« ソーセージを直接食ってしまうという発想 | トップページ | 無視できない数字 »

2004/10/22

台風の海で作業をしたのは

台風 23号関連で、とても気になるニュースがあった。千葉県九十九里の片貝漁港で、20日午前、防波堤延伸工事の機材などをロープで固定していた 2人が、高波にさらわれ、行方不明になった。

2人は市原市内の建設会社の社員だった。(参照

この事故はいろいろなことを想起させる。

まず、今回の台風の規模が並はずれて大きかったということだ。台風が四国の土佐清水付近に上陸したのは、午後 1時頃であり、事故の起きた午前 8時頃は、まだ九州の南側をかすめたばかりだった。片貝漁港の防波堤工事現場では、資材が流されないように 「今のうちに」 固定しておこうと考えたのだろう。

しかし、この 「今のうちに」 という判断には、重大な誤りがあった。実際には 「今のうちに」 どころではなく、「もう遅い」 だったわけだ。この判断を誰がしたのかというのが、とても気にかかる。

上部の判断による業務指令で、2人が仕方なく防波堤での作業にかり出されたとしたら、これは会社の責任問題となる。危険な現場で社員に作業をさせた責任は重い。

しかし、2人が自主的な判断で、「今のうちに」 と防波堤での作業を始めたのだとしたら、補償問題はどうなるのだろう。命じてもいないことで勝手に命を落としたのだと言われたら、一体どうすればいいのだ。

結果論になってしまうが、誰の判断であろうと、台風の近づく海岸で危険な作業などするべきではなかった。作業資材が多少波にさらわれたところで、命を失うよりましではないか。

こうした当然の判断ができないほど、現場はシビアだったのだろうか。それとも、危険を甘くみていたのだろうか。

海岸の街で生まれ育った私は、高校生の頃は、波の荒れ狂う冬の日本海の防波堤で、けっこう危ない度胸試しのような遊びをした。だから、波の怖さはよく知っている。

海というのは、1時間か 2時間に 1度ぐらい、それまでとは似ても似つかぬほどの高い波が来る。それは必ずと言っていいほど来る。だから、1時間のうち 59分間は安心でも、残りの 1分で命を落とすこともある。

ましてや、台風の近づく海だったのである。それを考えると、今回の事故は悔やまれるところである。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ソーセージを直接食ってしまうという発想 | トップページ | 無視できない数字 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お久し振りです。
あ、やっぱりひっかかりましたか!
私も不思議に残念に思いました。

投稿: アリー | 2004/10/22 11:08

>私も不思議に残念に思いました。

台風の海を恐れず仕事をするような
真面目な働き盛りであったろうと思われるだけに、なおさらですね。

投稿: tak | 2004/10/22 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1728895

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の海で作業をしたのは:

« ソーセージを直接食ってしまうという発想 | トップページ | 無視できない数字 »