« アクセスを稼ごうと思うなら | トップページ | どえらい迷惑な、トラックバック・スパム »

2005/02/03

「頭痛の日」 という訳のわからない記念日

昨日、2月 2日は 「頭痛の日」 だったそうだ。 慢性頭痛に悩む人たちで結成した 「頭痛撲滅委員会」 が、「ず (2) つう (2)」 のベタな語呂合せで、平成 13年に制定した。

慢性頭痛に悩む 「頭痛持ち」 の存在をアピールし、社会に理解の輪を広げるのが目的だったらしい。

ところが、この 「頭痛撲滅委員会」 という組織は、今では活動を休止しているのではないかと思われる。「今日日日記」 というサイトによると、結成された年の平成 13年には 「頭痛川柳」 の募集をしていたが、翌年には早くもサイトが消滅してしまっていたようである。

つまり 「頭痛の日」 は、その推進団体がたった 1年で活動を休止してしまったにも関わらず、名前だけが一人歩きして、4年経った今でも語り継がれているというわけだ。実体が不明確になっても名前だけは残るというあたり、先日取り上げた 「カレーの日」 に似ている。(参照

作るのはたやすいが、廃止するのは難しいというのは、どうでもいい法律や規則、制度、果てはお役所の要りもしない部署、外郭団体などと通じるところがある。コワイものである。うかつにモノは作れない。

部署や制度を作るときは、その規定の最後の方に細則として、以下のような条項を付け加えたいものだ。

1.この部署 (あるいは制度) は、○年後に廃止する。ただし、廃止による影響が甚大である場合に限り、延長が認められ、1年後に改めて見直しを行う。

2.上記の見直しを行う主体が消滅してしまった場合は、当該制度も同時に消滅したものとする。

こうでもしないと、わけのわからない制度や団体が乱立して、収拾がつかなくなってしまう。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« アクセスを稼ごうと思うなら | トップページ | どえらい迷惑な、トラックバック・スパム »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2787167

この記事へのトラックバック一覧です: 「頭痛の日」 という訳のわからない記念日:

« アクセスを稼ごうと思うなら | トップページ | どえらい迷惑な、トラックバック・スパム »