« ステロタイプの応酬と化した靖国問題 | トップページ | 「牧師」 さんにパクられてしまった »

2005/10/19

「花月マスター」 に認証された

こう見えても私は文学修士の称号をもらっていて、これは英語では Master of Arts というのだそうだ。直訳すると 「芸術マスター」 である。ちょっとカッコいい。カッコいいだけで、メシの種にはならないのが痛恨だが。

そして近頃、二つ目のマスターの称号をいただいたので、ここに報告する次第である。

新しいマスター号を獲得するのに費やした時間は、ほぼ 4か月。今年の 6月から 9月にかけてである。改めて計算してみると、1万円弱の費用がかかった。

このマスター号の取得者は、全国でほぼ 5000人だと言われている。多いとみるか少ないとみるかは、意見の分かれるところだろう。ただ、全国の文学修士の数よりずっと少ないことは確実だ。

私が今回取得したのは、「花月マスター」 という称号 (認証番号 05757) だ。認証元は、にんにくげんこつラーメンというかなり特色あるラーメンを売り物にするラーメンチェーン、「花月」 である。

花月マスター認定証「はがき1枚(15杯)」第05757号 庄内 拓明 様私が花月マスターに認定された証拠は、右のバナーをクリックすれば見ることができる。なんだか見せびらかしたい気分なので、ぜひクリックしてみていただきたい。正式の認定証も、先日郵送されてきた。

今年の 6月から 9月末までの 4か月の期間に、花月でラーメンを食べるたびに、クーポン・シールを 1枚もらえた。それを 15枚ためて葉書に貼り、応募すると、「花月マスター」 という称号をくれるというので、つい乗ってしまったのである。

ここで何度も書いているとおり、私はそば好きである。しかし、ラーメンも好きなのだ。食べる頻度で言えば、そば > うどん > ラーメン となってしまうが、それでも、4か月で 15杯食うぐらいのことは普通にしてしまうのである。

花月のラーメンは、スープににんにくをたっぷり使うところに特徴がある。すり下ろしにんにくをしっかり煮込んでいるためか、匂いはほとんどない。インパクトがあって、しつこくはないという点では、なかなかのスープである。

この夏、私は 1週間に 1度、この 「にんにくげんこつラーメン」 を食したことになる。一夏を通して飽きずに食べたということは、ちゃんと美味しかったということだ。これは、信用してもらっていい。

私は 4か月で 15杯ということだが、世の中にはかなりの花月ファンがいるらしく、90杯という猛者マスターも 6人登録されている。単純計算でも、3日に 2杯以上食べたことになる。こういう人たちは、マスターではなくドクターにしてあげてもいいのに。

私のオススメは、「にんにくげんこつ塩ラーメン (620円)」 と、新たに定番メニューに加わった 「豚そば銀次郎 (680円)」 である。とくに後者は、豚骨と濃厚魚貝系をミックスさせたスープが独特だ。

花月のチェーン店は、全国で 200店舗以上あるということだ。もしかしたら、読者諸兄のご近所にもあるかもしれないので、どんなものか試してみても、失望することはないと思う (マスターの称号のお礼に、ちょっと宣伝をしてみた)。

それにしても、私としたことがこんな単純に喜んでしまうんだから、花月のこのキャンペーン、マーケティング的に見てもかなりの成功なんだろうと思う。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ステロタイプの応酬と化した靖国問題 | トップページ | 「牧師」 さんにパクられてしまった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

トラックバックのお返しとコメントありがとうございましたー!

投稿: magic32 | 2005/10/20 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/6463141

この記事へのトラックバック一覧です: 「花月マスター」 に認証された:

» 花月マスター認定証みっけ! [花月を喰らう!]
花月マスターの認定証がネットでも確認できるようになったみたいですね! ちなみに私はこんな感じです(笑) http://www.kage2.jp/master/archives/000248.html これ良い感じっすね! 自分のブログにもそのリンクが張れるのもGOODです! ページの左上に貼って...... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 13:39

« ステロタイプの応酬と化した靖国問題 | トップページ | 「牧師」 さんにパクられてしまった »