« 「あれば便利」 は 「普段は邪魔」 の別の言い方 | トップページ | 「経県値」 というもの »

2005/11/28

蕎麦としじみと、地吹雪

私は 18歳で郷里の酒田を離れて単身上京し、東京で学生生活を始めたのだが、日常生活に関しては、言葉の面も含めてまったく違和感を感じなかった。

ただ、しみじみと違いを感じたのは、蕎麦の盛りの量、味噌汁の具のしじみの大きさ、そして、冬の間の天気である。

蕎麦の盛りに関しては、それはそれは大きなショックを感じた。江戸前の蕎麦はさぞかしうまいものだろうと、某有名蕎麦屋に入り、盛りそばを注文し、目の前に現れたのは、まさに二口半で食いきってしまいそうな量である。

思わず、「これじゃあ、『おやつ』 じゃないか!」 とつぶやいたのだが、まさに江戸前の蕎麦とは、本格的に腹を満たすためのものではなく、小腹の空いたときにたぐる 「おやつ」 なのだそうだ。

太くてどっさりとした量の、まさに 「腹一杯食う」 ための田舎蕎麦と、ちんまりした江戸前の蕎麦とは、まったく別の世界の食い物だったのである。

しじみの場合は、驚いたというよりは、納得したという感覚である。酒田にいた頃から、しじみ汁は汁だけ吸って、実は残すのが粋だと聞いていたから、江戸っ子というのは、なんともったいないことを言うのだと思っていた。

ところが実際に東京に出て、トンカツ屋の味噌汁を見て納得した。江戸のしじみは小さいのである。この小ささなしじみの実をいちいち食っていたら、日が暮れてしまう。なるほど、出汁の効いた汁だけ味わって、貝の方は残すのも当然だとわかったのである。

翻って、酒田で食っていたしじみは、大きいのである。東京のあさりぐらいはある。あれだけ大きければ、食わなければもったいないのだ。

さらに、だめ押しは、冬の間の天気である。大学 1年で初めて東京の冬を迎えたが、初めは冬という気がまったくしなかった。東京とはいえ、冬に寒くないというわけではない。当時は今よりずっと寒くて、さすがにコートを着て背を丸めて街を歩いていた。

それでも冬という実感がなかったのは、天気のせいである。かなり寒くなってから、ようやく冬であると気付いた私は、思わず独り言を言った。

「冬なのに、どうしてこんなに天気がいいんだ!?」

そう、田舎の冬は、青空なんて見えないのである。どんよりとした暗く重い雲が立ちこめ、地吹雪が舞う。それなのに、東京の冬は毎日毎日、青空続きである。同じ日本とも思えなかった。

東京の冬は最高だと思った。こんな冬なら、一年中冬でもいいと思ったぐらいである。

しかし、わからないものである。今、私は田舎の地吹雪が妙になつかしい。

どっさり盛られた太い田舎蕎麦と、大きな貝殻のしじみ汁、そして、地吹雪の吹きまくる冬こそが、私にとっての 「日本」 なのだと思うのだ。

 

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「あれば便利」 は 「普段は邪魔」 の別の言い方 | トップページ | 「経県値」 というもの »

庄内の話題」カテゴリの記事

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

私の父は北陸出身ですが、北陸の冬は天気が悪くて悲惨、二度と戻りたくないと言っていました。
日本列島の背骨部分に山脈がある限り、これは変わりませんね。

欧州出身のex-wifeに,「日本の冬空はピーカンの青空で、欧州のどんよりしたそれとは大違いだね」と、悪気なく語りかけたら怒っていました。

う~~ん。
欧州人は冬空に劣等感を持っているのか?(笑)


時間が無くて日記が書けません。
「手帳談義」も、そのうちに書かせていただきたく。

投稿: alex99 | 2005/11/28 11:04

私は大阪出身なんで、ながらく蕎麦には関心が無く、東京にいたころも「砂場」などで食べていたのに「うどん」好きだったのですが、最近、蕎麦に少々目覚めました。
近所に鄙には希な?名の通った蕎麦の店が有って、そこは確かに美味しいのです。

投稿: alex99 | 2005/11/28 11:08

alex さん:

>「日本の冬空はピーカンの青空で、欧州のどんよりしたそれとは大違いだね」

「日本の冬空は」 と言われると、日本海側の立つ瀬がありませんが、そうか、欧州と同じだったのかと、改めて気付きました ^^;)

私の父は、東北人のくせに蕎麦が嫌いと言ってますが、それなりの店で食わすと、さすがに 「ここの蕎麦はうまい」 と言います。
蕎麦は、本当にピンキリです。

ちなみに、砂場の発祥は江戸時代の大阪だそうですよ。今は絶えてしまったようですが。

投稿: tak | 2005/11/28 17:20

>ちなみに、砂場の発祥は江戸時代の大阪だそうですよ。今は絶えてしまったようですが。
-----
今は、公園に残っています。


そう言う話じゃなかった!


投稿: alex99 | 2005/11/28 19:07

>今は、公園に残っています。

こけました ^^;)

投稿: tak | 2005/11/28 19:30

江戸前の蕎麦の少なさは私も経験があります。
理由を聞いて納得して、早速自宅で日本酒のつまみに蕎麦を食べたら、結構いけるじゃありませんか。
「う~ん、こいだば良がもしんね~♪ 粋だのぉぅ」って。(^^)
でも、その後、しこたま日本酒を頂いたらお腹が空いて、蕎麦を大盛りにして はばげるほど食ってしまいました。
粋って・・・。(;-.-)

投稿: いどさん | 2005/11/29 11:19

いどさん:

普通、蕎麦屋なんかでは、
蕎麦が出てくる前に酒を飲むので、「蕎麦前」 なんて言います。
酒を飲んだ後のラーメンというのは、よくあるパターンですが、
ラーメン代わりに蕎麦食ったという感じですね (^o^)

そういえば、夜中のラーメンは太るから気を付けなきゃ。
(最後に、庄内人以外には通じない言葉で)
わがてでもやめらんねなやのぅ。

投稿: tak | 2005/11/29 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/7355139

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦としじみと、地吹雪:

» しじみ(蜆) [ブログで情報収集!Blog-Headline/food]
「しじみ(蜆)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読... [続きを読む]

受信: 2005/12/02 07:40

« 「あれば便利」 は 「普段は邪魔」 の別の言い方 | トップページ | 「経県値」 というもの »