« 「満月」 のワンタンメン礼賛 | トップページ | 見世物小屋というもの »

2004/11/23

「原口そばや」 礼賛

昨日の昼頃に酒田を発ち、夜遅く筑波の里に着いたが、途中、山形県の上山 (かみのやま) で、初めての蕎麦屋に立ち寄った。「原口そばや」 という田舎蕎麦屋である。

大正時代から脈々と続いているという店で、村山の 「あらきそば」 に勝るとも劣らない、実に立派な田舎蕎麦だった。

このところ、連続の酒と食い物ネタで恐縮だが、何しろ山形県というところは美味いものばかり揃っているので、自然そうなってしまう。

実はこの 「原口そばや」 という店は、西川町の 「一松」 のご主人に教えてもらったのである。美味い田舎蕎麦が食いたかったら、行ってみたらいいというのである。それではと、酒田からの帰路に足を伸ばしたのだ。

国道 13号線から上山の中心街とは反対側に、ぐんぐんと山裾に入っていくと、「原口」 という集落があり、その集落の入り口に 「原口そばや」 という看板が立っている。看板の矢印に沿って進むと、古くからの農家の作りの蕎麦屋に行き着く。

玄関を入ると、靴を脱いで座敷に上がる前に、注文をするというシステムになっている。注文といっても、盛りと大盛りとそばがきしかないので、迷うことはない。座敷には低い座卓が並べられ、近郷近在のお客と、はるばる遠くからやってきたお客が入り交じり、適当にゆったりと座って、太い田舎蕎麦をたぐっている。

食べ終わって寝そべっている客もいる。ものすごく気楽な雰囲気だ。

壁には、山形県知事や山形市長、上山市長の揮毫が額に入れて飾られている。私が高校時代に県知事だった我孫子藤吉氏の 「以和為貴 (和を以て尊しと為す)」 の書もある。こんないい字を書く人とは知らなかった。

出てきたのは、平清水焼き (多分) の四角い皿にたっぷりと盛られた、ひきぐるみ蕎麦粉十割の香り立つ蕎麦である。「あらきそば」 ほどには太くないが、それでも十分に太い。というか、ちょっと平たく切られているのが特徴だ。もしかしたら、「一松」 の別製そばは、この原口そばの影響で、あの平たい形になったのかとも想像した。

噛み応えのある蕎麦は、口の中にふんわりと蕎麦の風合いを広げる。のんびりといい気持ちにさせられる。なるほど、これなら、わざわざ遠回りをしても立ち寄る価値がある。これからはレパートリーに加えなければならないと思った。

山形の田舎蕎麦といえば、「あらきそば」 ばかりが有名だが、あるところにはあるものである。蕎麦好きは、是非両方を試してみるといい。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「満月」 のワンタンメン礼賛 | トップページ | 見世物小屋というもの »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2037998

この記事へのトラックバック一覧です: 「原口そばや」 礼賛:

« 「満月」 のワンタンメン礼賛 | トップページ | 見世物小屋というもの »