« 「ポイズン"ビ"ル」 をめぐる冒険 | トップページ | Musical Baton に答える »

2005/06/21

田中小実昌氏に座布団三枚!

「ポイズンピル」 をめぐって、昨日に続き、もう一度冒険させていただくことにする。

流れるものと残るもの」 でも触れられているが、ハードボイルド御三家の一人、ダシール・ハメットの 「血の収穫」 という小説に、「パーソンビル」 という町が登場する。この町が 「ポイズンビル」 と呼ばれているという。

私は探偵フィリップ・マーロウの登場するレイモンド・チャンドラーのシリーズならほとんど読んでいるのだが、その先輩格のダシール・ハメットの方は、恥ずかしながら一作も読んでいない。「マルタの鷹」 は、ボギー主演の映画で見たが。

今回は読んでいなくても書けるほどの、些細な内容である。重箱の隅である。まず、そうお断りしておく。

「血の収穫」 の日本語訳には、田中西二郎訳、能島武文訳、田中小実昌訳、小鷹信光訳があるらしい。「孤独のつぶやき」 というサイトに、それぞれの冒頭部分が引用されている。

この小説は、"Personville" (パースンビル) という町があり、それを、"Poisonville" と発音する男がいたというところから始まる。ここで問題にしたいのは、その "Poisonville" が実際にどう発音されていたかだ。

上記の 「孤独のつぶやき」  というサイトによれば、四人の翻訳者のうち、田中西二郎氏、小鷹信光氏の二人は 「ポイズンヴィル」 、能島武文氏は 「ポイズンビル」 と表記している。「ポイズン」 の部分は 3人に共通している。

それに対して、あの田中小実昌氏だけは 「ポイズン」 と濁らずに 「ポイビル」 と表記し (ちなみに、"Personville" の方も 「パービル」 となっている)、その上で、

文字で書けば、Poisonville、毒の町 (ポイソンビル) ってことになる。

と、訳注めいた一文を入れて補っている。つまり、発音だけでは、poison (ポイズン = 毒) そのものにはなっていないということに、並々ならぬこだわりをみせているのだ。

小説では、主人公がこの町の名前を初めて耳にしたのは、とある酒場で "shirt" (シャツ) のことを 「ショイツ」 と発音する炭坑夫が言うのを聞いたということになっている。

つまり、あの "e" をひっくり返した形の発音記号で示される曖昧母音に "r" の付いた発音が 「オイ」 という発音に置き換わる訛りだ。

これは米国では案外よく耳にする。"Girl" なんかも、口の奥にこもったように 「ゴイル」 に聞こえる。数年前にロサンジェルスで泊まったホテルのフロント係の男も、この訛りだった。

この訛りの法則だと、Poisonville も、「パーソン/パースン」 の 「パー」 の部分が 「ポイ」 に置き換わるだけだから、田中小実昌訳の 「ポイソン」 が、多分、いやほぼ確実に、正しいんだろうなあという気がする。

ちなみに 「ポイスン」 の方がより近いのだろうが、"person" を外来語の慣例に従って 「パーソン」 としたからには、「ポイソン」 に帰着させた判断は正しい。

英語では、語尾の 「ズ」 の発音が弱まって 「ス」 に聞こえることはいくらでもあるが、"poison" が 「ポイン」 になることはあまりない。この場合は逆も真なりで、Personville がいくら訛っても、「ポインビル」 にはならないはずなのだ。ズーズー弁じゃあるまいし。

というわけで、私は 「ポイズンビル」 に流れずに 「ポイソンビル」 とした田中小実昌氏の見識に感服するのである。なにしろ、氏は進駐軍将校クラブのバーテンダーなどを経験しているから、米国人の生の発音には、かなり親しんでおられたはずだ。

ハードボイルドというジャンルは、全体の筋以上に、細部へのこだわりが重要なのである。氏はとてもひょうひょうとして、頼りなさそうに見えたが、このあたりは、とてもしっかりと芯が通っていたわけだ。

今日の結論は、「田中小実昌氏に座布団三枚!」 ということである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「ポイズン"ビ"ル」 をめぐる冒険 | トップページ | Musical Baton に答える »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4635459

この記事へのトラックバック一覧です: 田中小実昌氏に座布団三枚!:

« 「ポイズン"ビ"ル」 をめぐる冒険 | トップページ | Musical Baton に答える »