« 電車とデパートは暑すぎるかもしれないが・・・ | トップページ | 杉花粉と種の保存 »

2005/01/25

国鉄時代の乗客サービス

昨日は、今頃の季節になると、電車内と百貨店の店内が暑すぎるということについて書いたが、電車内冷暖房の調整に関しては、一時よりずっと良くなってはいる。

それは、JR になって民営化されてからである。旧国鉄時代なんて、本当にひどいもので、客を客とも思っていなかった。

それは忘れもしない、私が大学生時代に、春休みに帰郷して、東京に戻るときのことだった。私は酒田から旧国鉄時代の 「特急いなほ号」 に乗車したのである。

春らしい日射しのホームから車内に乗り込むと、そこはむっとするほどの暑さだった。外気温との差による身体の錯覚かと思ったが、そうでもない。周囲をみても、みな上着を脱いで、上気した顔に玉の汗を浮かべている。どうみても暖房の効きすぎだ。

まもなく前方から、車掌が検札に廻ってくるのが見えた。やれやれ、助かった。これで誰かがきっと、あの車掌に暖房の調節を頼むに違いない。

しかし、見ていると、車掌に暖房の苦情を言う乗客は一人もいない。東北地方日本海側の人たちは、概ね素晴らしい忍耐の美徳を備えているが、それは、我慢しなくてもいいことを我慢してしまうという欠点にも通じる。時と場合によっては、謙虚すぎるのも考えものだ。

ここは、私が言ってやらなければならない。そうでないと、電車が上野に着くまでに、皆ゆでだこになってしまう。自分の検札の番になったとき、私は 「車内が暑すぎるんですけど」 と車掌に言った。

すると、その車掌はこともあろうに、こう応えたのである。

「まだ春で、冷暖房の切り替えが済んでないので、冷房は入れられません」

私は呆気にとられてしまい、その車掌の顔をまじまじと見つめた。あまりのことに、「冷房を入れろと言ってるわけじゃなくて、暖房を弱めてくれればいいのだ」 という当たり前の言葉が、浮かんでこなかった。その替わり、「お話にならないから、もういいです!」 と吐き捨ててしまった。

車掌が行ってしまうと、周囲の乗客が口々に 「なんて車掌だ、ありゃバカか」 と悪態をつき始めた。

しかしここは、悪態をつくより、ゆでだこにならない方策を工面しなければならない。試しにデッキに出てみると、ドアの反対側の壁に空調のボタンが見つかった。真冬でもないのに三段階の最高にセットされていた。

私は迷わず最低にセットするボタンを押して席に戻ってみると、それまで吹き出していた熱風は嘘のように収まり、少しは凌ぎやすくなりつつあった。

民営化されてから、さすがにこれほどひどいことはなくなった。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 電車とデパートは暑すぎるかもしれないが・・・ | トップページ | 杉花粉と種の保存 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2680314

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄時代の乗客サービス:

« 電車とデパートは暑すぎるかもしれないが・・・ | トップページ | 杉花粉と種の保存 »