« 高田渡の訃報 | トップページ | 「反米」 「反日」 の表と裏 »

2005/04/18

赤に変わらない黄信号

中国の反日デモについて、ごく当たり前の反応をここに書いてもしょうがないが、あんな風に堂々と素顔を晒して投石をする上海のあんちゃんには、「あんた、志が低すぎるよ」 と言ってあげたい気がする。

「自分の安全は保証された乱暴狼藉」 を働くのは、単なる 「お調子者」 だ。

帰りのバスまで官憲によって用意されているような 「暴力的示威行動」 なんてのは、聞いたことがない。そんな場面で石を投げたところで、かっこ悪くてしかたないじゃないか。

領事館への投石なんていう違法行為を働く場合は、顔を隠すのが常識というモノだ。日本ではその昔、ある程度は官憲に 「泳がされていた」 とみられるフシのある全共闘だって、ヘルメットにタオルという正装で素顔を隠していたものである。

あれほど堂々と素顔を晒しているというのは、決して逮捕されないという保証があるからである。マッポとつるんで暴れるなんてのは、10年後に自慢のできる話じゃない。

あれでは、 「赤信号、皆で渡れば恐くない」 以下の所業である。何せ、「絶対に赤に変わらない黄信号」 なのだから。

あんなに 「官民グル」 がまともに印象づけられるようでは、演出が下手すぎる。頭の悪い演出家と、センスの悪い役者による、「最も安直な鬱憤晴らし」 に群がっているようでは、国の将来も思いやられる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 高田渡の訃報 | トップページ | 「反米」 「反日」 の表と裏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/3746218

この記事へのトラックバック一覧です: 赤に変わらない黄信号:

» 中国は間違いなく崩壊する [依存症の独り言]
今、巷には、中国の非礼極まりない態度に対する非難の声が満ちている。これまで、あの国にあまり関心を抱かなかった人たちも、今回はさすがに頭にきたようだ。結果的に中国政府は今回、日本国内に「反中感情」を普及させる役回りを果たしたことになる。おそらく「政冷経熱」も「政冷経冷」に向かうであろう、徐々にではあるが。これを「自業自得である」と云ってしまえばそれまでだが、実は中国には、そこまでせざるを得ない事情があるのだ。... [続きを読む]

受信: 2005/04/18 02:01

« 高田渡の訃報 | トップページ | 「反米」 「反日」 の表と裏 »