« マーケティングにおける 「多様化幻想」 | トップページ | 悲しみを堪え忍ぶ強さ »

2005/12/27

羽越線脱線転覆事故に思う

25日の夜から、ウチのサイトへのアクセスがいつもより多かったのだが、どうも特急列車脱線転覆事故のニュースで 「山形県庄内町」 と繰り返されるので、このサイトを思い出してくれる人が多かったようなのだ。

しかし、こんなことでアクセスアップしても、全然喜べないじゃないか。

事故現場は、私の実家から車で 30分も走れば行けるところだ。先日も、実家の引っ越しの手伝いに行った帰りに、まさに特急いなほ 8号 (事故を起こしたのは、いなほ 14号) で通ってきた所である。

冬の庄内では、風速 20メートルというのはそう珍しいことではない。古い話になるが、昭和 51年 10月 29日の酒田大火の時にも、このくらいの風が吹いていた。それで炎が風下に向かい、地上をなめるように燃え広がったのだ。

この大火が起きたためにニュースにはならなかったが、同じ日に、庄内の海岸線では、津波のような高波の被害があったと聞く。海岸から国道を越えてきた大波に、売り物をさらわれた商店もあったらしい。

今回の脱線転覆事故では、現場近くの風速は約 20メートルと言われているが、それを記録した風速計は、鉄橋の上にあったものではないという。とすれば、鉄橋の上では、多分それを大きく上回る風が吹いていただろう。最上川が風の通り道となるからだ。

冬の庄内は、しょっちゅう 「冷たい台風」 に見舞われているようなものなのだ。人間の居住地としては、世界最強の地吹雪地帯といわれるのも頷ける。私も高校時代までは、ホワイトアウトした中を学校まで行ったことが何度もある。

事故に遭って亡くなられた方は、さぞ無念なことだったろう。さらに、あの猛吹雪の中で、夜を徹して救出作業にあたられた警察、消防、医療関係の方々は本当に大変なことだったろうと思う。

そして、中越地震の際にも触れたことなのだが (参照)、北陸・東北の日本海側の人たちの、不運な災害、事故に遭っても、決して恨み言を言わずにただ静かに耐えている姿には、頭が下がる。

実は、私の妹は実家の引っ越しが終わった後、26日に東京に戻る予定だったのだが、羽越線が不通になったため、本日に仙台まで高速バスで行き、そこから東北新幹線に乗り継いで帰ることにしたようだ。難儀な旅である。

亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方の回復を祈る。そして、このような事故が繰り返されないことも祈りたい。

【平成 20年 2月 5日 追記】

大分立ってからの思い出したような追記で恐縮だが、この事故の関連で、次の記事も参照されたし。

悲しみを堪え忍ぶ強さ  (平成 17年 12月 28日)

羽越線脱線事故・外伝  (同年 4月 14日)

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« マーケティングにおける 「多様化幻想」 | トップページ | 悲しみを堪え忍ぶ強さ »

ニュース」カテゴリの記事

庄内の話題」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も「庄内」ときいてtakさん!と思いました。
ご実家のあるところならお知り合いも多いのではと心配致しました。
本当に強烈な地吹雪に見舞われるところなのですね。あれでは電車も堪らないでしょうね。
不幸な事故が二度と起こらないことを祈りたいですね。

投稿: ゆうり | 2005/12/27 19:52

ゆうり さん:

ご心配いただき、恐縮です。
庄内も、こういうことで有名にならなくてもいいのに・・・

最初に庄内って風が強いんだと実感したのは、
東京に出て、傘を真っ直ぐ立ててさしても大丈夫と知った時でした。

これを機に、しっかり対策を立ててもらいたいものです。

投稿: tak | 2005/12/27 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/7856029

この記事へのトラックバック一覧です: 羽越線脱線転覆事故に思う:

» 特急脱線転覆 [七五白書 (しらけないために)]
 26日夜、また、痛ましい列車事故が起きてしまいました。 山形県庄内町のJR羽越線で特急「いなほ」が脱線、転覆し、乗客4人が死亡、約30人が重軽傷を負ったと報じられました。強い突風が原因、とみられていますが、4月の福知山線・尼崎の時のように、先頭車両は今度も線路脇の小屋にぶつかり「く」の字形に折れ曲がり、あの悲惨な光景を思い出させました。  庄内地方は一年中悪風が吹くことで知られ、冬にな�... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 19:00

» お祈り [庄内弁な日々]
12月25日19時過ぎ頃、山形県庄内町で発生した、羽越本線 特急「いなほ14号」の 脱線事故によりお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 また、お怪我をされた方々のご回復を心よりご祈念申し上げます。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 21:08

» さくら [風の記憶]
人はみな 心の岸辺に手放したくない花があるそれはたくましい花じゃなく儚くゆれる一輪花・・・冬の寒さに打ちひしがれないように誰かの声でまた起き上がれるように・・・こぶくろ「桜」 〜作詞作曲:小渕健太郎さん・黒田俊介さん12月25日19時過ぎ頃、山形県庄内町で発生しました羽越本線 特急「いなほ14号」の脱線事故によりお亡くなりになられた方々のご冥福を、そしてお怪我をされた方々のご回復を心よりお祈り申し上げます... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 23:48

» [特急脱線転覆]3人死亡33人負傷 山形・JR羽越線 [陶芸ブログ 炎と土にたわむれて]
[特急脱線転覆]3人死亡33人負傷 山形・JR羽越線25日午後7時15分ごろ、山形県庄内町のJR羽越線砂越(さごし)―北余目(きたあまるめ)間の最上川にかかる「第2最上川橋梁(きょうりょう)」付近で、秋田発新潟行き特急「いなほ14号」=鈴木高司運転士(29)、6両編成=の前方から5両が脱線、うち3両が転覆した。JR東日本などによると、先頭車両に閉じこめられていた5人のうち3人が死亡。残る2人のうち女性1人が病院に搬送されたが、骨盤骨折で重傷。1人は車両内に取り残されている。毎日新聞が地元消防や複数の... [続きを読む]

受信: 2005/12/28 03:15

« マーケティングにおける 「多様化幻想」 | トップページ | 悲しみを堪え忍ぶ強さ »