« "「女王」 の読み" に凄い反響 | トップページ | 大切なのは生き延びること »

2005/11/17

「モー味噌。」 を試食した

ラーメンチェーン花月の新作 「モー味噌。」 を試食した。何しろ私は 「花月マスター」 に認証されているので、新作ラーメン 1年間無料試食という特権を行使したのである。

せっかくの特権公使なので、その印象を書かないと、落とし前がつかないだろう。結論。意外にうまい。シチュー・ラーメンという感じ。

モー味噌。」 というのは略称で、正式には 「モーモー味噌ラーメン。」 というのだそうだ。私は味噌ラーメンはあまり好まないし、他のブログの試食レポートを見ても、「甘口すぎる」 といった感想が多いので、はっきり言ってそれほど期待していなかった。

ところが、逆の意味で期待を裏切った。結構いける。

文字通り牛乳を加えた味噌ラーメンだが、味噌感覚は奥に引っ込んでいて、ポタージュかシチューかといった感じのスープ。上にたっぷりと白菜が添えられて、季節感が醸し出される。

ポテトなんか使ってないはずなのに、口の中の感覚が妙にポテトっぽい。この風合いを 「甘口すぎる」 と感じる人もいるのだろうが、決して 「甘い」 というわけではない。微かな酸味さえある。

妻の言うには、味噌に牛乳というのはとても合うのだそうだ (それにしては、食わせてもらったことがないが)。Google で検索してみると、なるほど、あちこちで 「味噌と牛乳は意外に合う」 というのが見つかる。例えばこれ

こんなのは今までのラーメンの常識にはなかったが、キワモノ的な感覚が勝っているわけでもない。一応、きちんとしたラーメンである。

花月といえば、ガツンとくるインパクトのあるラーメンが特徴だが、これは、かなり 「ほんわか」 としたラーメンという印象が強い。ぬるめの温泉に入って、ゆったりと肩でも揉んでもらっているような感覚で、「ほぇ〜〜」 と気持ち良くため息つきたくなる。

これで白菜がもう少しきちんと処理してあって風味があれば、かなりのモノなのだが。

花月もついに米国進出するらしいが、ラーメンの基本にこだわらないアメリカ人には、もしかしたら受けるかもしれない。

来月は、もう一つの新作ラーメン、「真骨頂」 が試食できるらしい。これは、ヤフーとのコラボレーションで作ったものという。どんなものやら、ささやかに期待しておこう。

今日は、酒田に帰郷する。途中、新蕎麦の田舎蕎麦が食える。実は、ラーメンより蕎麦の方が心躍る。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« "「女王」 の読み" に凄い反響 | トップページ | 大切なのは生き延びること »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

takさん、ご無沙汰です~
んん?新そばの田舎そば?
気になるなぁ~~                

投稿: 花まき | 2005/11/17 22:53

来る途中に食べたのが、
西川町の 「一松」 の 「別製天ざる」。
10割蕎麦の、天ぷら付きです。

さすが新そば。
喉の奥から鼻に抜ける香りがよかったです。
あと、いつものシコシコ感が、より軽やかになってるというか・・・

ここは、二八の方はもっちり感があります。

ただ、ここの蕎麦は、典型的な田舎そばではなく、あらきそばみたいな、ぶっといやつと比べると、ちょっと洗練されてます。

江戸前と田舎そばの中間アイテムというか、
ちょっとやんちゃ味のあるそば。
こういうのが、私の一番の贔屓かな。

それから、ここの天ぷらはうまいです。
サクッ感と、プルン感のバランスが絶妙です。

帰り道は、上山の原口そばを食べようと思ってます。
ここは、あらきそばに勝るとも劣らない、田舎そばの雄です。

投稿: tak | 2005/11/18 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/7157644

この記事へのトラックバック一覧です: 「モー味噌。」 を試食した:

« "「女王」 の読み" に凄い反響 | トップページ | 大切なのは生き延びること »