« Cimema Baton を拾う | トップページ | 「深川めし」 の復活を祝う »

2005/07/21

とてもエラそうな 「おひとりさま」

Reiko Kato さんの 「王様の耳はロバの耳」 の記事を読んで、「おひとりさま向上委員会」 なるサイトがあることを知った。

「おひとりさま」 とは、「人間として当たり前の個が確立できている女性のこと」 なんだそうだ。ふーむ、これって、ちょっとツッコミたくなる表現ではないか。

もっともらしく聞こえるが、要するに、よくわからんのである。

まず、「個が確立できている」 ということが、「人間として当たり前」 なのか。うーむ、そうだとしたら、世間には 「当たり前でない人間」 が多すぎると言わなければなるまい。この世は 「人でなし」 の王国ということになる。

「個が確立できている女性」 のことを、ことさら差別化して 「おひとりさま」 と称するということは、他の多くの女性は 「人間として当たり前のこと」 ができていないということなのか。

そして 「個が確立できている」 と自認する女性は、「人間としては当たり前」 だけれど、一方では 「そんじょそこらの女性とは違う」 ということなのだろうか。女性は、当たり前の人間ではないのか?

ちょっとしたパラドックスに陥ってしまう。

それから、Reiko Kato さんも驚いておられるが、このサイトのトップページでは、"「おひとりさま」 という言葉、および定義は、故・岩下久美子さんが考案し、提唱したもので、登録商標用語です。無断使用、類似表記は固くお断りしております" ということになっている。

この 「登録商標用語」 という聞き慣れない言葉は、一体何のことだ? それに、よく見ると、サイト内の 「取材・お問い合わせ」 というページには、"「おひとりさま」は商標登録申請中です" とある。おいおい、この古典的やり口は、かなり問題だぞ。

そもそも、「故・岩下久美子さんが考案し、提唱した」 のは、「おひとりさま」 という言葉の新しい 「定義」 のようなもので、「言葉、および定義は、故・岩下久美子さんが考案し、提唱した」 というのは、あつかましすぎるんじゃないかなあ。故・岩下久美子さんに申し訳ないような気がする。

さらに、この 「取材・お問い合わせ」 ページには、"WEBでリンクをされる場合も予めご連絡ください" とある。この委員会、かなりエラそうなのである。お生憎様、連絡なんかしないよ。

(H17.8.4 追記)

本文に、

それに、よく見ると、サイト内の 「取材・お問い合わせ」 というページには、"「おひとりさま」は商標登録申請中です" とある。おいおい、この古典的やり口は、かなり問題だぞ。

と書いたが、その後、ululun さんが調べてくれて、今年の 2月 25日に、商標として登録されたと判明した (参照)。要するに、上記のページは、半年近く更新を怠っているもののようだ (8月 4日現在、まだ更新されていない)。

外部にいろんな要求をする割には、自サイトの脇が甘い。

(H18.8.25 追記)

たまたま 「おひとりさま向上委員会」 のリンクを辿ったら、ページが消えていたので、消滅したのかと思ったが、実は、URL が変わっていたのだった。(それで、当方の本文中のリンクは更新しておいた)

何でまた、トップページの URL を変える必要なんてあったんだろう? うさんくさいなあ。

さらに、"「おひとりさま」は商標登録申請中です" という表記は、他のエラそうな文言とともに、まったく修正されていない。やれやれ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« Cimema Baton を拾う | トップページ | 「深川めし」 の復活を祝う »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5072444

この記事へのトラックバック一覧です: とてもエラそうな 「おひとりさま」:

» 『おひとりさま養成講座』 [Partygirl]
『おひとりさま向上委員会』というものがあるんだそうだ。 まず、ここのtakさんの日記を読んでみて。 takさんのサイト おひとりさま向上委員会 1999年2月、女性が一人で快適に外食をしたり、旅をすることを 応援する「おひとりさま向上委員会」を設立し、主宰。 “おひとりさま”という言葉に、新しい意味と価値観を定義づけた。 ここで言うところの“おひとりさま”とは、人間として当たり前の 「個」の確立ができている大人の女性のこと。 シングル(独身�... [続きを読む]

受信: 2005/07/28 07:32

« Cimema Baton を拾う | トップページ | 「深川めし」 の復活を祝う »