« 「ワンマン」 と 「傲慢」 | トップページ | 顧客サービスの 「フェア」 と 「アンフェア」 の境界 »

2004/11/10

007のロケ誘致

香川県と北海道登別市が 『007 赤い入れ墨の男』 のロケ誘致に署名運動を展開したそうだ。この小説には、北海道と香川県が舞台として登場するらしい。

そりゃあ、007シリーズの映画に登場すれば、国際的に観光誘致ができるだろうから、ロケ誘致する気持ちもわかる。

とくに香川県の方はとても熱心で、署名活動の主催は 「007を香川に呼ぶ秘密情報部」 と名付け、その責任者は 「部長 M」 というなどの悪のりぶり。そして実際の署名活動に携わるスタッフは 「署名エージェント」 と称して一般募集したたもののようだ。(参照

ロケ誘致のプロモーションビデオまで作るという、どっかの広告代理店的な手法で大々的に活動を行ったようである。登別も、香川ほどではなかったが、署名活動を展開したようだ。

そして、このほど映画会社に署名簿とプロモーションビデオを送りつけたというのだが、その返事は、「残念ながら、『赤い入れ墨の男』 の映画化は予定していない」 という腰砕けのものだったらしい。おいおい、そりゃフライングもいいとこだったのではないか。

ロケ誘致をするよりもまず、小説の映画化促進を働きかけるべきだったのではなかろうか。これじゃあ、影で動いた広告代理店だけが丸儲けして、終わりというお話じゃないか。(広告代理店を使ったとすればの話だが)

まぁ、署名運動を展開するうちに、郷土愛が強まっただろうから、よしとするか。


tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「ワンマン」 と 「傲慢」 | トップページ | 顧客サービスの 「フェア」 と 「アンフェア」 の境界 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/1917546

この記事へのトラックバック一覧です: 007のロケ誘致:

« 「ワンマン」 と 「傲慢」 | トップページ | 顧客サービスの 「フェア」 と 「アンフェア」 の境界 »