« 昼食の値段と、「サブウェイ」 について | トップページ | スーザン・ソンタグの死 »

2004/12/29

相田みつをとギター侍

中学 3年の女の子が相田みつをの詩を書き初めに書いたら、国語の教師に 「やくざの言葉」 とけなされ、いじめにつながったというニュースがあった。 (参照

この国語の教師の言動は確かに軽率だったが、「やくざの言葉」 という印象には、妙に共感する向きもあるのが面白い。

この女の子が書き初めに書いたのは、「花はたださく ただひたすらに」 というフレーズだそうだ。かなりひねくれた見方をしないと 「やくざの言葉」 にまでは聞こえないが、聞こえたとすれば、それは鶴田浩二の任侠映画の世界だ。この先生、もしかしたら任侠映画ファンかもしれない。

確かに、相田みつをの詩には独特の芸風があり、それは自称 「苦労人」 が酔うと必ずしつこく繰り返すありふれた人生訓を、さらっと書いたという趣である。その意味では、「やくざの言葉」 というのは決して上手な譬えではないが、それに近い印象をもつのも、わからないではない。

相田みつをの詩は、正直言って私も 「どこがいいんだろう」 と思っている。そして最近新たに感じた感覚と、ちょっと相通じるところがあるような気がしている。

それは、今年の流行語大賞にまでなった、ギター侍、波田陽区の芸である。私は、あれがなんでそんなに面白いのか、よくわからない。しかし、「何故にわからないか」 という理由は、よくわかっている。

彼が斬る 「有名人の急所」 というのは、多分、とてもテレビ的な感覚に基づいていて、普段テレビを見ている者にはとてもよくわかるのである。ところが、私はあまりテレビを見ないので、あの絶叫部分を聞いても、「へぇ、そんなものかね」 と思うばかりで、笑うまでには到らない。しかし、もっとテレビを見てタネを仕入れておこうという気にも、今さらなれない。

相田みつをの詩も、おもむきは全然別だが、構造的にはそれと似たようなところがある。人生において普段感じていることを、短い単純な言葉で象徴的に表現されると、「俺もそう思ってたんだよ!」 と共感する人がいるのはわかる。

しかし問題は、この人の詩は 「行間だらけ」 ということである。隙だらけなほどに行間をたっぷりあけて、読者が飛び込んでくるのを待つのが、相田みつをの世界である。

表面的には超ステロタイプの簡単な言葉だけで、しかも、あの字だもの。いわゆる 「達筆」 と違って、誰でも苦労なく読める。それを通してさらに 「深い味わい」 を求めるには、たっぷりとした 「行間を読む」 という 「積極参加」 が必要だ。

ただ、その行間を読むという作業は、結局は自分自身の感慨を彼の 「詩」 の言葉に重ね合わせるということになる。確かに 「言えてる」 ことではあるが、だからといって、そうまでしてあのステロタイプにシンクロするのは、私にはちょっと気恥ずかしい気がするのである。

ここから先は、単純に趣味の問題だ。相田みつをが好きな人は、こうした 「気恥ずかしさ」 を超越した人なのだろう。それは決して皮肉ではなく、幸せなことである。私は多分、表現に 「一ひねり」 が欲しいタイプということに過ぎないのだ。その 「一ひねり」 は、相田みつを的境地に達すれば、「余分なこと」 なのかもしれない。

そういえば、ギター侍の斬り方も単純直截で、大したひねりは効いてないように思う。よくひねってありさえすれば、私だってモトを知らなくても笑えるだろう。しかし、あのくらい単純だからこそ、流行語大賞を取るほどポピュラーになったのだろうし、その意味では 「一ひねり」 は 「余分」 なのかもしれない。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 昼食の値段と、「サブウェイ」 について | トップページ | スーザン・ソンタグの死 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2398311

この記事へのトラックバック一覧です: 相田みつをとギター侍:

« 昼食の値段と、「サブウェイ」 について | トップページ | スーザン・ソンタグの死 »