« ラジオ出演、その後の 「庄内力」 | トップページ | フィリピンの元日本兵騒動 »

2005/05/30

そもそも 「分祀」 って・・・

靖国神社における A級戦犯の 「分祀」 が話題になっている。(参照

政治的な判断は別として、この 「分祀」 という言葉がテキトーに使われていることに、私は 「ちょっと待てよ」 と言いたくなってしまう。これをきちんと整理しないと、議論自体がナンセンスになってしまうぞ。

そもそも 「分祀」 というのは、軽薄な言い方だが、私としては 「神社の支店を出すようなもの」 と理解していた。Goo 辞書で調べてみても、「本社と同じ祭神を他所の新しい神社にまつること。また、その新しい神社」 となっている。

「本社と同じ祭神」 という記述にご注意いただきたい。つまり、「分祀」 というのは、「祀られる祭神」 を分割するのではなく、社を分けるのだろう。その中身は同じなのだ。

例えば、全国に 「住吉神社」 は数多くあるが、祀られている主神は、同じ住吉大神である。別の主神を祀っているわけではない。住吉大神が、底筒男命、中筒男命、表筒男命の三柱の神の総称であるからといって、その一柱ずつを分けて別々の神社に祀ったら、それは 「分祀」 とは言わないだろう。

今回の議論は要するに、靖国神社に祀られる御霊の中から、A級戦犯のみを除外して、まったく別の神社 (あるいは慰霊施設) を作って、そこに祀れということなのだろう。だったら、「分祀」 という言葉を使うのは間違いということになる。

検索サイトで調べてみたら、靖国神社は既に昨年の段階で 「分祀」 問題に関して明確な見解を表明しているではないか。(参照

あくまでも、政治的な判断から離れて、純粋に 「分祀」 という言葉に沿った議論をするならば、この靖国神社の見解で、完全にケリが付いていると思うのである。

だから、まともな議論をしたいのだったら、「分祀」 なんていう言葉を使わず、「靖国神社はA級戦犯を祀るのを止めろ」 と明確に主張しなければ始まらないのである。議論はそこからスタートする。

しかし、ここが大切なことだが、国は靖国神社を 「一宗教法人」 としているのだから、国の考えを押し付けるわけにもいかない。国としてこんな議論をすること自体が、「政教分離」 の原則に反してしまうというジレンマに陥るのである。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ラジオ出演、その後の 「庄内力」 | トップページ | フィリピンの元日本兵騒動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4331342

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも 「分祀」 って・・・:

« ラジオ出演、その後の 「庄内力」 | トップページ | フィリピンの元日本兵騒動 »