« 傘のジレンマ | トップページ | 洪水地帯の汚名返上 »

2005/08/25

車と PC の共通点

昨日まで 2日半、展示会の運営でバタバタし、夜はバタンギューで寝てしまったので、今日の更新は珍しく午後を過ぎてしまった。

朝一番でも更新ができなかったのは、午前中もいろいろな雑用であちこち飛び回ってしまったからである。あちこち飛び回って、車検に出していた車を受け取って帰ってきた。

車を車検に出したのは先週の金曜日で、それから土日をはさみ、展示会運営で動きが取れない日が続いたので、受け取りが今日になってしまった。ほぼ 1週間、代車に乗っていたわけだ。

私は普段はトヨタのイプサムという車に乗っている。代替わりする前の、2000CCのやつだ。そして、今回代車に出してもらったのが、ホンダのシビック (セダンタイプ) である。

代車に乗っていて、次に買うのは 1500CC で十分だと思った。最近の 1500CCは、十分力がある。それに、今、我が家の駐車場は車であふれかえっているので (参照)、なるべくコンパクトで取り回しの楽な車がいい。

イプサムにしたのは、田舎に家族を乗せて帰るニーズがあったからだが、最近では子どもたちも皆自分の車を持ち、それぞれのスケジュールで暮らすようになった。三列シートの RV はもういらないだろう。

私は車の運転はちっとも苦にならないが、車が大好きかといわれればそれほどでもないと答えるほかない。必要だから持って使っているだけで、好きで乗っているわけではない。そのあたりは、パソコンを使い倒しているくせに、別にパソコンが好きというわけでもないとの同じである。

だから、自分の持つ車は、快適に運転するのに最低限の機能があればいいわけで、メーカーや車種に対するこだわりはほとんどない。

とはいえ、私はこの年になるまでセダンのオーナーになったことは一度もない。セダンはオッサンの乗る車だという抜きがたい偏見があって、当の自分がオッサンになってしまっても、オッサンの車には乗りたくないと思っているのである。

不思議なもので、自動車整備工場で車検の終わった自分の車を受け取り、運転席に座っただけで、なんだか自分の家に帰ったような気がする。車にこだわりがないとはいえ、愛着のようなものが生じるのは、自分の愛用のパソコンが一番しっくりくるのと同じようなものだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 傘のジレンマ | トップページ | 洪水地帯の汚名返上 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5629302

この記事へのトラックバック一覧です: 車と PC の共通点:

« 傘のジレンマ | トップページ | 洪水地帯の汚名返上 »