« 自覚的にものを食う | トップページ | 監禁事件 »

2005/05/12

物事の理解の糸口

私はつい最近まで、竹内結子、木村佳乃、中谷美紀、仲間由紀恵の区別がつかなかった。(ちなみに、4人の名前も、Google で苦労して確認した)

ところが昨日、一瞬にして区別がついたのである。その糸口は、中村獅童と竹内結子の結婚というニュースだった。

私はテレビドラマ、とくにいわゆるトレンディー系のものはほとんど見ないので、これまではこの 4人の女優を区別する必要に迫られていなかったのである。ただ、区別はつかないまでも、CM などで頻繁に登場するので、なんとなくごっちゃに印象されていたのだ。

ところが、今回の結婚ネタで、Goo の写真ニュースで見て、まず竹内結子が差別化された。「そうか、なんとなく韓流ドラマっぽい、いわゆる美人顔が竹内結子だな。よし、わかった!」

次の瞬間、歌舞伎つながりで中谷美紀が特定できた。「お〜いお茶」 の CM を、海老蔵とともにやっているのがそうだろう。4人の中では最も韓流ドラマっぽくない 「個性」 を感じさせる顔立ちとして差別化された。

するとほとんど自動的に、中谷と紛らわしかった (あくまでも私の中でのことだが) 仲間由紀恵の差別化ができた。そうか、「ごくせん」 とかいうドラマに出てたのが、仲間由紀恵だな。よし、これで大丈夫。

そして、最後に残ったのが木村佳乃ということになる。確か、なんとかいうクッキーの CM に出ていたはずだ。結構きれいな英語を話していたかな。帰国子女だとか。よし、これで、4人全員の区別が OK だ。

すると、今までおぼろだった 4人の顔までが、きちんと区別して思い出せるようになった。まるでドミノ倒しのように、パタパタッとけりがついてしまったのだ。

物事は、糸口さえつかむことができれば、後はあっという間にきちんと整理が付いてしまうものである。そうか、理解するということは、自分なりの糸口を発見する作業なのだな。

ひょんなことから、「理解」 ということの本質を垣間見たような気がする。4人の女優の区別がついたことより、こっちの方が収穫としては大きいかな。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 自覚的にものを食う | トップページ | 監禁事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4085544

この記事へのトラックバック一覧です: 物事の理解の糸口:

« 自覚的にものを食う | トップページ | 監禁事件 »