« まんざら馬鹿でもないらしい | トップページ | キリ番の裏側 »

2005/02/06

細木数子というオバサン

細木数子というオバサンがいる。この名前は、30年以上前に聞いたことがあった。

当時、硬派の芸能評論家だった竹中労氏 (故人) が、経済的に窮地に陥った島倉千代子が、細木数子という質の悪い女に騙されているとして、警鐘を鳴らす記事を書いていたものだ。

竹中労は何度も 「あの女とは関係をもつな」 と忠告したらしいが、当時島倉千代子は、細木数子の手練手管にすっかり心酔していたようで、まったく聞き入れられなかったらしく、しまいには匙を投げて、「頭の悪い女はしょうがない」 みたいなことまで書いているのを読んだ記憶がある。

その後のことはまったく関心がなかったが、島倉千代子も途中で細木には愛想が尽きたらしく、縁を切ったおかげで何とかなったようだ。その間の事情は、このページで改めて知った。

その細木数子がテレビで視聴率を稼いでいるらしい。知ったことかと無関係を決め込んでいたが、先日、某所で彼女の出ている番組を見る機会に遭遇した。

その番組では、黒沢年男が、「天台宗の猊下に 『馬鹿におなりなさい』 と言われて、そのおかげで、自分の殻を破ることができた」 みたいなことを言っていた。

細木数子、それを受けて曰く

「あぁ、天台宗ね、あれはいい宗教ですよ」

(そんなの、今さらあんたに言われなくても・・・)

さらに曰く

「馬鹿になるというのも、時にはいいかもしれませんよ。馬鹿と思わせて、相手を油断させるということもあるしね」

これを聞いて呆れた。

「相手を油断させるために」 馬鹿を装うなんてのは、日本語では、単なる 「小利口」 というのだ。「小利口」 の殻を破るために 「馬鹿」 になれと言ったのである。それとも、大石内蔵助になれってか?

要するに、この程度のオバサンなのね。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« まんざら馬鹿でもないらしい | トップページ | キリ番の裏側 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/2819348

この記事へのトラックバック一覧です: 細木数子というオバサン:

« まんざら馬鹿でもないらしい | トップページ | キリ番の裏側 »