« 特定効果音楽 | トップページ | 究極のウソ発見器 »

2004/12/17

Firefox を使い始めた

BBS  にも書いたのだが、話題の ウェブブラウザー "Firefox" を導入した。これまで使っていた Netscape (ネスケ) 同様、Gecko エンジンなので、違和感がない。

ネスケも悪くなかったが、メーラーなどと統合されているために、何しろ重かった。その点、Firefox は軽い。

私は約 10年前にインターネットを初めて以来、ウェブブラウザーは ネスケを使い続けてきた。そういうものだと思っていた。インターネット・エクスプローラー (以後 IE と略す) は、初めのうちはいかにもちゃっちかったし、セキュリティ問題も続々出てくるので、到底使う気にはなれなかったのである。

しかし、世の中ではネスケはどんどんマイナー化の一途を辿っていた。その要因のトップは、もちろん MS が Windows に IE を強制的にバンドルしてしまったことだが、それだけでは、従来のネスケ・ユーザーまでがこれほどまでに IE に流れたりはしない。ネスケにも問題はあったのだ。

それは、ネスケの元々の開発コンセプトが 「巨艦主義」 だったことである。ネスケにはメーラーの他に、AOL のインスタント・メッセンジャー、「コンポーザー」 という HTML エディターまで統合されている。だから、ちょっと重くて、とくに起動には恐ろしく手間がかかる。

起動が面倒なので、私はネスケを常駐させる設定にし、それでも面倒なので、他の作業をするにも常に起動させっぱなしにしていた。すると、メモリーが消費されるので、他のプログラムまで多少重くなってしまう。メモリーの小さなノート PC では、フリーズの原因になったりする。これはちょっとしたストレスだった。

かといって、今さら IE を使う気には到底なれない。セキュリティ問題だけでなく、タグブラウザーに一度慣れてしまうと、新しいページを見るたびに次々に新しいウィンドウを開かなければならない IE は、うっとうしくてたまらないのである。今や、IE は世界一危険で不便なブラウザーになってしまった。

今回の Firefox 導入で、私のこれまでの不満はかなり解消された。とにかく軽快に動作するのである。起動が早いので、いつでも気軽に終了させられると思っていたが、なにも終了させなくても軽いので、他のソフトにほとんど影響しない。プログラムが軽いというのは、こんなにも大切なことだったのかと改めて認識した。

まだ IE をお使いの方がおられたら (というより、かなり多いと思うが) 、Firefox はお薦めである。一つのウィンドウの中に、タブで複数のページを開けるというだけで、「これまで、どうして IE なんか使っていたのだろう」 と思うはずだ。ダウンロードは簡単。これまでの IE のお気に入りなども、まったく自動で引き継いでくれる。ダウンロード・サイトは、下記。

http://www.mozilla-japan.org/

もう一つ、忘れてはならないのが、Mozzilla のメーラー、Thunderbird の導入である。これは、今まで使っていた ネスケのメーラーとほとんど同じで、起動が早くなっただけなので、まったく戸惑わずに済んでいる。ただ、これは窓の杜で入手した日本語版の β版のようで、正式の バージョン 1.0 は今月末にダウンロードできるようになる。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 特定効果音楽 | トップページ | 究極のウソ発見器 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2283957

この記事へのトラックバック一覧です: Firefox を使い始めた:

« 特定効果音楽 | トップページ | 究極のウソ発見器 »