« Windows Vista なんて | トップページ | プラス志向? プラス思考? »

2005/09/08

読売と星野さんは仲良しのようだ

始めは悪い冗談かと思っていた星野氏の巨人監督就任話だが、着々と実現に向けて動いてしまっているようだ。巨人もいよいよ、焼きがまわってしまったみたいだな。

巨人フロントのやり方は、あまりにも段取りが悪すぎるし、星野さんもちょっと、個人的野心が見え見えで、話が生臭すぎる。

今の堀内監督が出てきたときにしても、前監督の原さんが辞めるという記者会見の席で、「何でお前がそこにいるんだ?」 ってな感じで、見え見えの出来レースを自らバラしていたようなものだったが、今回はそれにも増して身も蓋もない。

ペナントレースが終わりもしないうちからこんなことでは、読売というところは、よくよく常識のない企業だと印象づけられてしまう。もっとも、あのじいさんがまたぞろ復権して、わがまま放題を口走ってしまうのだから、しょうがないが。

星野さんという人も、スポーツマンにしては、よくよく政治的な動きの好きなお人のようだ。

野村さんという人と比べると、よくわかる。野村さんは、どうにも辛気くさいオッサンだが、野球が好きということにおいては、とても純粋なのだろう。そして、野球以外のことでは決してうまく立ち回ることができない人のようである。ある意味、不器用な野球馬鹿である。

ところが、星野さんという人は自己演出がお上手だし、爽やかタッチの弁も立つ。加えて、政財界の人脈作りも達者なようだ。野球だけで人生を終わらそうとは、決して思っていないだろう。

この人、ついに 「元巨人軍選手」 というブランドを手にすることはできなかったが、それだけに、「元巨人軍監督」 というブランドが、喉から手が出るほど欲しいのだろうなあと思ってしまう。

現役選手がフリーエージェントの資格を得ると、何はともあれ巨人に移籍したがるのは、 「元巨人軍選手」 というブランドがあると、現役を引退してからの周りからの扱いが違うからだ。

一方、星野さんは、別に 「元巨人軍」 でなくても、生活にはまったく困りはしないだろうに、このブランドが欲しいのは、早い話が、「実力コミッショナー」 ってな存在になりたいのだろうなあ。その後は、お定まりの政治家か。

今回の騒動は、人気回復 (イコール視聴率回復) を狙う読売側と、星野氏の思惑の利害が一致してしまっているのだろう。

しかし、そんな都合良すぎるお話に、ファンは付き合う気がないのである。そこのところに気付かないと、巨人はますます人気を落とすし、星野さんも晩節を汚すことになりかねない。

一部では、今回の総選挙で、星野さんが民主党から立候補しかけたのを止めるためのウルトラC だったという説まであるが、そうなると、もう本当に食えない話である。

[ 9月10日 追記]

星野さん、記者会見で、巨人移籍を否定。すんでのところで思いとどまったようだ。これだけ話題になったことで、十分に実は取ったということだろう。賢明な判断だ。しかし、いつまたどんでん返しがあるかわからないので、油断がならない。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« Windows Vista なんて | トップページ | プラス志向? プラス思考? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5836330

この記事へのトラックバック一覧です: 読売と星野さんは仲良しのようだ:

« Windows Vista なんて | トップページ | プラス志向? プラス思考? »