« 晴れ男の面目躍如 | トップページ | 納戸や押入れの奥は魑魅魍魎 »

2005/12/17

「処世術」 と 「処世訓」

いわゆる処世術で始まって処世術で終わるというような話には、興味がない。どうすれば金が儲かり、どうすれば出世でき、どうすれば人に尊敬されるかといった話のみで、そこから先のない話は、徹底的につまらない。

それが高じて、一時は処世術に関するテーマで始まる話というだけで毛嫌いしていた。

しかし最近になって、ようやくのことで、そこまで極端ではなくなった。処世術で始まって、処世術以上のことで終わる話というのもあるのだと、理解し始めたからである。

優れた芸術家が芸術の話から説き始めて普遍的なテーマに及ぶのと同じように、企業人が金儲けの話から説き始めて、人生の機微、哲学的真理に及ぶ話も、稀にはあるのだとわかったのである。要するに、話の糸口が別なだけだ。

企業人の話が面白いか、面白くないかというのは、「処世術」 で終わるか 「処世訓」 にまで高められているかの違いだと思う。たった一文字の違いだが、小さな違いが大きな違いである。

「処世術」 というのは、所詮は一時的なものである。「うまくやれば、当面はうまくいく」 程度のものだ。一方、「処世訓」 ともなると、後世にまで語り継がれるに足る普遍的な何物かを含んでいる。

近頃話題の内河健という人などは、「処世術」 ということでは、かなりギリギリまでうまくやった人なのだろう。あんまり長生きしないでおけば、「先生」 として尊敬されたままあの世に行けたかもしれない。そうなっても、死んで何年かしたら、ボロクソ言われるだろうが。

彼のやり方は、「処世訓」 としてではなく、「否定的教訓」 としては、とても大きなものがある。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 晴れ男の面目躍如 | トップページ | 納戸や押入れの奥は魑魅魍魎 »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/7647646

この記事へのトラックバック一覧です: 「処世術」 と 「処世訓」:

« 晴れ男の面目躍如 | トップページ | 納戸や押入れの奥は魑魅魍魎 »