« 見世物小屋というもの | トップページ | 急ぎたい者には急がせてやる »

2004/11/25

紅葉がおかしい

ラジオで気象予報士の森田さんが言っていたのだが、今年の紅葉はなんだか変なのだそうだ。何しろ色づくのが遅すぎるし、紅葉の時期も極端に短いらしい。

そういえば、今回の帰郷の途中でも、全山真っ赤というような見事な紅葉は、ついぞ見られなかったのである。

東京都内でも、並木道のイチョウなどは葉が緑色をしたまま縮れてしまい、紅葉することなく落葉というケースが多い。本当にどうかしているのである。

気象庁では、「紅葉日」 と 「落葉日」 というのを認定しており、前者は葉のほとんどが緑色を留めなくなった日、後者は 8割以上の葉が散った日とか言っていた (記憶が正確でないかも知れないが)。

紅葉日から落葉日までの期間は、平均すると、例年約 2週間ぐらいはあるらしい。しかし、今年は秋田で 4日、宇都宮で 6日など、極端に短くなっていて、色づき始めたと思うと、あっという間に散ってしまうというパターンだという。甚だしいのは、函館の 0日というのがある。つまり、紅葉することなく散ってしまったのである。

この原因は、実は台風なのだという。台風の強風によって巻き上げられた大波で、海水に含まれる塩分が内陸まで飛ばされ、木の葉に付着する。すると、浸透圧の関係で葉の内部の水分が放出され、細胞が破壊されてしまうのだという。

普通の台風なら、大雨を伴うので葉に付着した塩分も自然に洗い流されるのだが、今年は風台風が多かったので、こんなことになった。最近では平成 3年の紅葉が異常だった。台風 19号、俗にいう 「リンゴ台風」 の来襲した年である。

今年は紅葉の期間も短いので、観光地も打撃を受けているらしい。せっかくの猛暑で稲の生育が良かったのに、台風の塩害で新潟あたりでは米も被害を受けた。今年は自然災害という視点からみると、記録的な年である。

 

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 見世物小屋というもの | トップページ | 急ぎたい者には急がせてやる »

ニュース」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2053865

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉がおかしい:

« 見世物小屋というもの | トップページ | 急ぎたい者には急がせてやる »