« 毎日がエイプリルフール | トップページ | 「差出人が自分?」 のスパム »

2005/04/03

偏差値と IQ

受験シーズンも終わってしまったが、偏差値という言葉の意味を、私はきちんと認識していないことに気付いた。

高校時代、模擬試験とやらを受けさせられ、意味不明の数字が返ってきたが、全然気にもしなかった。一度きりのテストで頭の中身をどうこう言われたくない。

その時の私の 「偏差値」 というのは、かなり低い数値だった。そりゃそうだ。「偏差値」 というのは、基本的にテストの点数をもとに操作してはじき出した数字である。私は高校時代の 2年 8か月を遊んで暮らしたから、テストでいい点なんか取ったことがない。

しかし、さすがに大学受験が迫ってきたので、最後の 4か月はそれなりに勉強した。勉強というのは、してみると、面白いほどに頭に入る。「なんだ、ここんとこがわかれば、あの時、満点取れたのだな」 ってなものである。

それで最終的にはかなり点数が上がったのだが、母校に残されている (かもしれない) 私の 「偏差値」 のデータは、低いままのものでしかない。卒業後 2~3年は、受験指導における 「極端に例外的なケース」 として、無視されていたと聞いた。

要するに、こんな程度の偏差値では入れっこない大学に、軽い気持ちでいくつも合格しちゃったので (自慢たらしくて恐縮)、普通の受験指導には邪魔なデータになってしまったらしい。

もう一つわからないものに IQ というのがある。中学校時代に IQ テストというのを受けさせられて、自分の結果を知りたい生徒は、担任の教師に聞きに行くと教えてもらえた。それで、同級生は、自分は 110 だの、あいつは 115 らしいだのと、密かに噂している。

私も自分の IQ とやらがどの程度なのか知りたくなって、教員室に聞きに行ったのだが、なぜか教えてもらえなかった。担任の教師は 「あんなべらぼうな数字を教えたら、天狗になってしまうから、当人のためにならない」 と言っていたらしい。

おいおい、そんな曖昧なことを言ったら、私のことだから極端に高い数字を妄想して、天狗以上のものになってしまうぞ。実際には、IQ の 「相場」 みたいなものを知らないので、妄想のしようもなかったが。

というわけで、私は自分の IQ を知らない。そもそも、IQ というのは年齢と共に変化するらしいから、今ではすっかり 「ただの人」 になっているような気もするので、改めてトライしようという気にもならない。

だから、私は自分のまともな偏差値と IQ というものをまったく把握しないうちに、こんな年になってしまったのである。要するに、そういうことにあんまり興味がないみたいなのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 毎日がエイプリルフール | トップページ | 「差出人が自分?」 のスパム »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/3539331

この記事へのトラックバック一覧です: 偏差値と IQ:

« 毎日がエイプリルフール | トップページ | 「差出人が自分?」 のスパム »