« ホリエモンとオジャマモン | トップページ | あられもないクイズ番組 »

2006/01/20

「けやき」 の語源

日本を代表する広葉樹にケヤキ (欅) がある。日本植物学の父といわれる牧野富太郎博士は、自著 『牧野日本植物図鑑』 に、"「けやけき木」 − 顕著な木" というのがその語源だと記しているという。

学界の権威に楯突くのはおこがましいが、これについて、ちょっと疑問を述べたい。

(社)全国森林レクリエーション協会という団体が運営しているサイトにも、次のような解説がある (参照)。

材が強靱 (きょうじん) で、狂いが少なく、木理 (もくり) が美しく、長大な柱や板が得られるなど実用性が高い木です。名は、尊 (とおとい) (ママ) とか秀でたという意味の 「けやけき木」 からついたといわれています。

「けやけし」 という古語は確かにある。しかしそれを単純に 「尊い」 とか 「秀でた」 とかいう意味だとするのは、ちょっと疑問なのだ。

なにしろ、上記のサイトの日本語表記からして怪しい。「尊 (とおとい)」 との誤表記は、「尊 (とうと) い」 と添削しておく。本来は 「尊 (たふと) し」 だから、現代表記でも 「とおとい」 ではなく 「とうとい」 で、最後の 「い」 が送りがなである。

「けやけし」 という語を、手持ちの三省堂 『例解 古語辞典』 で引くと、次のように説明されている。

けやけし <形ク 4.5> (原則として、悪い意味において普通ではなく、きわだっていて注意を引くような状態について用いられる) 特別だ。異様だ。特にきわだっている。ひどく目ざわり、耳ざわりだ。

どうも、元々の意味は、あまりいい意味ではなかったようなのだ。

Goo 辞書 (三省堂提供「大辞林 第二版」) では、以下のようになっている。

けやけ・し

(形ク)
(1) 普通と違っている。尋常でない。異様だ。
「末代には、―・き寿もちて侍る翁なりかし/大鏡(昔物語)」
(2) 目に立つ。きわだっている。
「下文字―・く置きてしかるべく侍らん/去来抄」
(3) ひときわすぐれている。すばらしい。[日葡]
(4) はっきりしている。
「人の言ふほどの事―・く否びがたくて/徒然 141」

(2) の 「目に立つ。きわだっている」 という意味の用例は、「ことさらに目立つように書く」 というようなことだろうし、(4) の 「はっきりしている」 という意味の用例も 「遠慮会釈なく言い放つ」 というようなことだ。いずれにしても、無条件にいい意味というわけではない。

(3) だけが単純に 「ひときわすぐれている。すばらしい」 という意味になっているが、これは、日葡辞書から引いたものらしいので、後世の使い方とみられる。

「凄い」 という言葉の意味も、本来は 「恐ろしい」 とか 「気味が悪い」 とかいうものだったのが、現代では 「すばらしい」 という意味でも使われるようになったのだから、「けやけし」 にも似たようなところがあったのだろう。

だからといって、ケヤキの語源が 「尊い木、秀でた木という意味の " けやけき木"」 から来たというのを、そのまま無条件に信じるのも、なんだかなあという気がする。

何で私がこんなことを疑問に思ったのかというと、23年前の引っ越し当初には、我が家の階段の踊り場からきれいに見えていた筑波山が、川向こうの家の庭のケヤキが大きく育って邪魔するものだから、近頃、とんと見えなくなってしまったからである。

それで、ケヤキというのは、目障りなほど大きな木 − 「けやけき木」 という意味なんじゃないかという考えが、ふと浮かんでしまったのだ。(どんなに目障りかは、私の別ブログ "Wakalog" の画像を見ればわかる)

「全国有名仏壇店ネット」 というサイトの 「お仏壇の材質 欅について」 というページには、次のようにある。

しかし国内各地にケヤという方言があるので、あるいは何か違った意味があるのかもしれない。

ただし、これは 「けやない」 で 「大したことがない」 という意味になることが多いので、「けやけし」 と同根の言葉と見てもいいだろう。

同じページに、次の注目すべき記述もある。

またケヤキの名称は近代の言葉であって、古くはツキと称し万葉集にはすべてツキの名称で出ている。例えば高市黒人の歌で 「とく来ても見てましものを山城の高のつき群 (むら) ちりにけるかも」 などがある。現代でも和歌や俳句ではツキと呼ばれている方が多い。「吹流しすがしや観 (つき) と粒び立つ」 (秋桜子) といった句もある。

とすると、もしかしたら、この木が 「ケヤキ」 と呼ばれるようになったのは、「けやけし」 という言葉に単純な良い意味が定着してからなのかもしれない。だとすると、あの世の牧野博士には 「とんだ言いがかりを付けて、ごめんなさい」 と謝らなければならない。

でも、まだ確証はないから、軽々しくは謝らないでおくことにする。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« ホリエモンとオジャマモン | トップページ | あられもないクイズ番組 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/8230979

この記事へのトラックバック一覧です: 「けやき」 の語源:

« ホリエモンとオジャマモン | トップページ | あられもないクイズ番組 »