« 裁判所を悪用した架空請求にご注意 | トップページ | 「ワンマン」 と 「傲慢」 »

2004/11/08

まだ新札にお目にかかっていない

今月 1日に新札が発行されたらしいのだが、私の手元にはまだ 1枚も舞い込んでこない。財布の中は相変わらず、福沢諭吉、新渡戸稲造、夏目漱石のトリオである。

ところで、この新札発行の目的の一つは、贋札の防止にあるという。最近は贋札作りがとても容易になっていたらしいのだ。

最近の贋札の特徴は、千円札の急増にあるという。以前の贋札は、圧倒的に一万円札が多かった。それは、贋札作りそのものがかなりの高等技術だったため、1枚あたりの利潤 (と言っていいのか?) の高い一万円札でもなければ、リスクとコストに見合わなかったもののようだ。

ところが、最近は PC を利用したカラー印刷が飛躍的に発展してしまったため、贋札作りが簡単にできるようになってしまった。そのため、コスト回収のために無理して 1万円札を作ることもなくなったというわけだ。千円札ならば、自動販売機で釣り銭を稼ぐという手法が可能なため、店員のチェックを通さずに悪事が働けるので、リスクが減る。

そんなわけで、最近の贋札作りは相対的に低リスク低リターンの犯罪に堕落してしまい、昨年は発見された贋札 25,000枚のうち、75%が千円札だったという。要するに、贋札作りは 「ちゃっちい犯罪」 に堕落してしまったわけだ。

とはいえ、贋札作りが重大な犯罪であることに変わりはない。罪の重さに関しては、偽一万円札だろうが偽千円札だろうが、同じである。

それだけに、今回は国家の威信にかけた高等技術を駆使して、贋札作りを再び困難なものにしてしまったのである。少なくとも、コストだけは再び高いものにつくようなった。

ということは、よく考えてみれば、本物のお札を作るにも、これまでよりコストがかかるということだろう。本物を作るのにこれだけ手をかけてしまったら、お金の価値が増してますますデフレになってしまわないだろうか?(それはないか)

それよりも、取り敢えず、早く新札を手にしてみたいものである。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 裁判所を悪用した架空請求にご注意 | トップページ | 「ワンマン」 と 「傲慢」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

このあいだ、1枚だけ1000円札の新札が手に入ったのですが、流通開始からまだ2日くらいだったのに、もうくたびれてました。なんか損した気分(涙) その後出会っていません。

投稿: 山辺響 | 2004/11/08 17:08

今回の新札流通は、なんだかあんまり気合いが入っていないような気がしますね。

ところで、新札が出るたびに
「今度の新札は、見た目が軽いなぁ」と思います。

それは、どうやら私だけではないようです。

投稿: tak | 2004/11/09 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1893798

この記事へのトラックバック一覧です: まだ新札にお目にかかっていない:

« 裁判所を悪用した架空請求にご注意 | トップページ | 「ワンマン」 と 「傲慢」 »