« 識字能力問題とサイトの読みやすさ | トップページ | 情報操作 − 「知らせないこと」 の罪 »

2005/04/29

FD 紛失事件というアナクロ

UFJ 銀行東京本部の顧客管理部門が、融資先企業の取引先 347社の住所や売上情報などを記録したフロッピーディスク 1枚を紛失したと発表した。(参照

どうも誤って捨てた可能性が高いようだが、今どき、FD で情報をやりとりする形態がまだ残っていたことに驚いた。

ここ 2~3年の内にパソコンを使い始めた若い人たちには、FD に触れたこともないという人だって多いだろう。それほど、FD は過去のものになりつつある。

私が最後に FD を使ったのはいつのことだったろう。少なくとも、この 2年ぐらいは使ったことがない。そもそも、私が今使っているデスクトップとモバイルノートは、両方とも FD を挿入するドライブが付いていない。

確かに、最近になってからも FD で情報を渡したがる人もいないではない。そんな場合、私は 「できればメールに添付して送ってもらえませんか」 と、やんわり言うことにしている。

滅多にないことだが、インターネット対応していない場合は、いつも持っているスティックタイプの USB メモリに入れてもらう。さすがに、USB の使えないマシンは、最近はみられなくなった。

私がなるべく FD を介した情報のやりとりを避けたいと思っているのは、そもそも、FD というものをあまり信頼していないからである。このメディアは、物理的に案外簡単に壊れる。壊れないまでも、なぜか情報が読み出せない場合もある。

以前、NEC のPC9800シリーズのマシンで記録した FD は、DOS-V では読めないという不都合があった。Windows 95 が普及し始めた頃は、従来の MS-DOS でフォーマットした FD が読めないという、訳の分からないケースも相次いだ。そんなこんなで、私は FD に嫌気がさしてしまったのである。

それだけに、FD に取引先情報を記録して渡すなどということが、ずいぶんアナクロのような印象を受けてしまったわけだ。ブロードバンドの世の中だから、FD 1枚に入るぐらいのファイルなら、メールに添付しても送受信に大して時間はかからないのに。

セキュリティの観点からしても、FD という形で放り出しておくのでは、危なくてしょうがないだろう。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 識字能力問題とサイトの読みやすさ | トップページ | 情報操作 − 「知らせないこと」 の罪 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/3899944

この記事へのトラックバック一覧です: FD 紛失事件というアナクロ:

» フリーの暗号化ソフト、USBで持ち歩きやメールの時とか使えるかも。 [ひなたぼっこ (おじさんのパソコン&IT的情報生活(^^;)]
http://homepage2.nifty.com/hibara/softwa [続きを読む]

受信: 2005/05/15 11:03

« 識字能力問題とサイトの読みやすさ | トップページ | 情報操作 − 「知らせないこと」 の罪 »