« 話してみないとわからない | トップページ | リアルタイムの京都旅情 »

2005/08/11

車 4台の駐車場

我が家には今、車が 4台ある。こう書くと、何だか大金持ちのようだが、そうではない。単に交通機関の不便なところに住んでいるので、家族のそれぞれが車を持たないと、人間の暮らしができないのだ。

というわけで、私と 3人の娘がそれぞれ 1台、それに妻が原チャリを 1台持っている。

問題は、駐車スペースだ。以前は私の車 1台がゆうゆうと停まっていたところに、今は 4台が、ひしめいているのである。まるで奇跡のような状態だ。

おかげで、ウチの娘たちは多分、友達の中でもバックで車庫入れするのが最も上手な存在になっているだろう。「まったくもう、上手にならざるを得ないよ!」 というわけだ。

何しろ、本来ならば 1台停まるために作られたスペースに、2台×2台の、4台を押し込むのである。それはそれは繊細なテクニックが要求される。

要求されるのはテクニックばかりではない。こうして 4台停めてしまうと、ドアを思いっきり開けることができない。人間一人、ようやく出入りすることができる程度にしか、開くことができないのである。おかげで、私はこれ以上太れないのだ。

まあ、悪いことばかりではない。どこかに出かけたときなど、駐車スペースがどんなに狭かろうが、車庫入れはお茶の子さいさいだ。我が家の駐車場に車庫入れするより難しいところなど、滅多にない。

それに、娘の一人でも結婚して家を出るようなことになっても、ホッとすることこそあれ、感傷的になるようなことはないだろう。我が家の車庫入れが楽になるのなら、大歓迎である。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 話してみないとわからない | トップページ | リアルタイムの京都旅情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5401359

この記事へのトラックバック一覧です: 車 4台の駐車場:

« 話してみないとわからない | トップページ | リアルタイムの京都旅情 »