« 商品としての 「南セントレア市」 | トップページ | 「建前論」 の復権を »

2005/02/13

非科学的なものは人権侵害につながるか

大津市の手帳の話で、ため息をついた。「六曜」 が記載された職員手帳を、人権団体の 「不適切だ」 との指摘によって、すべて焼却処分するというニュースである。

重箱の隅をほじくりまわす人権団体と、 「建前論」 に終始した市役所の対応に、やりきれない思いがしてしまった。

はっきり言って、「六曜」 の記載がなにゆえに人権侵害に当たるのか、まともに理解できる人は少ないだろう。「非科学的」 なものをすべて排斥していたら、この世の中は何もまともに運ばなくなるではないか。

六曜の記載についていえば、そりゃあ、記載されている方が便利である。私自身はそんなものはまったく気にしないが、だからといって、セレモニーに関することで無頓着に事を進めると、気にする人から必ず横やりが入るに決まっている。それならば、余計な摩擦を避けるためには、知っておくにこしたことはない。(これは単なる処世の術というだけの話だが)

それから、知人や親戚が亡くなった場合などでも、「友引」 に葬式は入らないだろうから、知っておけば直前のスケジュールの調整がしやすいということもある。

「本音と建前」 とで言ったら、今どき、ほとんどの人は、日常的な意識では 「六曜」 なんてものにこだわらないに決まっている。それが 「本音」 だ。だったら、そんなもの無視すればいいのだが、そう簡単には進まない。

「六曜」 が登場するのは、セレモニアル (儀式的) なことに限られるのだ。「儀式」 というのは、「本音」 が嫌いで、「建前」 が大好きなのである。

そういうわけで、誰もが普段は気にしない 「六曜」 だが、結婚式だの、葬式だの、起工式だのと言ったケースでは、俄然、クローズアップされてしまう。セレモニーというのは、元々それ自体が非科学的な心性に立脚しているのだから、仕方ないのである。

結婚式の指輪の交換やお色直しなんて、非科学的なことおびただしい。葬式のお経だって、怪しいと言えば怪しいし、「浄めの塩」 と来た日には、何しろ 「穢れを浄める」 のなんのというわけだから、人権的な視点からみたら、かなりアブナイものを秘めている。それから、起工式の祝詞 (のりと) だって、つつけば相当出てきそうだ。

滋賀県の住民向けの人権研修に使っている冊子では、六曜などの迷信にこだわることは差別意識につながりかねず、「こだわらないことが大切」 としているらしい。

ふむふむ、なるほど、「こだわらないことが大切」 ということに、人権団体は異常にこだわってしまっているわけだな。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 商品としての 「南セントレア市」 | トップページ | 「建前論」 の復権を »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2901269

この記事へのトラックバック一覧です: 非科学的なものは人権侵害につながるか:

« 商品としての 「南セントレア市」 | トップページ | 「建前論」 の復権を »