« カレーの日の謎 解ける | トップページ | Google の翻訳アルゴリズム »

2005/06/03

花田家の 「ねじ曲がり」

故・二子山親方の葬儀のニュースで、若貴兄弟がお互いに目も合わせないという、異常な光景が強調されていた。

世の中には周りから 「変な家族だなあ」 と思われているファミリーがかなりあるが、花田家というのは、その中でも典型的な例だと思ってしまうのである。

誤解を恐れずに言ってしまうが、「変な家族」 のほとんどは、大人しく忍耐強い旦那と、我の強い仕切りたがりのかみさんの間に、妙に真面目な息子がいるというケースである。被害を蒙るのはもっぱら息子で、娘は案外なんとか世渡りできてしまうことが多い。

こうした家族の息子の多くは、何から何まで思い通りにしたがる母親のプレッシャーに押しつぶされて、引き籠もってしまうか、非行化してしまうかのどちらかだ。周り中を見てみるといい。「変な家族」 というのは、たいていこのパターンである。

さすがに、花田家の息子二人は、引きこもりにも非行少年にもならなかったが、それだけにより深刻な 「ねじ曲がり」 を生じてしまったように見える。

兄貴の方は、まだ世間の常識みたいなものを意識しているフシがあるが、弟の方は、相撲ではトップを極めたかも知れないが、人間としては、どう見ても青二才以下だ。それが露骨にわかってしまうというのも、この人の 「妙な生真面目さ」 故なのだろうが。

どうも、「厳しさ」 だけを与えられて、「無条件の愛情」 というものを注がれた経験がないのではないかという気がする。

努力はするが、それはその努力に対する 「見返り」 が確実にあるからであって、「見返り」 を期待しない 「無条件の愛情」 というものを知らずに育ってしまうと、今の貴乃花のような、人間味のない 「鉄面皮の人」 になってしまう。

あれでは、弟子が苦労するだろう。それ以前に、大事な息子をこの親方に預けようという親がいなくなるだろう。

人間は幼少期の間に 「無条件の愛情」 を注がれないと、後から帳尻を合わせるのは大変な作業になってしまうようだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« カレーの日の謎 解ける | トップページ | Google の翻訳アルゴリズム »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4387332

この記事へのトラックバック一覧です: 花田家の 「ねじ曲がり」:

« カレーの日の謎 解ける | トップページ | Google の翻訳アルゴリズム »