« ココログにログインできなくなっちまった | トップページ | ファーストフード・バトン »

2005/06/24

テレビ CM 受難の時代に

みのもんたの朝ワイドでの失言で、番組スポンサーが降りてしまったというニュースには、笑ってしまった。(参照

この騒動は、もしかしたらビオフェルミン製薬にとっては、負担の大きい番組スポンサーを降りるには、ちょうどいい口実になったのかもしれないと、私は疑っている。

同社のウェブサイトに当たってみたところ、昨年度の売上げは約 70億円をちょっと越したというところである。思ったより少ないが、主力商品がビオフェルミンのシリーズしかないので、まあ、そんなところか。

資本金は 12億円余りで、かなり大きいが、従業員数が 138名なので、中小企業経営革新支援法に基づく定義によれば、立派な 「中小企業」 である。当期利益が 10億円近くあるのだから優良企業なのだろうが、この規模ではワイドショーの番組スポンサーは結構な負担だったのかもしれない。

これが大正製薬クラスの大企業だったら、鷹揚に構えたフリをしてさんざん謝らせ、ペナルティとしてスポンサー料の割引なんぞをさせるところかもしれないが、中小企業としては、これ幸いと、さっさと降りてしまうに限ると判断したのだろう。

それでなくても、巷ではテレビ CM の効果に対する疑問が顕在化している。野村総合研究所 (NRI) は、ブロードバンドや HDR (ハードディスク・レコーダー)の普及により、テレビ CM 市場において、約 540億円の価値が失われた試算している。(参照

ビオフェルミンというブランドの認知率は、既にかなり大きい。中小企業にしてはかなり大きな市場的価値を持っている。この価値を維持するためだけならば、テレビ CM にこだわる必要はまったくない。

いや、テレビ CM というのは、既にかなり効率の悪い手法になってしまっていて、最低限の露出さえあればいいという考えもあり得るのである。今回スポンサーを降りたというのは、案外正しい判断だったかもしれない。

朝ワイドのスポンサーを降りて浮いた金の一部を、他の媒体広告に回したら、もっと効率のいいプロモーションができるはずだ。

いずれにしても、スポンサーの広告料に頼るという民放テレビのビジネスモデルは、このままで行くはずがない。何かチョンボしたら、スポンサーに CM 打ち切りの口実を与えてしまうことになる。

テレビ局にとっては、なかなかしんどい時代になるのだろう。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ココログにログインできなくなっちまった | トップページ | ファーストフード・バトン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4681562

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ CM 受難の時代に:

« ココログにログインできなくなっちまった | トップページ | ファーストフード・バトン »