« 「レクサス」 戦略の成否を予言する | トップページ | 「ケータイ短歌」 を初めて聞いた »

2005/08/28

高校野球部の身内の爆弾

高校球児たちには何の含むところもないが、私は高野連を筆頭としたアマチュア野球組織のお偉方の 「超エラソー」 な態度には、腹が立つというより、呆れてしまっている。

その 「超エラソー」 は、個別の高校野球部まで蔓延していて、ちょっとしたことで、「3−4発」 だか 「20発以上」 だか、ぶん殴る。

ぶん殴られた部員だって、「そりゃあ、お前、少しはぶん殴られても、文句言えんだろ」 程度の原因はあっただろう。それでも、殴った当人が、どのくらい殴ったんだか覚えてないなんてのは、ちょっとおかしい。

人を殴るってのは、自分の拳だってかなり痛いもんである。それは、心の痛みでもある。その痛みがわからなくなるってのは、心のマヒ加減がひどすぎる。普段から相当 「エラソー」 な振る舞いをしていて、それがクセになってしまっていたのだろう。

最近、高校野球の 「暴力沙汰告発騒動」 が目立つ。告発するのは、大体において、ベンチ入りも叶わなかった控え選手である。

野球有力校では、他地区からスカウトされた外人部隊が多い。私の郷里から出場した酒田南高校にしたって、実は関西出身者が多いという。

こうした環境では、愛校心よりは、まず 「自分自身の甲子園出場」 が先に立つのも道理である。その希望が叶わなければ、「学校の甲子園出場」 なんて、どうでもいい。

こうなると、ベンチ入りから外れた野球部員というのは、身内に抱えた爆弾である。強豪校ほど鉄拳制裁の一つや二つ、ないわけがない。ただ、明るみに出ないだけである。それを知っているのは部員なのだから、下手したら、いくらでも告発の種はある。

ただ、レギュラー選手はどんなにぶん殴られようが、告発なんてしないだろう。甲子園出場の喜びは、ぶん殴られる痛みを補ってあまりあるだろうから。しかし、ベンチ入りもできない部員は、痛みを補う喜びからも阻害されるのだから、破れかぶれだ。

これからは、ベンチ入りできそうもない野球部員は、腫れ物扱いしなければならない。いくら野球部長さんが 「超エラソー」 でも、暴力事件の告発は最大のアキレス腱である。

そうした馬鹿馬鹿しい状況に陥らないためには、指導者と部員が、レギュラーから球拾いに至るまで、本当に心の繋がりを持たなければならない。ぶん殴ればいいというものではないのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「レクサス」 戦略の成否を予言する | トップページ | 「ケータイ短歌」 を初めて聞いた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5666572

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球部の身内の爆弾:

« 「レクサス」 戦略の成否を予言する | トップページ | 「ケータイ短歌」 を初めて聞いた »