« 「もったいない」 という言葉 | トップページ | 「申される」 をめぐる冒険 »

2005/07/12

ナガシマさんの漢字表記

10日付の当コラムで、あのお方のことを 「長島さん」 と書いてしまった。どうも 「長嶋さん」 の方が本当のところらしいが、それを指摘しようとしてくれた Rtmr さんが、蹈鞴 (たたら) を踏んでおられる (参照)。

メディアには 「長島」 「長嶋」 の両表記があり、要するに、どっちでもいいようなのだ。

鬼の首を取ったようにチョンボを指摘したりはしないところが、さすが Rtmr さんである。きちんと検索して確認の労をとっておられる。

私はと言えば、どっちが本名か知りもせず、漠然と 「長嶋さん」 が正しいのかなあなどと思いながらも、コラムを書く段になると、先に変換された 「長島さん」 のまま、校正もしていなかった。お恥ずかしい。

Rtmr さんが紹介している "「長島」 か 「長島」 か?" というページによると、本名はやはり 「長嶋」 のようだ。そして、以下のように説明されている。

現在入手できる本で、この名前表記問題について一番細かく記述しているのは、近藤唯之氏の 『プロ野球 新・監督列伝』 (PHP文庫) である。

これによると、本名は 「長嶋」 で、立大時代は各新聞社まちまちの表記だったが、'58年プロ入りの折、記録テーブル統一の必要性から、当時の東京運動記者クラブ代表幹事・好村三郎氏 (立大野球部OB、朝日新聞) が長嶋に 「テーブルを作るのに簡単な “長島” で統一したいが」 と申し込んだという。

そして本人が 「はい結構です、よろしいように」 といともあっさり了承したため、そのまま第一期監督期終了の'80年までずっと 「長島」 だったのだ、とか。

そして、同じページに順序は前後するが、次の記述 (孫引き) がある。

マスコミ報道 (TV・新聞) では基本的に、当用漢字しか使用しない、という規定があったはずです。(中略) しかし、長嶋監督の場合、たしか平成4年秋に就任が決まった際、自分から 「ボク、戸籍上は 『長嶋』 なんだから…」 と報道陣に頼んで、特例中の特例として当用漢字外の 「長嶋」 表記になった……と記憶しちょります。

さらに、次の記述がある。

加えて、驚くことに現在の長嶋監督は、ゲンかつぎの目的で'99年から 「長島茂雄」 に再改名しているのだ、という。

なかなか錯綜したお話で、要約すれば、戸籍上は 「長嶋」 だが、立大時代は、新聞によって表記はまちまちだった。プロ入りを機に、当人の了承の元に新聞では 「長島」 が主流になったが、平成 4年には当人直々の希望で 「長嶋」 になり、そのわずか 7年後にはその当人がゲンかつぎで 「長島」 に戻してしまったと、そういうことだ。

上記引用部分にある 「マスコミ報道 (TV・新聞) では基本的に、当用漢字しか使用しない、という規定」 という部分については、私も専門的なことは知らないが、たとえそのような規定があったとしても、固有名詞に関してはその限りではないはずだ。

そんなきついシバリがあったら、「轟 (とどろき) さん」 や 「轡田 (くつわだ) さん」 、 「塙 (はなわ) さん」 は、浮かばれない。だから、「長嶋」 程度の表記が 「特例中の特例」 というわけでは決してない。

業界新聞記者上がりの私の経験からすると、社長の名前の 「島/嶋」 などで誤表記があったりしたら、社長本人はのほほんとしていても、社の広報部長あたりからきついクレームが来たりする。だから、氏名の表記の確認にはことのほか気を遣っていた。

そんなわけなので、ナガシマさんがプロ入りした当時の記者クラブが、「簡単な “長島” で統一したい」 という申し入れをしたなどというのは、「ずいぶんいい加減なお話だなあ」 と、呆れてしまう。そもそも、立大時代には新聞によってまちまちだったなんて、どうなっているのだろう。あるいは、スポーツ報道の世界というのはその程度のものなのだろうか。

本名とは違う 「長島」 という表記への統一に対して 、当の本人が "「はい結構です、よろしいように」 といともあっさり了承" したなんていうのも、また超テキトーなお話である。多分、プロ入り以前からの表記がまちまちだったのは、当人が自分の名前を書くのに超テキトーだったからではないかと、私は疑っている。

新聞記者なんていうのは、氏名の表記に関しては、普通は当人に確認するだけで、戸籍に当たったり履歴を辿ったりなんぞはしないから、当人が超テキトーでは、どうしようもない。

発端が超テキトーだった上に、また後になって 「長嶋」 だと言ったり 「長島」 だと言ったりしているわけだから、もうお手上げである。まあ、その超テキトーさが、ナガシマさんのナガシマさんたる所以なのだが。

この上なく 「いい人」 なのだが、上司にもったら部下の気苦労は並大抵ではなかろう。だから、現在の 「象徴」 としての存在は、理想的なポジショニングである。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「もったいない」 という言葉 | トップページ | 「申される」 をめぐる冒険 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

戸籍上 長嶋→長島に改名した。これ言わないと国民栄誉賞の件が面倒。

投稿: はねまる | 2013/05/26 21:45

はねまる さん:

へえ、戸籍上で正式に改してるんですね。

ありがとうございました。

投稿: tak | 2013/05/27 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4927198

この記事へのトラックバック一覧です: ナガシマさんの漢字表記:

» 長島か長嶋か [[晴]晴れの日もある]
ナガシマ茂雄氏の漢字表\記に関しては、正しくは「長嶋」だが、「嶋」が当用漢字にないので通称姓として(新聞・雑誌などでは)「長島」を使っているのだろう……と漠然と思っていたのだが、なにやら複雑な事情がある... [続きを読む]

受信: 2005/07/12 01:57

« 「もったいない」 という言葉 | トップページ | 「申される」 をめぐる冒険 »