« 中国のインターネット検閲 | トップページ | 英語力の要は中学英語 »

2005/06/17

D-cubic とやらに及び腰で注目

ライブドアが 「D-cubic」 と称する公衆無線 LAN サービスを始めるそうだ。月額 525円の定額で、10月 1日開始予定の正式サービスでは、山手線圏内の 80%をカバーする予定だという。(参照

これが予定通りに問題なく運用されるようなら、私だって是非利用したいものである。

これは、注目に値する情報といっていいだろう。私も十分注目している。ちょっとだけ及び腰ではあるが。

私は都内にオフィスを持たないから、モバイル PC が必需品である。そして、外出中は PHS を使ってインターネットに接続している。

接続速度は 128Kbps である。つい数年前までもてはやされていた ISDN の 2倍とはいうものの、実効速度は 100Kbps 程度のものだ。ブロードバンド時代としては、いかにも遅い。

山手線内のほとんどの地点で、まともなブロードバンドの速度でインターネットに接続できるとなれば、それは福音というものだ。

従来の公衆無線 LAN サービスは、エリアが限定されている上に、料金も高すぎた。今回発表されたようなサービスが運用されてこそ、「ユビキタス」 というものである。

問題は、実際の運用が想定された通りにきちんと運ぶかどうかである。最大 54Mbps のベストエフォートというが、同一エリアで多くの PC が接続したら、当然にもパフォーマンスは落ちるだろう。安定した接続ができるかどうかも、まだ実証されていない。

なにぶん、相手があのライブドアだから、大風呂敷は広げてみたものの、走り出したらトラブル続出ということだって、考えられなくもない。

とはいえ、もしきちんとうまく行ったら、これは画期的なことになる。ライブドアの株価はとんでもない上がり方をするかもしれない。それなりの配当がされるかどうかは別として。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 中国のインターネット検閲 | トップページ | 英語力の要は中学英語 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4585792

この記事へのトラックバック一覧です: D-cubic とやらに及び腰で注目:

« 中国のインターネット検閲 | トップページ | 英語力の要は中学英語 »