« 「ガバナビリティ」 について考える | トップページ | ラジオが作る 「耳年寄り」 »

2005/01/18

センター試験

大学入試センター試験で、国語教科書に載っているのと同じ文章が出題されたとして、問題になっている。

大手予備校代々木ゼミナールの講師は 「我々が模試で出したら笑われてしまう」 とコメント。こんなところでも、お国より民間活力のレベルの方がずっと上のようだ。

とはいえ、今回の問題では感情的な不公平感はかなり出ただろうが、実際問題としては、学校の授業でやったかやらなかったかは、試験の合否にそれほど決定的な要因にはならないだろうと思う。一度教科書で勉強していようが、初めてだろうが、結局、わかる者にはわかるし、わからない者にはわからない。

こんなのは、以前に触れた 「朝日新聞問題」 と同じことだ (参照)。朝日新聞は、「大学入試に強い」 と自画自賛しているが、朝日新聞を購読したからといって、大学入試に受かるとは限らない。同様に、第一学習社の国語教科書を使ったからといって、この問題だけはすべてできたとは限らない。

とくに国語なんていう科目は、結局文章センスの問題だから、読解力のいい子は、初めてだろうがなんだろうが、スラスラわかるのだ。だから、感情的な不公平感よりは、実際の影響は軽微だろうと思う。

ちょっとイヤラシイ自慢をさせていただくと、私は30数年前に大学入試を受けたとき、国語科目の試験開始のベルがなり、問題用紙を一目見て、本気で驚いた。「こんなもんで、落ちるヤツがいるんか !?」 と。

私はとても不真面目な高校生だったので、受験勉強なんか真面目にやらなかった。当然、模擬試験なんかもまともに受けなかったので、大学入試がどんなものか、あまり予備知識がなかったのである。今から思えば、とんでもない受験生だった。

それでも、本番の問題を一目見て、とても安心した。これなら満点だと確信したのである (一応、一流と言われる大学の試験であった)。

国語の問題なんて、そんなものである。あまり目くじらたてなくてもいいだろう。数学の証明問題とかなら、話は別だろうが。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「ガバナビリティ」 について考える | トップページ | ラジオが作る 「耳年寄り」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2608653

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験:

« 「ガバナビリティ」 について考える | トップページ | ラジオが作る 「耳年寄り」 »