« 情報は 「一ひねり」 してこそおもしろい | トップページ | サンタクロースは本当にいる »

2005/11/24

インターネットと当事者意識

インターネットの常時接続環境が当たり前になってしまうと、ダイヤルアップというのが、とてもおっくうになってしまう。

しかし、世の中には今でも常時接続していない個人や企業というのが、いくらでも存在する。彼らにとっては、インターネットなんて、せいぜいその程度のものなのだ。

私の周囲にも、ダイヤルアップでしかインターネットに接続しない個人、企業が存在する。昨日も、クライアントの一つである某企業から、「インターネットにつながらなくなったから、見てもらいたい」 と、電話が入った。

その企業は、ISDN のダイヤルアップでインターネットに接続している。その接続設定をみると、なぜか、常時接続用の環境を想定していて、「ダイヤルしない」 にチェックが入ってしまっている。

「ダイヤルする」 にチェックを入れてやると、あっけなく接続した。「こんなことで、いちいち呼び出さないでよ」 と言いたくなるが、ある意味、もっと深刻なトラブルでなかっただけ幸いだ。

それより問題なのは、こうした企業のパソコンは、セキュリティ対策をほとんどとっていないことである。ほんのたまにインターネットでウェブをながめるだけで、メールのやりとりもほとんどしていない (今でも FAX がメインの通信手段) ので、その必要性を感じないらしい。

自分はインターネットの一翼を担っているのだという 「当事者意識」 が決定的に欠けている。

こうした企業を説得して、セキュリティ・ソフトを導入させるのは難しい。自分のところには、ウィルスなんて来ないと思いこんでいるからだ。しかし、時々ウィルスが爆発的に流行するのは、こうした無防備なパソコンを経由して広がりを見せる場合が多い。

ヘビー・ユーザーは案外しっかりと対策してある。恐いのは、初心者、たまにしかインターネットに接続しないユーザーである。ある意味、セキュリティを確保するには、ヘビーユーザーになって 「当事者意識」 を高めることだと思う。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 情報は 「一ひねり」 してこそおもしろい | トップページ | サンタクロースは本当にいる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/7291469

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットと当事者意識:

« 情報は 「一ひねり」 してこそおもしろい | トップページ | サンタクロースは本当にいる »