« ラジオが作る 「耳年寄り」 | トップページ | 冬の帰郷 »

2005/01/20

「かすと」 と 「さんごろぺ」

私は三代同居の家で育ったので、由来もはっきりしない古い庄内弁の飛び交う中で、子ども時代を過ごした。

その代表格が 「かすと」 と 「さんごろぺ」 である。この二つは、悪いイメージの代表格として、子どもを叱る際に、「~じゃあるまいし」 という使い方がされた。

庄内弁には訳のわからない言葉がかなりあるが、よく辿れば大抵は古語の訛りであるとわかる。つまり、いくらチンプンカンプンでも、庄内弁とて日本語の一部なのである。

例えば、驚くことを 「きもける」 という。これは、「肝がひっくり返る」 ということで、つまり、それほどまでにびっくりするということだ。

「もっけだの」 は 「ありがとう」 である。道理のわからない余所者は、「庄内人は、人に何かしてもらうと、すぐに 『儲けた』 なんて、はしたないことを言う」 などと言う人もあるが、これは決して 「儲けた」 の訛りではない。「もっけの幸い」 の 「もっけ」 であり、意味は 「滅多にないこと」 である。つまり、その心は 「有り難い」 と同じなのである。

このように、多くの庄内方言の語源は案外簡単にわかるのだが、「かすと」 と 「さんごろぺ」 (最後の 「ぺ」 は "pe") は、何だかよくわからない。

「かすと」 は、がつがつ食べることを言う。子どもの頃、空腹のあまり息せき切ってご飯を掻き込むと、祖母に 「"かすと" であんめし、もと、よっくりけ!」 ("かすと" じゃあるまいし、もっとゆっくり食え!)  と怒られた。しかし、私が 「"かすと" って何?」 と聞いても、いつも笑って答えてくれなかった。多分、彼女も知らなかったのだろう。

最近、秋田県の本荘由利地域 (庄内のすぐ北隣) の方言をまとめたサイトの中に、「かつと」 という言葉を見つけた。使い方は、庄内弁とまったく同じである (参照)。

このサイトでは、「かつと」 は 「飢人??」 としている。しかし、「飢」 の読みは 「キ」 と 「うえる」 だから、「かつと」 に字を当てるとしたら 「渇人」 の方が正しいだろう。ただ、一般的な古語辞典で引いても 「渇人」 は出てこない。漢和辞典には 「飢人」 があるが、これでは 「かつと」 や 「かすと」 と読み下すのは無理があるし、やはり謎として残る。

さらに謎を呼ぶのは 「さんごろぺ」 である。子どもの頃、着崩しただらしない身なりをしていると、「"さんごろぺ" であんめし!」 ("さんごろぺ" じゃあるまいし!)  と怒られるのだった。これも、「かすと」 同様、意味を聞いても納得のいく回答を得た例しがない。

私は子供心に、「そう遠くない昔、"三五郎平" とか "山五郎兵衛"とかいう名前の、とてもだらしない人がいたのだろう」 ぐらいに思っていた。一説によると、「いつもチンチン丸出しで歩いていた人」 などとも言う。そうなると、知る人ぞ知る 「仙台四郎」 みたいな人だったのかもしれない。

しかし、同じ 「チンチン丸出し」 でも、四郎様は写真まで残るはっきりした実在の人で、仙台では今や商売繁盛の福の神扱いだが、「さんごろぺ」 は実在も定かではなく、ただ単にだらしない人の代表みたいな言われ方で、扱いに差がありすぎる。

ある時、母の叔父 (祖父の弟) が来たとき、さんごろぺを知っているかと聞くと、彼は笑って、「ほほう、いだもんだけのぅ」 (ほほう、居たものだったなぁ) と答えた。ところが、やれうれしやと、どんな人だったかと訊ねても、言を左右にして、具体的なことは何も言わない。要するに彼も知らなかったのだろう。結局 「ウソばっか!」 ということになった。

半世紀近い謎を引きずっていると、どうも夢見が悪い。「かすと」 「さんごろぺ」 関係で有力な情報があったら、メールで知らせていただければ幸いである。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ラジオが作る 「耳年寄り」 | トップページ | 冬の帰郷 »

庄内の話題」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2632066

この記事へのトラックバック一覧です: 「かすと」 と 「さんごろぺ」:

« ラジオが作る 「耳年寄り」 | トップページ | 冬の帰郷 »