« 公園の芝生と温泉 | トップページ | 世間話の怪しい新鮮さ »

2004/10/07

地震

夜中に当コラムの更新をしていたら震度 5弱の地震に見舞われた。せっかくだから、書きかけていた話は明日にまわそう。

のっけからズーンと突き上げるような揺れで、茨城南西部ではお馴染みの直下型地震とわかった。ところが、今回のはいつもよりずっと強くて、さすがに少々焦った。

ここ筑波の里は案外地震の巣窟で、しょっちゅう直下型地震に見舞われる。しかし、そのほとんどは震度 3 とか 4 で、そうやって 「小出し」 に地震エネルギーを放出しているので、このあたりはかえって大地震は発生しないと言われている。

しかし、今回の地震はかなりのものだった。テレビを付けると、早々に震源地が特定されており、地図上に 「×」 印がついている。霞ヶ浦のすぐ西側。なんだ、私の今いる、この場所じゃないか。もろに直下型である。

震度 5弱という揺れは久しぶりのことで、その意味では焦ったが、直下型であり、どこか遠くに震源地がある揺れではないので、余計な心配はしなかった。初期微動が長く続いて、そのあとで大きな揺れが来たりしたら、どこか遠くで、もっと大きく揺られたはずだということで、情報を得るまでは田舎の両親が心配になったりする。

ちなみに、私の経験した最大の地震は、小学校 6年の時の新潟地震である。酒田は新潟からはかなり離れているが、揺れ方は強烈で、新潟同様に 「震度 5」 ということだった。当時は、震度 5 に「強弱」の区別はなかったが、今回の揺れなんてものではなかったので、確実に 「震度 5強」 以上だったろう。

その 「震度 5強」 の地震が襲ったとき、私は小学校で廊下に立たされていた。あまりの揺れのすさまじさに、立たされていたのだが、立ち続けることもかなわず、這うようにして教室の机の下に逃げ込んだ。

確実に 「思えば短い一生だった」 という思いが、脳裏をよぎった。あの時以来、妙に 「地震度胸」 がついてしまった気がする。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 公園の芝生と温泉 | トップページ | 世間話の怪しい新鮮さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1613866

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 公園の芝生と温泉 | トップページ | 世間話の怪しい新鮮さ »