« IT企業の成熟度 | トップページ | 米国の半分は申し訳なく思ってるらしい »

2004/11/17

コストの構造

昨日神戸に出張し、日帰りできるものと踏んでいたのだが思いのほか長引いて、大阪まで戻って泊まりになってしまった。

心斎橋近辺のビジネスホテルはなぜか満室が多く、4軒目でようやく泊まれた。シングルが満室のため、ダブルで8,000円超。今どき、高い泊まり賃についてしまった。

そもそも私は、出張先で泊まるホテルにこだわらない。どうせどこかで一杯やって、夜中に戻って寝るだけだもの。よっぽど汚いとか、空調が故障しているとかいうのを除けば、たいていのことはあまり気にならない。

しかし、昨夜は一緒に仕事をした大阪のパートナーが、一滴も酒を飲めないという正真正銘の下戸なので、一杯やってホテルに入るというわけにもいかず、妙に目が冴えてしまった。

晩飯は、彼のお奨めの回転寿司である。「かっぱ寿司」 とかいう店だ。「関東にもありますか?」 と聞かれたが、あまり覚えがない。(追記: 実は、全国展開と、後から知った)

その 「かっぱ寿司」 に入って驚いた。ものすごい広さである。小学校の体育館ぐらいの広さの店内に、細長い 「シマ」 がいくつか並んでいて、それらの片側がつながっており、寿司が長い旅路を延々と回っている。そして、値段はすべて 100円 (税込 105円)。さすが大阪で、この値段でも、けっこう許せてしまう味だ。

若い頃なら大喜びで 15皿ぐらい食っただろうが、この歳になると、いくらがんばっても 2桁には達しない。大の大人が二人で晩飯を食って、領収書の金額は 2,000円にならかった。これじゃあ、かえって税務署が怪しむかもしれないじゃないか。

というわけで、ホテルでバタンギューというわけに行かなかったので、それなりにきれいで、バスタブもちゃんとした大きさの部屋というのは、さすがにありがたかった。

晩飯代と宿泊代をトータルで考えれば、普通の出張のレベルという結果に落ち着いたわけだ。どこかでコストがかかっても、よく考えると、ほかのどこかで浮いていたりする。ありがたいことである。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« IT企業の成熟度 | トップページ | 米国の半分は申し訳なく思ってるらしい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1983990

この記事へのトラックバック一覧です: コストの構造:

« IT企業の成熟度 | トップページ | 米国の半分は申し訳なく思ってるらしい »