フィートがわかりやすいのは、尺貫法に近いこともあるが、やはり直接目に見えるからだろう。同じ長さでも、マイルは約 1.6km もあるので感覚的にわかりにくい。ただ、車のスピードなどで使われる場合が多いので、時速 60マイルが約 96km (100Km弱) と覚えておけば、大体の比較ができる。

ポンドは目に見えないのでわかりにくいが、日本で売られるバターがほとんど半ポンド (225g)  単位と思えば、あれが 2つで 1ポンドと理解しておけばいい。あとは、体重 50kg が約 110ポンド、100kg 約 220ポンドという感覚をもてば何とかなる。

大切なのは、いちいちメートル法に換算しないで、フィート・ポンドで感覚的に理解することだ。いちいち換算してもしょうがない。身長が 6フィート以上なら長身、時速 80マイルを超えたらかなりの猛スピード、体重 200ポンドは、よほど鍛えた筋肉質でない限りデブというふうに、アバウトに捉える方が手っ取り早いし、現地感覚でいける。

温度の場合もそうである。華氏をいちいち摂氏に換算しても面倒なだけだ。要するに、暑いか寒いか、涼しいかがわかればいいのだから。

人間の体温は華氏では 96度とされているので、それを目安にすればいい。華氏で歓迎すべきなのは、60度から 70度台前半だ。摂氏でいえば 15度から 24度くらいだから、しのぎやすい。あとは、湿度にもよるが、70度台後半はちょっと暑い、80度はかなり暑い、90度を越したらムチャクチャ暑い、100度を越したら死ぬほど暑い。

反対に寒さの目安。華氏で50度以下になると、東京の冬の日中の気温ぐらい。40度より下がると、かなり寒く、30度以下は氷点下。華氏の0度といったら、摂氏-17.8度なので、吐く息も凍りそうな厳寒だ。

ちなみに、摂氏はスウェーデン人のセルシウス氏が定め、華氏はドイツ人のファーレンハイト氏が定めた。何ゆえファーレンハイトなのに華氏なのかというと、中国語で華の読みが「ファ」 なので、こうなったらしい。

 

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 派手な名前と地味なイメージ | トップページ | 鉄道唱歌を極める »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1712114

この記事へのトラックバック一覧です: 米国での単位感覚:

« 派手な名前と地味なイメージ | トップページ | 鉄道唱歌を極める »