« 「反米」 「反日」 の表と裏 | トップページ | 対中外交カードとしての大使館外壁 »

2005/04/20

誰も損をしない反日デモ

中国の反日デモ、日本のニュースでは乱暴狼藉場面ばかりが放映されているが、参加した大方の中国人にとっては、呑気な憂さ晴らしだったようだ。良き友、坂口昌章氏のブログで報じられている。

見たところ、今回の反日デモは、誰にとってもあまり損はないようなのだ。

まず、当の中国にとっては

  • 人民の政治的不満のガス抜きができる。
  • オリンピック開催の前にガス抜きができたことは大きい。
  • 日本に 「歴史認識」 における反省を迫ることができる (と思っている)。

そして、日本 (の保守勢力) にとっては、

  • 「瓢箪から駒」 式に、「何言ってやんでぇ、べらんめぇ」 的ナショナリズムの高揚が図られた。
  • 対中 ODA の見直し機運が高まった。
  • 内政の混乱から目を逸らすことができる。

日本の左翼勢力にとっては、

  • ほら、言わないこっちゃない、日本の歴史的な反省が足りないから、こんなことになると、キャンペーンできる。
  • 靖国参拝にこだわる小泉内閣では、周辺諸国との友好が図れないと、攻撃材料にすることができる。

台湾にとっては、

  • 中国メインランドの無茶苦茶さが印象づけられて、台湾が相対的に善玉になった。
  • メインランドに集中しがちだった投資が、台湾にも向けられることが期待される。

韓国にとっては、

  • ね、ねっ、日本て酷い国だよね、と、「反日」 を共有できるパートナーができた。
    (ということは、北朝鮮と中国以外に、「反日」 を共有できる国がないということだが)

北朝鮮にとっては、

  • とりえあえず、日本を敵とする視点で、完全な孤立を防ぐことができる。

周辺アジア諸国 (とくに ASEAN) にとっては

  • 中国一辺倒だった投資が、嫌中ムードで周辺諸国に分散される期待が高まった。
  • アジアのパワーバランスで、キャスティング・ボートを握れる可能性が高まった。

米国にとっては

  • 中国への牽制球を投げることで、日本にまたしても恩を売れた。
  • クォータ撤廃による貿易摩擦を和らげるカードに使える。

EU にとっては

  • 高みの見物を洒落ながら、「アジアってしょうがねえなあ」 と優越感にひたれる。
  • 乱暴な中国から輸入するより、EU 域内での貿易や投資の方がいいよねと、プロモーション材料に使える。

なんだ、どの国もハッピーじゃないか。迷惑したのは、とばっちりを蒙った日本料理店と日本車のオーナーだけか。

とはいえ、中長期的視点では、差引勘定で中国にマイナスとなって顕れるのではないかなぁ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「反米」 「反日」 の表と裏 | トップページ | 対中外交カードとしての大使館外壁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/3773190

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も損をしない反日デモ:

« 「反米」 「反日」 の表と裏 | トップページ | 対中外交カードとしての大使館外壁 »