« とてもエラそうな 「おひとりさま」 | トップページ | 「深川めし」 に 2種類あったなんて! »

2005/07/22

「深川めし」 の復活を祝う

昨年暮れのこのコラムで、東京の名物駅弁 「深川めし」 のトレードオフを嘆いた (参照) のだが、製造販売元がそれを読んでくれたのかどうか、以前の中身に戻っているのを、昨日確認した。

二切れに減らされていた穴子の蒲焼が、めでたくも、三切れに復帰していたのである。

fukagawa.jpg先週、岩手県に出張したときは、まだ二切れのままだったのだから、三切れに復帰したのは、ごくごく最近のことである。うれしいことだ。

その他の具も、ケチらず、ほぼ以前の状態に戻っていた。その代わり、値段がこれまでの 830円から 850円に上がっていたが、私は昨年末のコラムで、「中身を維持するために値段が 850円や 900円になったとしても、浮気なんかしない」  と書いていたので、まずはめでたしめでたしである。

既に書いたことだが、私は東京の駅弁の中で 「深川めし」 は秀逸だと思っている。江戸前の 「粋」 を感じさせるこの弁当は、合成着色料たっぷりの幕の内弁当的なものの数倍素晴らしい。

そのご贔屓弁当の中身が、一時とても淋しいものになってしまったのは、非常に残念なことだったのだ。写真の上段が昨年の秋頃のもの。中段が年末からの 「淋しいバージョン」 である。

そして、一番下のものが、昨日買い求めた 「復活バージョン」 だ。

もう一つうれしいのは、以前の 「深川めし」 は、せっかく趣のある蓋の絵に、品質表示シールがべったりと貼ってあったのだが、今回のバージョンでは、このシールは密封ビニールカバーの方に貼ってあって、蓋の絵は邪魔するものなく眺められるようになっていたことだ。

製造販売元は、私の年末のブログを読んでくれたに違いないと信じる。そして、期待に応えてあまりある対応をしてくれたのである。ありがたい。拍手拍手である。

(平成 17年 7月 23日 追記)

この記事は、実は勘違いに基づいているということが判明した。詳細は、こちら

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« とてもエラそうな 「おひとりさま」 | トップページ | 「深川めし」 に 2種類あったなんて! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5085344

この記事へのトラックバック一覧です: 「深川めし」 の復活を祝う:

« とてもエラそうな 「おひとりさま」 | トップページ | 「深川めし」 に 2種類あったなんて! »